変形性膝関節症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 7月23日

更新日:2021年 8月15日

本日は変形性膝関節症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 変形性膝関節症とは
  • 変形性膝関節症の原因
  • 変形性膝関節症の症状
  • 変形性膝関節症の改善方法
  • 変形性膝関節症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

変形性膝関節症は、軟骨がすり減り痛みが起きる病気

変形性膝関節症は、関節のクッションの働きをしている軟骨がすり減り、痛みが起きる病気のことです。軟骨がすり減る原因は、加齢や筋肉量の低下です。

 

中高年は膝の痛みを感じている人が非常に多いです。中高年の膝の痛みはほとんどが変形性膝関節症です。年齢が上がるほど発症率は高くなります。

 

軟骨がすり減ると、膝関節の骨と骨のすき間が狭くなり内側の骨が出てきたり、骨に突起物ができたり、骨が変形したりするのです。

 

変形性膝関節症では、関節包繊維膜の内側にも炎症が起こります。そのため、液体が分泌されます。この状態を一般的に膝に水が溜まった状態と言われます。

ほとんどの変形性膝関節症の原因は関節軟骨の老化

ほとんどの変形性膝関節症の原因は関節軟骨の老化です。他にも、肥満や遺伝子なども関係していると考えられています。

 

歳を取ると関節軟骨がだんだんと弾力性を失いすり減っていきます。軟骨がすり減ることによって関節が変形し、変形性膝関節症を発症するのです。

 

場合によっては、骨折や靱帯や半月板などの損傷や、化膿性関節炎などの感染症の後遺症が原因で起こることもあります。

変形性膝関節症の主な症状は膝の痛みと膝に水がたまること

変形性膝関節症の主な症状は膝の痛みと膝に水がたまることです。

 

初めは立ち上がる時や歩き始める時など動き始める時に症状が現れます。初期段階では、休めば症状が改善されることが多いです。

 

しかし、だんだんと正座や階段の上り下りが難しくなり、最終的には安静にしていても痛みを感じるようになります。この頃には膝の変形が目立つようになり、膝を伸ばし切ることができず歩くことも難しくなります。

改善方法は、薬やヒアルロン酸注射、手術やリハビリなど

変形性膝関節症を改善するためには、薬やヒアルロン酸注射、手術やリハビリなど様々です。器具を使って改善に取り組むこともあります。

 

症状が軽い場合、痛み止めの薬やヒアルロン酸注射などで改善を行うことが多いです。リハビリテーションや膝を温めることで改善に取り組むこともあります。

 

改善を行なってもなかなか効果が見られない場合、手術を行うこともあります。症状に合わせて内視鏡手術や骨を切って変形を矯正する手術、人工膝関節置換術などの手術が行われます。

変形性膝関節症を予防するためにできること

一度すり減ってしまった軟骨は元には戻りません。そのため、予防をすることできるだけ早く改善に取り組んで病気が進まないようにすることが非常に大切です。

 

変形性膝関節症を予防するために注意できることは、大腿四頭筋を鍛えることやできるだけ正座をしないこと、肥満の状態にならないこと、膝を温めて血行を良くすること、洋式トイレを使うことなどです。

 

変形性膝関節症では膝の痛みはだんだんと悪くなっていきます。変形性膝関節症の初期症状のような症状がある場合は病院に相談に行くことをお勧めいたします。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393