糖尿病網膜症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 2月 1日

更新日:2021年 5月 15日

本日は糖尿病網膜症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 糖尿病網膜症とは
  • 糖尿病網膜症の原因
  • 糖尿病網膜症の症状
  • 糖尿病網膜症の改善方法
  • 糖尿病網膜症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の1つ

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症の中の1つです。糖尿病網膜症が起きると、視力を失う可能性もあります。

 

糖尿病網膜症は、網膜が糖尿病の影響で傷むことが原因で起きます。網膜は、カメラで言えばフィルムの役割をしている部分です。毛細血管の傷んだところから水分が漏れると網膜にむくみが起き、毛細血管が傷んで詰まってしまうとその部分の網膜の働きにも障害が起こります。

 

その結果、見える範囲の中に歪んで見えたりや見えなかったりするところが現れるのです。毛細血管の広い範囲が塞がってしまうと新生血管が生え目の中でたくさん出血したり、網膜を引っ張り網膜剥離を起こしたりすることがあります。

定期的に病院に行くことと早い段階で改善を行うことで病気の進行を抑えることができます。しかし、そのまま放っておくと失明してしまう危険性もあります。

 

糖尿病網膜症は、日本の失明の原因の代表的な病気で、成人の失明する原因では糖尿病網膜症が高い割合をしめているという報告もあります。

 

糖尿病網膜症は、病気が進むとともに症状が変化していく病気です。

糖尿病網膜症は、長い時間高血糖の状態が続くことが原因で起こる

糖尿病網膜症は、長い時間高血糖の状態が続くことが原因で起こります。糖尿病網膜症が起こるには、糖尿病にどのくらいの期間かかっているかが関係するのです。

 

糖尿病は大きく分けて2種類あります。1型糖尿病と2型糖尿病です。1型糖尿病の原因は、自己免疫で、食生活や生活習慣とは関係ありません。1型糖尿病の特徴は、子供を中心に比較的若い人に起こることです。一方、2型糖尿病は、生活習慣が原因で起こります

 

1型糖尿病の人は病気になっている期間が15~19年で81%、2型糖尿病では15~19年で57%の人が糖尿病網膜症を起こすといわれています。

糖尿病にかかると、細胞は血液の中の糖分を上手に吸収することができなくなります。血液の中に糖分が多い状態が続くと、糖が血管に障害を与え始めます。

 

目の網膜にある血管は細く、特に糖から障害を受けやすいため、血管がつまったり血が出たりといった症状がで始めるのです。

 

元々ある血管が障害を受けて機能しなくなると、栄養分などを届けるために体は新しい血管を作ります。これが新生血管です。

 

新生血管は非常にもろいため、血が出る、成分が漏れるといったことがよく起こります。すると、視界がかすんだり視力が下がったりするのです。

糖尿病網膜症は進行の程度によって3つの時期に分けられる

糖尿病網膜症は進行の程度によって3つの時期に分けられます。単純糖尿病網膜症と増殖前糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症です。この3つの時期はそれぞれ現れる症状も改善の方法も違います。

 

視力の低下につながる糖尿病黄斑浮腫は3つのどの時期にも起きる可能性があります。糖尿病黄斑浮腫は、網膜の中にあり視力に重要な部分である黄斑部に血液の成分が染み出てしまい浮腫が起きている状態のことです。

 

糖尿病黄斑浮腫は急激な視力の低下を起こすことがあります。

単純糖尿病網膜症の段階では、自覚症状はありません。しかし、眼底に小さな出血や白斑が現れます。

 

増殖前糖尿病網膜症の症状としては、初期に起こる眼底の小さな出血に加えて、網膜の虚血変化が現れます。

 

多くの場合、この段階ではまだ視力の低下は見られません。そのため、自覚症状がないこともありますが、視界がかすむ症状があることもあります。

 

増殖糖尿病網膜症の症状としては、急激な視力の低下や飛蚊症が起き、色々な他の病気を合わせて起こすこともあります。

 

増殖糖尿病網膜症の段階では、目の中の広い範囲に出血する硝子体出血が起きたり増殖膜ができたりします。

 

硝子体出血が起きることで急激に視力が低下したり、増殖膜ができることが原因で牽引性網膜剥離や血管新生緑内障などの色々な病気を合わせて起こしたりすることがあるのです。

目標は、血糖値と血圧のコントロール

糖尿病網膜症を改善する上で目標にすることは、血糖値と血圧のコントロールです。単純糖尿病網膜症と増殖前糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症は症状も違うため、改善の方法も違います。症状に合わせた改善が必要となります。

 

単純糖尿病網膜症の段階では、改善のために特に何かする必要はありませんが、血糖値をコントロールすることで症状の進行を抑えることができます。定期的に通院し経過観察をしましょう。

 

増殖前糖尿病網膜症は放っておくと増殖網膜症に進みやすいです。血が足りず酸素や栄養が不足している部分の網膜にレーザーを使って改善します。

 

増殖糖尿病網膜症は、レーザーを使って改善します。進行が抑えられない場合には、硝子体手術を行うこともあります。

黄斑浮腫のある場合は、レーザーや手術に合わせて注射で薬を入れる方法で改善します。

 

ラニビズマブ、ベバシズマブ、アフリベルセプトなどの薬を目の中に注射します。コルチコステロイドを決まった濃度で少しずつ出す製剤を目の中に入れることもあります。

 

黄斑浮腫が長く続く場合は、コルチコステロイドの一種のデキサメタゾンを含む製剤を目の中に入れる方法が効果的だとされています。黄斑浮腫が改善すれば、視力も改善する可能性があります。

糖尿病網膜症は血糖値の管理と病院で調べておくことが大事

糖尿病網膜症は、糖尿病になってから何年も経った後に起こることもあります。そのため、糖尿病網膜症を予防するためには、バランスの良い食事や適度な運動をし、血糖値をきちんと管理しておくことが非常に大切です。

 

また、糖尿病網膜症は初期のうちは自覚症状がほとんどありません。糖尿病を起こした場合は、その後にあわせて調べておくと失明のリスクを減らすことができます。

糖尿病網膜症は自覚症状がない状態でも病気は進行しています。さらに、1度発症すると完全に回復することが難しい病気です。

 

予防するためには、血糖のコントロールをすることに合わせて、病院で定期的に調べることが大事です。

 

早めに発見することができ、改善を早い段階で始めることで症状の悪化を防ぐことができます。そのためにも病院には定期的に行くようにしましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393