ノイローゼの鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年 5月 15日

本日はノイローゼについて解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ノイローゼとは
  • ノイローゼの原因と症状
  • ノイローゼの改善方法
  • ノイローゼのまとめ
  • ノイローゼになりやすい人
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ノイローゼは神経症の1つ

ノイローゼは神経症の1つで、心の病気の中でもよく聞く言葉です。しかし、実際にノイローゼという病気そのものについて理解し、言葉を使うことは非常に少ないです。

 

躁うつ病や分裂病である可能性がある精神障害の全般に対してノイロ-ゼという言葉を使うことも多い傾向があります。多くの人の中で神経症自体の概念は明瞭ではないとも言えます。

 

これは、専門家や時代や国、原因となっていることや症状が精神的にも身体的にも複雑であることが原因です。

 

確かに原因や症状は色々あり複雑ですが、共通点があり、最も大きな共通点は、症状の中心にあるものが不安ということです。

ノイローゼは、体に異常がなくても精神的な原因によって精神や体にいろいろな症状が現れる神経症のことです。
 
多くのノイローゼの原因は、目の前の環境に適応することができず、不安になってとらわれてしまい精神的なバランスが崩れることです。
 
家庭や職場、恋愛や友人関係などの日常生活を送る上で生じる精神的な悩みや、ショック、生まれつきの素質などで起きることが考えられます。

ノイローゼの原因は長い期間の非常に大きな不安

不安を感じるだけでノイローゼが起こるわけではありません。ノイローゼの場合、不安が非常に苦しいもので、耐えられないほどの苦痛があるものものになります。

 

さらに苦痛が原因で、社会的にも職業的にも何らかの支障が出てくることもあります。ノイローゼの原因には非常に大きな不安がある程度の長い期間にわたって続いているという特徴もあります。

ノイローゼは必ず精神的な悩みぬいて考え抜いた悩みが原因で起こります。出来事や人間関係などでその人にとって非常に大きな精神的な悩みがあり、その悩みが原因になるのです。

 

そのため、他の人から見ても、その出来事がなければ当然ノイローゼは起こらなかったと思われるような明確な原因があります。

 

夫婦関係や嫁姑問題、病気や親しい人の死、受験や仕事の悩み、いじめ、災害や環境の変化など様々な出来事が原因になります。

ノイローゼの症状は様々

ノイローゼでは様々な症状が起こります。ノイローゼで起こる主な症状の1つ目は強迫性障害です。

 

これは、特定の行為や思考から離れることができずに日常生活に支障が起きます。鍵を掛けたか何回も確認するなど、1つのことを非常に心配してしまうことなどが当てはまります。

ノイローゼで起こる主な症状の2つ目は不安神経症です。心の症状では過剰な不安感が起こり、体の症状では動悸や息苦しさ、手足のしびれが起こります。

 

多くの場合は変動性で、特にストレスを受けたときなどに悪くなります。これは長い年月ににわたって続く症状です。

ノイローゼで起こる主な症状3つ目は恐怖症です。これは強迫性障害とも言われ、特定の外的な状況に対して現実的ではない激しい不安と恐怖感が続いてしまう状態です。

 

広場恐怖症や社会恐怖症、対人恐怖症などがあります。特に対人恐怖症は神経質傾向、赤面恐怖症、表情恐怖症、視線恐怖症の順番で恐怖症が強くなっていきます。

 

高いところが怖い高所恐怖症、閉鎖された空間が怖い閉所恐怖症、水が怖い恐水症、クモ、ヘビ、ネズミなどの動物が怖い動物恐怖症なども恐怖症として挙げられます。

ノイローゼは休息をとりこじらせないことが大事

ノイローゼは、日常的に起こり得る軽い心の不調と、精神科に行き改善するべきうつ病などの心の病気との間の状態とも言えます。日常生活の中で簡単に解決する心の不調よりノイローゼは深刻な状態なのです。

 

原因や症状にもよっても様々ですが、改善が必要な心の病気など他の精神疾患がない場合は、専門家の力を借りなくても、自分で対処することも可能です。

 

どちらにしても無理をせず、しっかり休息を取り、こじらせないようにすることが最も重要です。

 

ノイローゼを疑うような心の不調が場合は、こじらせてうつ病などにつながらないためにも、日常生活を送る上で心の病気のリスクとなる要因は避けましょう。

中枢神経系に働く物質であるアルコールやニコチン、コーヒーなどに含まれるカフェインなどの量がいつもより増えていないかどうかということは心に不調を感じている時に注意が必要なポイントの1つになります。

 

このようなものは場合によっては依存症につながってしまう可能性もあるため、十分に注意してください。

 

辛いと感じた時は病院に相談しにいくことをお勧めします。抗不安剤や抗うつ剤などの薬による改善や精神療法や行動療法、暗示療法などの方法で改善を試みることができます。

誰かに相談することも大切

なかなか解決しない問題を抱えているとき、ノイローゼのような症状が起こりやすくなります。もちろん状況によって最善の対処法は違いますが、基本的には誰にも相談せず1人で悩みを抱えこむことは避けるべきです。

 

1人で悩みを抱えてしまうと、気持ちがより落ち込みやすくなるだけでなく、自分の視点だけで物事を考えてしまい良い解決策があってもなかなか気がつくことができなくなる可能性もあります。

 

悩みを言葉にするだけで心が軽くなる可能性も、近しい人から良いアドバイスが聞ける可能性もあります。悩みや問題を抱えた時、誰かに相談することは有効な対処法です。

ノイローゼには、きちんと原因があります。しかし、同じ出来事が起こった時ノイローゼになる人もいればならない人もいます。出来事を受ける人によって、不安の程度に差があるからです。

 

出来事を受ける人の不安の程度の差は、性格がによって変わるといわれています。どのようなタイプの人がノイローゼになりやすいのかというと、偏った性格の持ち主です。

 

神経質、感じやすく傷つきやすい、心配性、完全主義、自信がない、潔癖症、確認癖がある、依存的である、引っ込み思案、内気、小心、融通がきかない、感情的になりやすい、自己中心的な人などがノイローゼになりやすい性格だと言われています。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393