発作性夜間ヘモグロビン尿症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  10月 1日

更新日:2021年  10月28日

本日は発作性夜間ヘモグロビン尿症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症とは
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症の原因
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症の症状
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症の改善方法
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

発作性夜間ヘモグロビン尿症は、赤血球が早く破壊されておこる貧血

発作性夜間ヘモグロビン尿症は、赤血球が血管の中で異常に早く破壊されておこる貧血です。

 

特徴的な症状は、早朝にコーラ色をしたヘモグロビン尿が見られることです。発作性夜間ヘモグロビン尿症はPNHとも呼ばれます。

 

発症する可能性のある年齢は非常に幅広く、小児から老年までほぼ全ての年齢で発症します。中でも発症することが多い年齢は20~60歳代で、男性も女性も発症する割合に大きな差はありません。

 

再生不良性貧血や骨髄異形成などの疾患と非常に深く関係があり、場合によっては合わせて発症したり症状が移行したりすることもあります。

発作性夜間ヘモグロビン尿症の原因は、血液細胞の遺伝子異常

発作性夜間ヘモグロビン尿症の原因は、血液細胞の遺伝子に異常がおこることです。

 

血液細胞の遺伝子に異常が起こることで、赤血球が自分の血液の中の補体の攻撃を受け、破壊され、膜が破れてヘモグロビンが赤血球の外に出てしまうのです。

 

発作性夜間ヘモグロビン尿症は、後天性の病気です。そのため、原因は遺伝子の異常ですが遺伝することはありません。

発作性夜間ヘモグロビン尿症の症状は、コーラ色の尿

発作性夜間ヘモグロビン尿症の症状は、コーラ色の尿です。この尿はヘモグロビン尿と呼ばれています。

 

発作性夜間ヘモグロビン尿症を発症した人が全てヘモグロビン尿が現れるわけではなく、ヘモグロビン尿は全体の3分の1くらいの人に見られます。

 

貧血になるため、顔色不良や息切れ、動悸、 全身倦怠感 、脱力感、運動をしたときの疲れやすさを感じることが多いです。しかし、症状が進むスピードがゆっくりであるため、貧血症状があるという自覚があまりないことも多いです。

 

血栓症や嚥下障害 、男性機能不全、原因不明の腹痛なども症状として現れることがあります。

 

再生不良性貧血などの造血不全症状が強くある場合は、白血球が減ることによって感染症を起こしたり、血小板が減ることによって出血症状が現れたりすることもあります。

発作性夜間ヘモグロビン尿症の根本的な改善方法は、骨髄移植

発作性夜間ヘモグロビン尿症の根本的な改善方法は、骨髄移植です。しかし、ほとんどの場合骨髄衣装が行われるのは症状の程度が重い場合のみです。

 

赤血球の膜が破れてヘモグロビンが赤血球の外に出てしまうことに対しては補体に対する抗体薬を使って改善を行います。

 

以前は副腎皮質ステロイド薬が多く使われていましたが、抗体薬が開発されてからは抗体薬が抑制の効果が非常に高いということがわかっています。

 

強い貧血症状がある場合は、輸血を行います。血栓症がある場合は血栓症の改善を行い、再生不良性貧血の症状が強い場合は免疫抑制剤などを使って改善を行うことが必要です。

症状はゆっくり進む

発作性夜間ヘモグロビンの症状はゆっくりと少しずつ進んでいきます。

 

場合によっては自然と改善に向かうこともありますが、感染症や血栓症を合わせて発症することもあります。珍しいケースでは白血病に変化することもあります。

 

溶血発作は、感染をきっかけに起こることが多いです。そのため、手洗いうがいをきちんと行うことやマスクをすることなどに気をつけ、感染しないように予防を心がけましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393