レーベル病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 6月11日

更新日:2021年 7月 1日

本日はレーベル病について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • レーベル病とは
  • レーベル病の原因
  • レーベル病の症状
  • レーベル病の改善方法
  • レーベル病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

レーベル病は、遺伝子の異常で網膜の細胞に障害が起きる病気

レーベル病は、ミトコンドリアの遺伝子の異常によって網膜の細胞の一部に選択的な障害が起きる病気のことです。

 

レーベル病は、発症して数週間から数ヶ月の間に両眼とも視力が下がり、中心部の視野が欠けます。

 

レーベル病は女性よりも男性に多い病気です。特に青年〜中年の男性に多く起こります。

ミトコンドリア遺伝子に変異が起こり発症要因の何かが起きること

レーベル病の原因は、ミトコンドリアの遺伝子に変異が起こり、その上で発症要因の何かが起きることです。

 

レーベル病は、ミトコンドリアの遺伝子に変異がある人が発症します。しかし、変異があっても必ず発症するわけではないのです。変異がある上で、環境など何か他の要因があると引き起こしてしまうのです。

 

発症する要因として関係があると考えられていることは、酸化ストレスです。特に喫煙はレーベル病の発症と進行に大きく関わっていると言われています。

 

薬やホルモンなども関係があると言われていますが、その他に詳しいことは未だに明らかになっていません。

レーベル病では、両眼に視力の低下と中心部の視野の欠損が起こる

レーベル病の特徴は、片眼の視力の低下と中心部の視野の欠損から症状が始まることです。

 

症状は、数週間から数ヶ月の間に段々とおこり、片目の視力が低下し、中心部の視野が欠損した後、もう一方の眼にも同じ症状が起こります。

 

そのため、レーベル病を発症すると、数週間から数ヶ月の間に両眼とも視力が低下し中心部の視野が欠けてしまうことになります。

コエンザイムQ10の誘導体のイデベノンが有効だと考えられている

レーベル病を改善するために効果があると考えられているのは、コエンザイムQ10の誘導体であるイデベノンです。

 

イデベノンは、研究ではミトコンドリアのエネルギーの産生を助ける働きがあり網膜の細胞を死から守るということがわかっています。レーベル病に有効であるのかどうかという現場での実際の働きについては現在研究が進められています。

 

レーベル病の改善には、眼底の血流の改善を目的に点眼薬や内服薬を使うこともあります。さらに、コエンザイムQ10やビタミンC、ビタミンB12なども改善に有効であると言われています。

喫煙がリスクとなる

レーベル病を発症すると、視力が低下したり視野が欠損したりします。しかし、完全に失明することはあまりありません。

 

レーベル病は今のところ喫煙がリスクとなるということが言われています。そのため、予防をするためには日常生活を送る上で禁煙を心がけることが大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393