前脛骨筋炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  8月23日

更新日:2022年  9月10日

本日は前脛骨筋炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 前脛骨筋炎とは
  • 前脛骨筋炎の原因
  • 前脛骨筋炎の症状
  • 前脛骨筋炎の改善方法
  • 前脛骨筋炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

前脛骨筋炎は、前脛骨筋の疲労や炎症のこと

前脛骨筋炎は、前脛骨筋の疲労や炎症のことです。前脛骨筋は、向こう脛の外側にある筋肉で、足をあげる働きをしています。

 

前脛骨筋は、主に足先が下がってつまずかないように足を上げるために働く筋肉であるため、下腿三頭筋と比べると小さいです。そのため、長い時間歩いたり走ったりすると、疲れて痛みが起きることが多いと言われています。

前脛骨筋炎の原因は、主に前脛骨筋の使い過ぎ

前脛骨筋炎の原因は、主に前脛骨筋の使い過ぎであるといわれています。長い時間歩いたり走ったり、何度もジャンプしたりすることで前脛骨筋が疲れて痛みが現れるのです。

 

馴れていない動作を突然おこなったり、打撲などをしたりすることで発症することもあります。

 

さらに、膝を曲げて体を前傾させる動作を行うことの多いスポーツをしている人に発症が多く見られると言われています。

前脛骨筋炎の症状は、下腿前面外側に現れる痛み

前脛骨筋炎の症状は、下腿前面外側に現れる痛みです。この痛みは歩いたり足を動かしたり押さえたりした時に現れます。

 

前脛骨筋はさらに先の方にいくと腱になって足の骨に付着しています。前脛骨筋炎では、この腱に炎症が起きます。そのため、足を動かしたり歩いたりした時に痛みが現れるのです。

前脛骨筋炎の改善方法は、消炎鎮痛剤の湿布やクリームを使うこと

前脛骨筋炎の改善方法は、消炎鎮痛剤の湿布やクリームを使うことです。一時的に痛みが改善されても、時間が経った後に筋肉の炎症が強くなることもあります。

 

そのため、歩いたり動作を行う前に消炎鎮痛剤の湿布やクリームを使うこともおすすめです。

 

また、痛みを感じる前や痛みを感じた後に、前脛骨筋をほぐすことも良いでしょう。ただし、強い力で指圧すると症状が悪化する可能性があるため注意が必要です。

前脛骨筋のストレッチ方法

前脛骨筋のストレッチ方法は、足関節を底屈させ、足部を外反方向に伸ばすことです。

 

やり方としては、前側の足に重心を乗せて、後ろ側の足の甲を下に向け、ゆっくりと地面に押し付けていくように脛を伸ばしていきましょう。脛を伸ばした状態で、約20秒キープすると良いです。

前脛骨筋炎に効果的なツボ

足三里

僕参

・陰陵泉

足三里

足三里は、胃腸の不調や足に関係する不調、歯の痛みなどに効果を発揮するツボです。腹痛や下痢、嘔吐、膝の痛みや足のしびれ、歯の痛み、歯槽膿漏などに有効です。

 

前脛骨筋の近くにあるツボで、足の不調にも効果を発揮するツボのため前脛骨筋炎にも効果を発揮するのです。

僕参

僕参の僕はしもべを意味しており、僕参の参は拝謁するということを意味しています。腰が痛くてかがんでいる様子が主人にたいして跪いている様子に似ていということがツボの名前の由来であると言われています。

 

僕参は、足裏の痛みや足底腱膜炎に効果を発揮するツボです。立ち仕事やスポーツなどで足の裏が痛い時におすすめのツボです。

陰陵泉

陽陵泉は、筋肉の緊張をほぐす効果があります。そのため、足の痛みや疲れに効果的で、前脛骨筋炎にもおすすめのツボです。

 

ふくらはぎの血液の循環を促す効果もあるため、こむらがえりやむくみなどにもよく使われるツボです。

ツボの位置と押し方

足三里

足三里は、膝のお皿の下にある三角形に盛り上がっている骨の頂点から指3本分下に下がった場所の上から前脛骨筋の上に向かって指二本分外側進んだ場所にあります。

 

押すときは、指で3~5秒かけてゆっくり押します。お灸で温めることもおすすめです。

僕参

僕参は、外くるぶしの斜め下でアキレス腱の横のくぼんでいる場所にあります。

 

押す時には、親指を当てて約10秒押します。左右それぞれ3回押すことをおすすめします。ボールペンのペンの先やキャップなどを使って押しても良いでしょう。

陰陵泉

陰陵泉は、足の内側の脛骨の真下にあります。

 

押すときは、人さし指を使って押します。いきなり強く力を入れると痛いため、ゆっくりと力を入れていくことが大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393