プランマー病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 12月22日

更新日:2021年 12月23日

本日はプランマー病の鍼灸について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • プランマー病とは
  • プランマー病の原因
  • プランマー病の症状
  • プランマー病の改善方法
  • プランマー病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

プランマー病は、甲状腺腫瘍が過剰な甲状腺ホルモンを分泌する

プランマー病は、甲状腺腫瘍が過剰に甲状腺ホルモンを分泌している病気です。甲状腺にできた腺腫が甲状腺ホルモンを勝手に作ってしまうのです。

 

プランマー病では、甲状腺機能が亢進状態になります。そのため、バセドウ病の症状に似ている症状が現れることがあります。

 

プランマー病は、若年期や青年期には少なく、年齢を重ねるとともに発症する割合も増えます。

プランマー病の原因は、甲状腺にできた良性腫瘍

プランマー病の原因は、甲状腺にできた良性腫瘍です。腫瘍は甲状腺の中の部分的組織が異常に成長することによって起こるものです。

 

甲状腺の腫瘍が過剰に甲状腺ホルモンを分泌することで様々な症状が現れます。

プランマー病の症状は、頻脈や動悸、体重減少や息切れ、手の震え

プランマー病の主な症状は、頻脈や動悸、体重の減少や息切れ、手の震えなどです。

 

プランマー病では、バセドウ病で現れる症状とにている症状が現れることも多いです。しかし、バセドウ病の症状として現れる眼球突出などの症状はプランマー病にはありません。

プランマー病の改善方法は手術

プランマー病の改善方法は手術です。手術を行うことで腫瘍を取り除くのです。プランマー病の腫瘍はほとんどが良性で悪性のことはあまりありません。

 

手術をする前には、甲状腺ホルモン濃度を下げることが必要になります。そのためには、抗甲状腺剤を使います。

プランマー病とバセドウ病の症状は似ている

プランマー病では、甲状腺機能が亢進状態になるため、バセドウ病と現れる症状が似ています。バセドウ病でもプランマー病でも頻脈や動悸、体重の減少や息切れ、手の震えなどが現れます。

 

しかし、バセドウ病では、眼球突出の症状が現れます。眼球突出はプランマー病では現れないため、バセドウ病とプランマー病を見分けるとき、眼球突出の症状は重要になります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393