完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

嗅覚障害の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  6月26日

本日は嗅覚障害の鍼灸について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 嗅覚障害の定義
  • 嗅覚障害の種類
  • 嗅覚障害の症状
  • 嗅覚障害の現代医療によるアプローチ
  • 嗅覚細胞への鍼灸アプローチ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

嗅覚障害とは、においがわからない状態

嗅覚障害はにおいがよく分からなくなった状態です。

 

この「においがわからない」感覚を定義して「嗅覚障害」といいます。

 

嗅覚障害の中で、程度の差はありますが、においが全く分からなくなってしまうのが、無臭症です。

 

  • 無臭症→においが全く分からなくなった状態の嗅覚脱失
  • 異臭症→感じ方が弱くなった状態の嗅覚減退、
  • 異嗅症→本来のにおいとは違って感じる状態の嗅覚錯誤

 

 また、発生原因として最も多いのは鼻副鼻腔疾患とされています。左右の鼻腔の天井にあたる部分に嗅粘膜と呼ばれる部位があります。

この部位は空気中のニオイ物質がこの嗅粘膜に付着すると、刺激信号が嗅神経を通じて脳に伝達され、ニオイとして感じるメカニズムを有しています。

 

嗅覚障害とは、ニオイの伝達経路の「どこが障害されるか」によって ,症状も変わってきます。

  1. 呼吸性
  2. 末梢性
  3. 中枢性の3つに大別されます。

嗅覚障害はなぜ起きるのか?

嗅覚障害を起こす病気には、副鼻腔炎、感冒(風邪)、鼻アレルギー、頭部外傷、鼻内形態異常、中枢神経疾患があり、金属化合物、有機化合物を吸入して起こる場合や、 抗ガン剤などの薬物による場合もあります。

 

このうち副鼻腔炎、風邪、鼻アレルギーが全体の80%を占めます。

 

 

においは鼻の奥の方にある、嗅粘膜という特殊な粘膜で 感知します。 ここは通常の粘膜とは違う、嗅神経という神経の先が嗅繊毛という形になって直接「外」(鼻の中の空気の通り道)に飛び出しています。

 

嗅繊毛は粘液(鼻水)に覆われていて、 無機物や有機物の分子(においの素)のうち、空気に乗って飛んでくるものが粘液に溶け込み、 嗅繊毛の先にある嗅覚受容体に結合し、刺激された受容体からの電気信号が嗅神経を通って大脳に伝わることで「におい」を感じます。

 

なんらかの障害が起こると嗅覚障害になります。

 

嗅覚受容体はヒトでは約400種類あり、 刺激される受容体からの信号のパターンや強度の組み合わせによって様々なにおいを嗅ぎ分けることができます。

嗅覚障害の症状

嗅覚障害の症状 嗅覚はにおいを感じる化学感覚です。嗅覚障害の原因疾患は慢性副鼻腔炎,感冒,頭部外傷の順に多く,これらは嗅覚障害の三大原因です。嗅覚障害の有病率は米国で 人口の1~3%です。日本ではまだ調査報告がなく、不明なので今後の疫学調査が望まれています。 

 
呼吸性嗅覚障害

【呼吸性嗅覚障害】 呼吸性嗅覚障害は、鼻に関する病気によってニオイ物質を含んだ空気が嗅粘膜に届かないためニオイが感じられないものです。 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が原因として挙げられます。 

末梢性嗅覚障害

 【末梢性嗅覚障害】  末梢性嗅覚障害には、嗅粘膜が障害される「嗅粘膜性」と嗅神経が障害される「末梢神経性」があります。風邪をひいた後に風邪症状がおさまった後も 嗅覚が戻らない場合は、インフルエンザなどのウイルスによって嗅粘膜が変性する嗅粘膜性嗅覚障害が疑われます。 副鼻腔炎などの慢性炎症でも、嗅粘膜は変性することがあります。 また、頭部外傷などで脳内に異常がないのに嗅覚が失われる場合にも、嗅神経の切断に由来する、末梢神経性嗅覚障害が考えられます。

中枢性嗅覚障害

 【中枢性嗅覚障害】 中枢性嗅覚障害は、嗅神経よりも中枢側で障害が生じます。ニオイ情報が脳まで伝達されると、過去に入力されたニオイの記憶と照合して「何のニオイであるか」を認識する 情報処理を行いますが、同時にニオイ情報は、記憶し整理されます。ニオイ情報を処理する脳が障害を受けると、ニオイを判別することができなくなります。 中枢性嗅覚障害は、頭部外傷や脳腫瘍、脳梗塞、パーキンソン病、アルツハイマー病などの病気で起こります。 

高齢者の嗅覚障害

【高齢者の嗅覚障害】  嗅覚機能検査で測定すると、高齢者で嗅覚が低下していることが報告されています。 ただし他の感覚障害、たとえば聴覚、視覚と比べると、嗅覚機能は比較的老化による変化を受けにくいと言われています。 嗅覚障害全般でみると、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎といった鼻疾患の存在が原因となっている場合が最も多く、 年齢に伴う嗅覚障害は日常生活で自覚するほどにならない場合が多いとされています。ただし、アルツハイマー病やパーキンソン病と嗅覚障害との関連について、 多くの研究が行われており、嗅覚の低下が早期診断に役立つ可能性が指摘されています。アルツハイマー病の初期では、 何かニオイはするが何のニオイであるか判別できないという、ニオイの判別能(認知閾値)が低下してくると言われています。

嗅覚障害の現代医学アプローチ

副鼻腔炎・鼻炎
嗅覚障害 治療方法
【副鼻腔炎・鼻炎】
鼻洗浄、内服薬(抗アレルギー薬・抗生剤・経口ステロイド薬)、ステロイド点鼻薬といった治療で改善することもあります。
しかし、すでに長期間前述の保存的治療をうけられていた場合や鼻の中に鼻茸が充満している場合などは手術治療も選択肢となります。
鼻中隔彎曲に伴う症状が疑われる場合には積極的に手術が推奨されます。
副鼻腔炎は手術によって多くのケースで症状が改善されますが、副鼻腔炎の種類や重症度によって改善の程度に大きな差異が生じます。
喘息や鎮痛薬アレルギーを合併されている方などは手術によって一時的ににおいを取り戻してもまた悪くなったりしますので長期的なケアが必要となります。

感冒後嗅覚障害

 


【感冒後嗅覚障害】
1年間の経過観察でゆっくりと自然改善するケースもありますが、内服薬や他の治療によって改善率を高めることが期待できます。
現在、日本では漢方薬、ビタミンB12、亜鉛製剤の内服による治療がよく行われています。この効果はまだはっきりと証明されたものではなく、
どの薬が効果を持つかについては現在全国の大学や病院で臨床試験が行われています。

外部要因による嗅覚障害

 


【その他の嗅覚障害】
現在、脳挫傷に伴う外傷性嗅覚障害や加齢や神経変性疾患に伴う嗅覚障害を改善させる有効な治療法は残念ながらみつかっていません。
近年注目されている嗅覚刺激療法などの効果が加齢による嗅覚の低下などには効果を持つかもしれないと考えられていますので、
治療方法の確立にむけて日々研究がすすんでいる段階です。


嗅覚刺激療法

嗅覚刺激療法について】 最近テレビでもとりあげられた最新のにおいアプローチと呼ばれるものです。 リハビリテーションの一種ともいえ、ダメージをうけた嗅神経が回復するのを促進する、または嗅神経から送られる不完全なにおい情報 を脳の中で調整するなどの機序によって、においが回復するのではないかと言われ、世界中で積極的にすすめられているアプローチです。

嗅覚障害の費用

 保険診療を行うクリニックは、初診料などをはじめ全国どこも同じ料金となります。 検査項目はそれぞれの症状や先生の診療によって違う場合がありますが、よくある耳鼻科の検査費用は同じです。

 

手技も他の疾患に比べると費用は保険範囲内で収まる事が多いです。

嗅覚障害のここまでのまとめ

嗅覚障害はにおいがよく分からなくなった状態です。この「においがわからない」感覚を定義して「嗅覚障害」といいます。 嗅覚障害は200以上のウイルスが原因となり、さまざまな原因が考えられます。また昨今、新型コロナウイルス感染者の30~73%が嗅覚障害を自覚した

 

論文等も報告がされています。しかし様々なウイルスが大人の嗅覚障害の原因であり、嗅覚障害の原因の40%はウイルスが原因と言われています。 つまりウイルスは感染後に悪化することが知られており、そもそも新型コロナウイルス以外にもウイルスが上気道感染を引き起こすことがあります。 「嗅覚障害」を疑ったら、すぐに専門家に相談しましょう。

嗅覚障害の東洋医学アプローチ

嗅覚障害

本ページをまとめます。

 

  • 頭鳴り、耳鳴りは脳の誤作動で起きる
  • 頭鳴り、耳鳴りの対処法は抗てんかん薬、うつ病の薬が主流。
  • 脳の過覚醒が原因で起こるともいわれている。
  • 脳の過覚醒は鍼灸でアプローチすることで、頭鳴りの症状を回復させます。

原因がわからない頭鳴り、耳鳴り

 

神頼みや、スピリチュアルな事で必死に良くしようとする方も当院によくみられます。

 

脳の過覚醒で早期に回復することもあります。

 

薬を飲んでも効かないときは、勇気を出して経験豊富な院長によるトリガーポイント鍼灸を受けてみませんか?

 

お力になれるよう対応致します。

実際の頭鳴りの施術例

  • 齢・性別

 

50代女性 専業主婦

 

 

  • 頭鳴りを感じた時期

 

40歳の誕生日に朝から急に鳴り始めた。最初はシューシュー鳴っていたが、今はジージー頭のてっぺんで鳴っている。

 

  • 頭鳴りが酷くなるきっかけ

 

今感じている頭鳴りに関して、思い当たるキッカケはない。

頭鳴りは強くも弱くもならない。常に一定の音が鳴っている。

 

 

  • 脳神経外科、心療内科の対応

 

3つの病院と2つの鍼灸院に通ったが、症状は変わらなかった。現在は抗不安薬と抗てんかん薬を処方され、飲んでいる。気休め程度とのこと。

 

  • 銀座そうぜん鍼灸院の来院経緯

 

サイトをみて来院

頭鳴りは脳の興奮が聴覚野に影響すると考えられている

  • 銀座そうぜん鍼灸院の対応・施術

 

問診と触診、脈診をしたところ、脳が興奮しているサインを確認できました。

 

 

脳の興奮とは、【脳の過覚醒】とも言われ、自律神経の交感神経が長期興奮している状態のことです。

 

【脳過敏症】ともいわれ、重度の片頭痛や閃輝暗点の原因とも言われております。

 

 

 

 

☆脳の過覚醒の解説

 

脳の過覚醒とは、ストレスを受けた際に生じる体の反応が長期間続くことです。

  • 交感神経が高まる
  • 副腎皮質ホルモンが分泌する

 

 

人間は状況に合わせて、体を適応させる生き物です。強いストレス、厳しい環境に置かれても、体温の調節や心拍の増加などを行い、一早く対応します。

 

この適応力が誤作動を起こし、必要がないところでも過剰に反応してしまうことが『脳の過覚醒』といわれるものです。

脳の鎮静化が鍼灸施術の最大の目的

上記の写真は実際の施術風景です。

醒脳開竅法と福田安保理論を使った鍼灸です。

 

☆施術のポイント

 

肩こりの除去

(憎帽筋は脳から直接支配を受けるため、首のこりを無くしていきます)

 

脳の過覚醒の開放

(脳の過覚醒は交感神経の長期興奮が原因です。交感神経を副交感神経の切り替えを促します。)

 

☆脳の興奮度合の確かめ方

 

脳の興奮は特徴的な5つのサインがあります。

  1. 眼の充血
  2. 手汗、足汗をよくかく
  3. お腹の特徴的な硬さ
  4. 口が臭い
  5. 直近でショックな出来事があった。

 

銀座そうぜん鍼灸院では腹診を使って、脳の興奮状態を判断します。

腹診を行ったところ、脳の興奮と瘀血のサインも確認できました。

瘀血のアプローチも補助的に取り入れ、鍼灸を行いました。

鍼灸施術2か月後、頭鳴りは9割回復しました。

週2回のペースで2か月間、鍼灸を行いました。

 

  • 2回目の時に、頭鳴りの音の質が変わる。

 

音が、シャーシャーからスースーに変わった。今まで変わったことが無かったので、大変喜んでいただきました。

 

 

  • 5回目のときには、鳴っていない時間帯が出てきた。

 

鍼灸を受ける前から、午前中は音が静かだったが、気にならなくなってきた。午後から少し聞こえるくらいの音量になった。抗不安薬のみ継続している。

 

 

  • 10回目の鍼灸のときには、寝る前のみ感じる程度まで回復した

 

朝、仕事中は全く鳴らなくなった。忙しいときに気になる程度で鳴るが、以前から比べたら雲泥の差とのこと。最近は寝るときに少しだけ鳴っているが、気にならない程度なので生活が非常に楽になったとのこと。

使われたツボのご紹介

頭鳴りに使われたツボをご紹介します。

  • 百会
  • 天柱
  • 神泉
  • 神門
  • 不容
  • 太衝
  • 肩井
頭鳴りの鍼灸のまとめ

本ページをまとめます。

 

  • 頭鳴りは原因不明の症状である
  • 医療機関は、抗うつ薬、抗てんかん薬の処方が主流である
  • 銀座そうぜん鍼灸院では、脳の過剰な覚醒に着目している
  • 10年続いた頭鳴りが2か月の鍼灸で9割回復した。

頭鳴りは病気でないため、西洋の考え方ではなかなか対応しきれない症状です。

 

 

今回の頭鳴りは、脳の過覚醒が強く関与していていました。

  1. 脳が勝手に興奮していた。
  2. 脳の興奮が聴覚野まで波及していた。

 

薬物の対処法もありますが、勇気を出して経験豊富な院長による脳の過覚醒の鍼灸を受けてみませんか?

 

お力になれるよう対応致します。

人気記事

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393