家族性良性慢性天疱瘡の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月10日

更新日:2021年 11月26日

本日は家族性良性慢性天疱瘡について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 家族性良性慢性天疱瘡とは
  • 家族性良性慢性天疱瘡の原因
  • 家族性良性慢性天疱瘡の症状
  • 家族性良性慢性天疱瘡の改善方法
  • 家族性良性慢性天疱瘡のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

家族性良性慢性天疱瘡は、腋の下や股などに水ぶくれができる皮膚病

家族性良性慢性天疱瘡は、腋の下や股などに水ぶくれができる皮膚病です。水ぶくれは、同じ部位に何度も繰り返し起きることが多いです。

 

発症する年代は中年以降が多く、男性でも女性でも同じくらいの割合で発症する可能性があります。

 

家族性良性慢性天疱瘡はなかなか改善しない病気です。しかし、できるだけ再発しないようにして症状を軽くすることは可能です。

家族性良性慢性天疱瘡の原因は、ATP2C1遺伝子の変異

家族性良性慢性天疱瘡の原因は、ATP2C1遺伝子の変異です。しかし、遺伝子に変異が起きることでどのようにして皮膚に水疱が出来てなかなか改善しないのかということについてはいまだにわかっていません。

 

家族性良性慢性天疱瘡は、遺伝性です。遺伝形式は、常染色体優性遺伝です。しかし、約3割の人には血縁関係のある人に同じ病気を発症している人がいないと言われています。

家族性良性慢性水疱症水疱症の症状は、水疱ができること

家族性良性慢性水疱症水疱症の症状は、腋の下や股、肛門の周りなどに水疱ができることです。水疱は皮膚の柔らかく摩擦の起こりやすい部位に起こることが多く、女性の場合は乳房の下などにできることもあります。

 

水疱は、湿潤し、一度よくなったと思っても何度も繰り返し起こります。特に、摩擦や高温多湿、多汗、紫外線や感染などは繰り返し水疱が起こる要因になります。

 

何度も水疱が繰り返しできると、皮膚が水分を含んで肥厚した状態になり、かゆみを感じるようになります。さらに亀裂が入ってびらんになり、洋服など何かが少し触れただけで痛みが起きるようになります。

 

症状が悪くなると、二次感染が起き、水疱やびらんが膿をのあるかさぶたに変わり強いかゆみや灼熱感などの症状が現れます。色素沈着をしたり、下着や洋服が膿や滲出液で汚れたり、悪臭がしたりする場合も多いです。

症状を軽くすることと良い皮膚の状態を保つことが改善の目的

家族性良性慢性天疱瘡の根本的な改善方法はありません。できるだけ早く症状を軽くすることと、長い時間日常生活に支障が出ない皮膚の状態を保てるようにすることを目的に改善を行います。

 

改善方法は主に薬です。皮膚の症状に合わせて副腎皮質ステロイド外用薬を使うのです。症状の程度が重い場合はステロイド薬を飲み薬として使うこともあります。

高温多湿な環境を避け、症状のある部位を清潔に保つことが大事

家族性良性慢性水疱症では、高温多湿な環境を避けることと症状のある部位を清潔に保つことが大事です。さらに、摩擦が起きないように保護をし、できるだけ乾燥させた状態にすることも大事です。

 

刺激を与えずに清潔に保つには、低刺激性の石けんを十分に泡立てこすらずに使うことがおすすめです。下着や洋服は肌に優しく刺激が少なく、通気性も良いものを選ぶと良いでしょう。

 

エアコンなどで部屋の湿度や温度を調整し、できるだけ汗をかかないようにしたり、トイレに行った時は温水洗浄便座で肛門の周りを清潔に保ったりすることもおすすめです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393