完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

むずむず脚症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  6月26日

本日はむずむず脚症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • むずむず脚症候群とは
  • むずむず脚症候群の症状
  • むずむず脚症候群の改善方法
  • むずむず脚症候群にかかる費用
  • むずむず脚症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

むずむず脚症候群は末端の不快感や痛みから特徴が付けられた慢性的な病気

むずむず脚症候群は、身体の末端の不快感や痛みから特徴が付けられた慢性的な病気です。レストレスレッグス症候群や下肢静止不能症候群とも呼ばれています。

 

むずむず脚症候群の症状は脚の深部に現れる不快症状

むずむず脚症候群という病気は一般的にあまり知名度がなく、知られていません。高齢者には、脚の皮膚がかゆくなる症状の起きる皮膚掻痒症という皮膚科の疾患があります。

 

しかし、皮膚掻痒症で起こるかゆみは脚の表面の皮膚のかゆみです。このかゆみは、脚をかいたりすることによっておさまります。

 

むずむず脚症候群の場合、そのむずむずという病名にもあるように、脚の深い部分にむずむず、ジリジリなどの不快感が症状として現れます。脚をかいたとしても不快な症状がおさまることはありません。

 

このかゆみは夜眠る時に現れます。そのため、むずむず脚症候群で不眠障害に苦しんでいる人も多いです。このかゆみ症状は、足を動かすと一時的に治ります。しかし、眠ろうとした時に再びむずむず、ジリジリの不快感が出てきてしまいます。

症状が治まって眠りについた後も、むずむず脚症候群のもうひとつの症状である周期性四肢運動が現れます。

 

周期性四肢運動の症状は、寝ている間に20~30秒の間隔で足首をカクッカクッと蹴るようなけいれんです。この症状が起きることによって睡眠中に目覚めてしまい、眠れなくなってしまいます。

 

むずむず脚症候群で悩んでいる人の50~80%がこの周期性四肢運動をかゆみと合わせて発症しているといわれています。

むずむず脚症候群の患者は白人に多いです。白人には約5~15%で、私たちアジア人には約2~5%前後といわれています。

 

ただし、60歳以上になると約5%以上いるといわれています。高齢になるほど患者は多くなるのです。むずむず脚症候群の患者の男女比は1:2で、女性が男性の2倍です。むずむず脚症候群になるメカニズムはまだ不明です。

 

しかし、最近、脳内で神経細胞の間で信号のやりとりをするのに重要な神経伝達物質のドーパミンの作動性神経細胞の機能低下と関係していることがわかりました。

 

ドーパミンは、人間が手や足を動かしたり、いろいろな運動をする際、機械の潤滑油のように円滑に進むための働きをします。

 

むずむず脚症候群は鉄欠乏性貧血の人に多いです。生理での出血の多い人や妊婦の人、人工透析を受けている人にも起こりやすい病気です。

むずむず脚症候群の改善法は生活習慣、マッサージ、薬

むずむず脚症候群の改善法は、生活習慣の改善とマッサージ、薬を使った方法が中心です。

生活習慣の改善で重要なことは、症状を悪化させる要因となるカフェインを避けることです。夕方以降はコーヒーや紅茶、日本茶は飲まないようにしてください。

 

深酒はしないことも大事です。筋肉の疲れが強いときは、十分なマッサージを行うかマッサージを受けてください。軽症であれば、これだけでも症状は改善します。

 

しかし、重症の場合は生活習慣の改善に加えて薬を使った改善方法を行います。

 
マッサージと薬物療法

脚のむずむず感を抑えるためには、病院の薬が効果を発揮します。応急処置としては脚を軽く動かしたりマッサージしたりすることも効果があります。

 

むずむず脚症候群の改善のためには、保険が適用されます。

病院での改善には、まずドーパミン受容体拮抗薬を使用します。ドーパミン受容体拮抗薬はドーパミンの作用を強める薬のことです。

 

ドーパミン受容体拮抗薬にはプラミペキソールという飲み薬とロチゴチンという貼り薬があります。この2つの薬は健康保険が適用されます。

 

なお、ドーパミン受容体拮抗薬で症状の改善に効果が見られなかったり、薬に慣れてしまうことで症状に対する効果が薄れてきたりすることもあります。そのような場合には、必要に応じて違う薬に切り替えて改善を試みる場合もあります。

むずむず脚症候群の改善にかかるストレス

むずむず脚症候群は、一般的に健康保険が適応される病気です。

 

レストレスレッグス症候群や下肢静止不能症候群ともいわれており、じっと同じ体制で座っているときや横になっている時に、脚がむずむずする感覚の不快感が起こります。

 

このむずむずという不快感によって脚を動かしたいという強い欲求が出てきます。この不快感は、脚の表面ではなく内部に起こるということが特徴です。

 

むずむず脚症候群の不快感については、むずむずする、虫が這っている感覚、ピクピクする、ほてる、いたい、かゆい、などの非常に多くのいろいろな言葉で表現されています。

むずむず脚症候群の症状は夕方から夜間にかけて現れることが多いです。

 

そのため、眠りにつくことができない症状の入眠障害や眠っている最中夜中に目が覚める症状の中途覚醒、夜中に目が眠っていてもぐっすり眠ることができない症状の熟眠障害などの睡眠障害の原因になってしまいます。

 

睡眠障害は、日中の仕事や家事に集中できないといった普段日常生活を送る上での大きな支障になることがあります。

むずむず脚症候群では、脚を動かすことによって不快な症状が一時的に楽になると言われています。

 

しかし、仕事の会議中や車やバスや電車などの乗り物の中など自由に脚を動かすことができない場面も多くあります。このような場合、大きな苦痛を感じることになってしまいます。

 

そのため、症状が頻繁に起きることによって気分が滅入ってしまったり疲れてしまったりと生活の質を非常に大きく低下させてしまいます。

 

さらに、むずむず脚症候群はまだ一般的な病気ではないため周囲の人に理解されにくいことも問題です。正しい方法での改善がなかなか進まないことなどもストレスの原因になります。

 

生活習慣の見直しや工夫を行うことによって、症状が改善する可能性もあるため、むずむず脚症候群には生活習慣の改善が大事です。

むずむず脚症候群の改善は日常生活から

むずむず脚症候群の改善には、規則正しい生活を意識して心がけること、ウォーキングなどの軽い運動をすることが必要です。

 

さらに、夜寝る前にストレッチやマッサージなどをすることで筋肉をほぐすことも改善に効果を発揮します。自分で生活習慣を見直しても改善に取り組んでもあまり症状が改善しない場合、薬を服用して改善を試みることになります。

 

現在、日本ではむずむず脚症候群の症状を和らげる薬はいくつかあります。生活習慣の改善や軽い運動、ストレッチやマッサージなどで効果が見られない場合でも、これらの薬の服用によってむずむず脚症候群の症状の改善は十分に期待できます。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393