完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

強皮症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  2月23日

更新日:2021年  5月 15日

本日は強皮症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 強皮症とは
  • 強皮症の原因
  • 強皮症の症状
  • 強皮症の改善方法
  • 強皮症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

強皮症は、皮膚や内臓が硬くなる病気

強皮症は、皮膚や内臓が硬くなる病気です。強皮症という名前ではなく、全身性硬化症という名前で呼ばれることもあります。強皮症は、免疫異常などの様々な要因が複雑に合わさって発症します。

 

推定では全国で約3万人の人が強皮症であると言われています。中でも女性に多く、男女の比率は1:12であると言われています。起こりやすい年代は、30~50歳代です。

要因として考えられているものは線維化、血管障害、自己免疫

強皮症の根本的な原因は、いまだに明らかになっていません。しかし、強皮症の原因は1つではなく、色々な要因が複雑に合わさっていると考えられています。

 

要因として考えられているものは、線維化、血管障害、自己免疫という3つの特徴です。この3つがが複雑に合わさって発症すると考えられているのです。

繊維化とは、皮膚の生成と分解のバランスが崩れてしまい、コラーゲンがたまっていく状態のことで、強皮症で皮膚が硬くなる原因は、線維化によって起こる症状だと考えられています。

 

強皮症では、血管障害が原因で手の指が白や紫、赤色に変色するレイノー現象という症状が現れます。そのため、血管障害も要因の1つとして考えられています。

 

ほとんどの強皮症の人には自己抗体があります。これは、自分自身が間違えて自分自身の体の成分を攻撃して破壊しようとする自己免疫の状態が起こることによって起きます。そのため、自己免疫も強皮症の要因の1つと考えられるのです。

強皮症の症状の特徴は、皮膚や内臓が硬くなること

強皮症の症状の特徴は、皮膚や内臓が硬くなることです。多くの場合、強皮症はレイノー現象から突然はじまります。時間が経つと、手の指から少しずつ全身の臓器まで硬くなっていくという症状が出てきます。

 

レイノー現象とは、血管障害が原因で手の指が白や紫、赤色に変色する症状です。洗い物や洗濯など冷たいものを触ったときや、気温が低く寒い場所に行った時などに、突然手の指が真っ白になったり、白や紫、赤に変色したりする現象がレイノー現象です。

皮膚が硬くなる症状が手の指や足だけに起こる場合は限局皮膚硬化型の強皮症と言います。皮膚が硬くなる部位が手や指だけでなく胸や腹部の皮膚まで硬くなる場合はびまん皮膚硬化型の強皮症と言います。

 

強皮症は、人によって病気の進むスピードや症状が起きる臓器が違宇野です。そのため、定期的に調べることが必要です。

その人に合った改善方法を見つけて改善に取り組むことが大事

強皮症を完全に改善するための薬は、現在はまだありません。

 

しかし近年、ある程度は効果を期待することができる改善方法がわかってきました。特に、効果が最も期待できるのは、強皮症を発症して5~6年以内のびまん型全身性強皮症です。

 

代表的な改善方法は、ステロイドの内服、シクロホスファミド、プロトンポンプ阻害剤、プロスタサイクリン、ACE阻害剤、エンドセリン受容体拮抗剤などです。

限局皮膚硬化型全身性強皮症の場合は皮膚が硬くなる範囲が比較的小さいため、症状を抑えることも目的に改善を行います。

 

強皮症の症状は個人差が大きいです。そのため、その人に合った改善方法を見つけて改善に取り組むことが大事です。医師と相談して、症状に合った薬などを使い、改善を行いましょう

 

強皮症は、国が指定する難病に指定されている

ほとんどの場合、強皮症の改善には長い期間がかかります。入院が必要であったり、継続的に調べたり薬を使用したり必要があったりします。

 

強皮症は、国が指定する難病に指定されています。そのため、強皮症を改善するためにかかる費用の一部では、支払いが軽減されるものもあります。改善のためには費用もかかりますが、根気よく改善に取り組むことが大事です。

 

強皮症は難しい病気です。周りの人が温かく見守り手助けをすることが必要です。1番近くで支えることができる家族などの親しい人が支えることがとても重要になります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393