副鼻腔真菌症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 10月23日

更新日:2021年 11月 4日

本日は副鼻腔真菌症の鍼灸について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 副鼻腔真菌症とは
  • 副鼻腔真菌症の原因
  • 副鼻腔真菌症の症状
  • 副鼻腔真菌症の改善方法
  • 副鼻腔真菌症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

副鼻腔真菌症は、真菌によって強い炎症が起きる病気

副鼻腔真菌症は、真菌が副鼻腔の中に入って真菌の塊をつくることによって、強い炎症が起きる病気です。

 

現れる症状は副鼻腔炎と同じですが、最近に感染して起きる副鼻腔炎と違って、副鼻腔真菌症は真菌に感染することで起こるのです。真菌性副鼻腔炎とも呼ばれています。

 

高齢者や長い期間にわたって抗生剤を使っている人に発症しやすいと言われています。

副鼻腔真菌症の原因は真菌

副鼻腔真菌症の原因は真菌です。真菌はどこにでも存在する常在菌です。そのため、体の中に入っても基本的には白血球などが追い出しています。

 

しかし、体の抵抗が下がっている時に、副鼻腔の中で真菌が増えると追い出すことができず、副鼻腔真菌症を発症するのです。

 

副鼻腔真菌症の原因となる伸筋で1番多いのはアスペルギルスです。他にもムコールやカンジダなどが原因で副鼻腔真菌症が起きることもあります。

副鼻腔真菌症の症状は、膿性の鼻水やネバネバした鼻水が出ること

副鼻腔真菌症の症状は、膿性の鼻水やネバネバした鼻水が出ることです。​悪い匂いのするチーズのような物質が鼻から出てくることもあります。症状は片方の鼻に現れます。鼻出血や頬の痛みや腫れなどの症状が現れることもあります。

 

ほとんどの場合、症状は副鼻腔の炎症のみですが、場合によっては既往症が悪化することもあります。

 

さらに、免疫の機能が下がっている場合は目や脳の中にも進んでしまい、高熱や頭痛、眼球の突出、視力障害などの症状が現れることもあります。

副鼻腔真菌症の改善方法は手術

副鼻腔真菌症の改善方法は手術です。

 

病気の巣となっている部分の大きさによっても手術の方法は変わりますが、基本的には内視鏡を使って手術を行います。病気の巣の部分の大きさが大きい場合は、上顎洞に直接穴を開けることもあります。

 

手術を行った後は、定期的に副鼻腔を洗うことが大切です。適切に洗浄などを行うことでほとんどの場合は手術を行った後、約2~3か月で副鼻腔粘膜は正しい状態に戻ります。

薬を使っても改善しない場合は副鼻腔真菌症である可能性が高い

副鼻腔炎を発症した時、薬を使っても改善しない場合は副鼻腔真菌症である可能性が高いです。真菌は薬での改善はあまり期待できないのです。

 

体の抵抗力が弱くなると、真菌が周りの臓器にも影響し、命に危険が及んだり視力を失ったりすることもあります。副鼻腔真菌症が疑われた時は早く病院に行く改善を行うことをおすすめします。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393