完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

学習障害の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 1月29日

更新日:年  月 日

本日は学習障害について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 学習障害とは
  • 学習障害の原因と症状
  • 学習障害の改善方法
  • 学習障害のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

学習障害は読み書き能力や計算力などに対しての発達障害

学習障害は、発達障害の1つです。読み書きをする能力や計算をする力などに対しての発達障害を学習障害と言います。1人1人の特徴に合わせた対応が必要になります。

 

注意欠如・多動症や自閉スペクトラム症などを合わせて持っていることもあります。

学習障害は、知的な発達が全体的に遅れているわけではなくても、聞いたり話したり読んだり書いたり計算、推論したりすることが難しいです。
 
学習障害はいくつかのタイプに分かれており、そのタイプとは、読字障害、書字障害、算数障害です。
 
症状の表れ方は人それぞれで、気づかれにくいことも多いです。そのため判断が難しい障害でもあります。

学習障害の原因は何かの脳機能の障害

学習障害の原因は、何か脳の機能に障害が起こることだと言われています。しかし、現在はまだ、原因となる脳の部位や脳機能の障害が起こる原因はわかっていません。

 

小児期に起きる、特異的な読み書き障害は発達性ディスレクシアと言われています。これは、読み書き以外での障害、知的な遅れや視聴覚の障害はありません。

 

さらに、きちんと教育を受けて努力をしているにもかかわらず能力上得られるであろう読字の力を身につけることができない状態です

学習障害は読み書きや計算などの特定の分野がうまくできないこと

学習障害の中でも特に読み書きに関しての障害は、小学校などに通う前にはなかなか気づかれることがありません。多くの場合は、学校に通いはじめてから両親や先生が気がつくのです。

 

小学校3年生になると漢字を習い始めます。その時、漢字がなかなか身につかないという症状から学習障害が見つかることもあります。

読字障害では、ひらがなを読むことが遅く、読み間違えることが多いです。文字や文章の意味を理解することが難しく、文のあらすじをつかんだりまとめたりすることが難しいということが起こります。
 
書字障害では、バランス良く文字を書くことが難しいです。文章を分かりやすく上手に書くことができなかったり、黒板などを書き写すことが極端に遅かったり、考えた内容を文を書いて表現することが難しいということが起こります。
 
算数障害では、数の概念が分からず数の並びの規則性などを身につけることが難しいです。計算が難しい、算数の文章問題が難しいということが起こります。
周りの理解が非常に大事

学習障害と判断された場合、学業がうまくいかないだけではありません。学習以外のことに対しての意欲が下がったり、心身症や不登校など学校生活での色々な問題が起きることもあります。

 

学校では学習指導をする上で気を配って適切な指導をしてもらうようにすることが必要です。学習障害では、親はもちろん兄弟などの家族や周りの理解が非常に大事なのです。

学習障害で1番大切なことは、良く知って理解することです。特定の学習で困難があるため、苦手なところを見つけて、合う方法を探しゆっくり支えることが必要です。

学習障害は判断が難しい

学習障害は、特定の学習以外では発達の遅れは見られません。そのため、周りからはがんばればできる、努力が足りない、勉強不足、などと思われることが多いです。

 

学習障害があっても気が付かないことも多いのです。結果として、苦手意識が芽生えたり周りと比較してしまったりして、子供の自信が下がってしまうことも多いため、注意してください。

学習障害の可能性がある場合、医学的にもきちんと調べる必要があります。

 

調べるためには、今までの精神運動発達の様子や病気などを確認します。必要な場合は頭部画像を見ることもあります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393