完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

血の道症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年 1月28日

本日は血の道症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 血の道症とは
  • 血の道症の原因
  • 血の道症の症状
  • 血の道症の改善方法
  • 血の道症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

血の道症は女性ホルモンのバランスが変わることによって起きる症状

血の道症は月経や妊娠、出産や出産した後、更年期障害などによって女性ホルモンが変わることが原因で起きる精神不安やイライラのような精神神経の症状や体の症状です。

 

女性は14歳頃月経がはじまり、女性として最も成熟した年齢は28歳だと言われています。そして49歳頃閉経します。女性の思春期から性成熟期、更年期の間の月経や出産、出産した後に関係して現れる症状のことを血の道症というのです。

月経前、女性ホルモンが変わることによって月経前に起こる不快な症状のことをPMSと言います。

 

血の道症は月経や妊娠、出産、産後、更年期障害などの女性ホルモンのバランスが変わることによってあらわれる精神神経症状や身体症状のことです。

 

血の道症とPMSの違いは、血の道症はPMSより範囲が少し広がり、更年期まで含まれていることです。しかし、血の道症もPMSもホルモンバランスが変わることによって不快な症状が出てくるということには変わりありません。

 

女性のホルモンバランスが変わることによって起こる症状に対してPMSは西洋の呼び方で血の道症は漢方の呼び方という違いだと考えて良いです。

血の道症の原因は女性ホルモンのバランスの変化

漢方古典に「金匱要略」というものがあります。ここには、婦人病の原因について「婦人之病、因虚、積冷結気」と書かれています。

 

虚」は、体力不足や機能の低下のことで、「積冷」は、冷え症で新陳代謝が下がっていること、「結気」は、ストレスがたまった状態、ストレス過多のことです。

 

このようなことが血の道症の主な原因なのです。

血の道症の原因は、女性のホルモンのバランスが変わることです。月経や妊娠、出産や出産した後、更年期などによって、女性ホルモンのバランスは変わります。

 

血の道症は、出産の前や後に起きる体の変化や、子宮や卵巣の摘出手術などの影響によって更年期障害の症状が現れないはずの若い女性にもいろいろな症状が現れるのです。

血の道症の症状は個人差がある

血の道症によって現れる症状は基本的に個人差があります。人によっていろいろな症状が現れるのです。

 

具体的な主な症状は、イライラしたり不安になったり、肩こりや腰痛があったり、にきびやふきでものができたり、のぼせや疲れ、だるさを感じたり、頭が重い感覚やふわふわした感覚があったり、頭痛やめまい、冷え、更年期障害が起きたりすることです。

血の道症に当たるものは、低体重性無月経や月経前症候群、マタニティーブルーや更年期障害、摂食障害や月経前不快気分障害、産後うつ、更年期うつ病などです。

 

原因は女性ホルモンの変動ですが、気質や社会的ストレスの影響が大きく、精神症状と身体症状の両方が現れます。

血の道症の改善方法は不足したものを補うこと

血の道症には、消化吸収能力の低下した状態、栄養状態の良くない状態、体の中が水分不足になっている状態などが関係しています。

 

血の道症を改善するためには、このような不足したものや不足している量を補う生薬が使われます。

 

主に使われるものは、胃や腸の機能を整えて疲れや冷えを軽くする人参、不足した栄養を補って顔色の悪さや腹痛、月経痛を軽くする芍薬、体の中の不足した水分を補って乾燥した皮膚を潤す地黄などです。

血の道症には、いろいろなものが滞っている状態も関係しています。心理社会的ストレスがたまっている状態、血液が末梢まで届いておらず循環の悪い状態、体の中の水分が滞っている状態などです。

 

血の道症を改善するためには、このような停滞しているものの流れを良くして巡りを改善する生薬が使われます。

 

主に使われるものは、気うつ感やイライラ、のぼせや膨満感を改善する柴胡、血の流れを良くして生理痛や冷え、のぼせを改善する牡丹皮、体の中の水分の流れを良くしてむくみや頭痛を改善する白朮などです。

血の道症は予防できる

血の道症は予防することができます。大事なことは生活習慣の見直しです。

 

痩せすぎは生理不順の原因になるため過度なダイエット、血行不全の原因になる身体を締めすぎる衣服の着用、冷えと胃腸障害の原因となる冷たい飲み物を好むことは避けるようにしてください。

 

筋肉の屈伸でや湯船に浸かることで血の巡りを改善できるため、適度な運動や湯船に浸かることを心がけると良いでしょう。

血の道症の症状である典型的な更年期の症状や頭痛、めまい、冷え性、便秘、不眠症、腰痛などは30代後半の女性に現れやすい女性特有のものです。

 

改善には、漢方薬が効果的です。早めに改善をすることで、年齢を重ねた際の更年期障害を避けることができる可能性もあります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393