魚の目の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 4月 10日

更新日:2022年 4月 27日

本日は魚の目について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 魚の目とは
  • 魚の目の原因
  • 魚の目の症状
  • 魚の目の改善方法
  • 魚の目のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

魚の目は、角質が厚く硬くなる

魚の目は、特定の部分に圧力がかかることによって、角質が厚く硬くなることです。圧迫や摩擦の刺激に対して皮膚が守ろうとして反応することで起こります。

 

魚の目は、足の裏の飛び出している部分や指のふち、指の間などに多く見られます。魚の目の中心には芯ができます。

 

サイズの合わない靴を履くことで起こるケースが多いと言われています。

水虫の原因は、白癬菌に感染すること

魚の目の原因は、外部からの刺激を受けたり圧迫されたりすることです。

 

サイズの合っていない靴を履いたりや形が合っていない靴を履いたりすることで起こることが多いです。

 

さらに、長い時間ハイヒールを履くなどしてつま先などの足の裏の一部だけに負担が大きくかかることによって起こります。

皮膚が厚く硬くなり、中心に白い目のような芯ができる

魚の目の症状は、皮膚が厚く硬くなり、中心に白い目のような芯ができることです。皮膚の厚く硬くなる部分は円の形をしており、圧迫すると痛みも現れます。

 

中心に白い目のような芯ができるのは、厚くなった角質がくさび形に皮膚の奥に入ってしまうためです。

 

厚く硬くなった皮膚の中心にできる芯が魚の目のように見えることから魚の目と呼ばれています。

魚の目の改善方法は、薬

魚の目の改善方法は、薬です。市販薬には、軟膏や液体タイプのもの、絆創膏タイプのものなどいろいろなタイプの薬があります。それぞれ使い方は違いますが、症状が軽い場合は市販薬で改善することが多いです。

 

ただし、魚の目は皮膚の奥深くにできた芯が残っていると再び起こります。そのため、再発を防ぐためには病院で適切な処置を受けることも大事です

 

病院では、厚くなった角質の皮膚の表面を削って、魚の目の中心を取り除き、液体窒素で凍結させて中心の核となっている細胞を壊す処置を行うことが多いです。

 

市販薬で改善を行なってもなかなか改善しない場合や何度も再発してしまう場合は、病院で芯を取り除き根本から改善を行うことをお勧めします。

魚の目を防ぐために大事なことは、自分の足にあった靴を履くこと

魚の目を防ぐために1番大事なことは、自分の足にあった靴を履くことです。今履いている靴が自分に合っているのか確認し、サイズや形が自分に合っている靴を履くようにしましょう。

 

魚の目は、足の裏に負担がかかり圧迫されることで起こるため、ハイヒールを履くことを避けて、長い時間歩いたり立ち仕事をしたりした後は、入浴時などに足をマッサージすると良いでしょう。

 

入浴後は、皮膚を柔らかくするためにクリームを塗ることもおすすめです。

魚の目に効果的なツボ

・三陰交

・大都

・太白

三陰交

三陰交は色々な症状に効果を発揮するツボです。大きく分けると、婦人科系の症状を改善する効果、胃腸を整える効果、冷えを和らげる効果、乾燥の症状を改善する効果、妊活に対する効果などが期待できます。

 

足にあるツボで、気の流れを整えることから足にできた魚の目にも効果が期待できると言われています。

大都

大都は、喉の粘膜の血液の巡りを良くして炎症を鎮める効果があります。そのため、花粉症で現れる喉の症状や、咽頭や喉頭や扁桃腺などの違和感、喉の痛みや腫れなどに効果を発揮します。

 

他にも、胃の痛みや腹部の張り、だるさや筋肉の疲れによって起こる腰痛など色々な効果が期待できるツボです。

 

広く大きい場所に集まっている色々な病気を改善できるツボという意味があるとされていることから、魚の目にも効果が期待できます。

太白

太白の効果は、血圧を安定させることです。高血圧の場合は生活習慣病のきっかけとなる可能性があり、低血圧の場合は毎日の中で悩みとなる症状が現れます。

 

太白を刺激することは、血液の巡りを良い状態にし、血圧を正常な値にする効果があるのです。

 

足にある血液の巡りをよくするツボのため、魚の目にも効果が期待できるとされています。

ツボの場所と押し方

三陰交

三陰交を探すときは、内くるぶしの最も高いところに小指をおいて指幅4本そろえ、人さし指があたる場所を探します。

 

押すときは、ゆっくり息を吐きながら押し、息を吸いながら離します。押す力は強くなりすぎないように注意して静かに控えめな力で刺激しましょう。

大都

大都は、足の親指を曲げた時にできるシワの親指側にあります。

 

押すときは、親指の先で強めに押します。さらに、線香の火などをツボにゆっくり近づけ、熱さに対して我慢できる場所まで近づけたら、火をツボから遠ざけることを繰り返す方法も効果的です。

太白

太白は、足の親指を曲げてできるシワのかかと側にあります。探すときは、足の親指の内側からかかとに向かう延長線上をたどったとき、親指の位置から初めにあるへこみを探しましょう。

 

押すときは、親指を使って強めに押すことをお勧めします。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393