後鼻漏の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 10月23日

更新日:2021年 11月 4日

本日は後鼻漏について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 後鼻漏とは
  • 後鼻漏の原因
  • 後鼻漏の症状
  • 後鼻漏の改善方法
  • 後鼻漏のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

後鼻漏は、過剰に分泌された鼻水が喉まで流れ落ちてくる状態のこと

後鼻漏は、過剰に分泌された鼻水が喉まで流れ落ちてくる状態のことです。鼻をかんでも鼻水が前から出るのではなく喉に流れるため、鼻水を口から出すかそのまま飲むかというようになってしまいます。

 

鼻水が喉へ流れ落ちてくる時に不快感があり、喉の粘膜を傷つけてしまうこともあるため注意が必要になります。症状が重くなると日常生活にも大きな影響を及ぼします。

 

後鼻漏はいろいろな病気から起こることがあります。

後鼻漏の原因はいろいろある

後鼻漏の原因はいろいろあります。

 

原因として考えられることは、急性や慢性の鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、上咽頭炎、トーンワルト病、逆流性食道炎や咽喉頭酸逆流症、鼻ポリープ、腫瘍、感覚障害、加齢などです。

 

鼻水は2つの細胞がさらさらとした鼻水とどろどろした鼻水を出しており、両方が混ざってできています。どろどろした鼻水の割合が増えた時に後鼻漏が起きることもあります。

後鼻漏の症状は、鼻水が喉まで流れ落ちてくること

後鼻漏の症状は、鼻水が喉まで流れ落ちてくることです。

 

鼻水が喉まで流れ落ちてくることによって様々な症状が起きます。咳込みや痰の絡み、喉の引っかかりや違和感や強い不快感などです。

 

強い不快感を感じることによって食事や睡眠などに影響が出て、日常生活に支障が出ることも多いです。

後鼻漏の改善方法は、原因によって違う

後鼻漏の改善方法は、原因によって違います。まずは原因となる病気を改善することが大切です。

 

基本的には、鼻水を吸引して吸い出し、薬を使って原因となる病気を改善していきます。病気によっては症状の程度が重い場合、手術を行うこともあります。

後鼻漏と咳

後鼻漏では症状としてよく咳が出ることがあります。これは、喉についた鼻水を出そうとして起こる症状です。そのため、無理に抑えず、自然に出すことをおすすめします。

 

常に喉に鼻水が残っている状態になるため、強い不快感を感じることが非常に多いです。強い不快感は、日常生活で欠かせない食事や睡眠などに影響が出ることも多いです。

 

そのため、咳を改善しようと考えるのではなく、後鼻漏を改善していくことが必要です。後鼻漏を改善するためには原因となる病気を改善することが大事です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393