石灰沈着性腱板炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  10月 3日

更新日:2021年  10月18日

本日は石灰沈着性腱板炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 石灰沈着性腱板炎とは
  • 石灰沈着性腱板炎の原因
  • 石灰沈着性腱板炎の症状
  • 石灰沈着性腱板炎の改善方法
  • 石灰沈着性腱板炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

石灰沈着性腱板炎は、肩の疼痛や運動制限が起こる

石灰沈着性腱板炎は、肩腱板の中に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が起き、肩の疼痛や運動制限が起こることです。

 

突然夜中に非常に激しい肩関節の疼痛が起きる症状から発症することが多いです。男性より女性に多く、中でも40~50歳代の女性に多いです。

原因は、肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶

石灰沈着性腱板炎の原因は、肩腱板の中に沈着したリン酸カルシウム結晶です。肩腱板は肩関節の主な筋肉です。その周りに石灰物が沈着すると滑液包などに炎症が起こってしまいます。

 

痛みの原因は、リン酸カルシウムや石灰が沈着してしまうことなのです。しかし、石灰が沈着する細かい原因はわかっていないのが現状です。

 

この炎症によって、肩の動きのある動作をするとき痛みが起こるのです。石灰は、初めは濃いミルク状ですが時間が経つとどんどん固く形状が変わります。硬くなると、練り歯磨き状になり、その後石膏状になります。

 

石灰がたまり膨らんでくるにつれて痛みもどんどん強くなっていきます。そして、腱板から滑液包の中に破れ出る時に激痛が起きます。

 

水分不足で脱水状態の場合、発症しやすいということも言われています。

石灰沈着性腱板炎の症状は、激しい肩の疼痛や肩に起こる運動制限

石灰沈着性腱板炎の症状は、激しい肩の疼痛や肩に起こる運動制限です。疼痛や運動制限は、肩関節が動くいろいろな動作で現れます。

 

痛みで腕を動かすことができなくなったり、夜中痛みで目が覚めたり、髪を触るときや洗濯物を干すときに痛みを感じたり、エプロンの紐を縛るときや洋服のリボンを縛るときに痛みを感じたりするようになります。

 

石灰沈着性腱板炎には急性型と亜急性型、慢性型があります。急性型は発症した後1~4週強い症状が現れます。亜急性型は1~6ヵ月中等度の症状が続き、慢性型は運動をした時などの痛みが6ヵ月以上続きます。

石灰沈着性腱板炎の改善方法は、安静にすることと薬

石灰沈着性腱板炎の改善方法は、安静にすることと薬です。薬は、消炎鎮痛剤を飲み薬で使ったり、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤を滑液包内注射などで使うったりします。

 

腱板に針を刺して沈着した石灰を破りミルク状の石灰を吸引する方法もl改善するためによく使われる方法です。石灰を吸引することによって激しい痛みをできるだけ早く和らげることができます。

 

亜急性型や慢性型の石灰沈着性腱板炎の場合、改善を行なっていても石灰沈着が石膏状に固くなり、時々強い痛みが起こることがあります。硬く膨らんだ石灰が肩の運動をしている時に周りと触れて炎症がなくならず痛みが続くのです。

 

痛みが強く肩の運動に問題が起こる場合は、手術を行なって摘出する方法で改善を行うこともあります。

疼痛がなくなった後再び痛みが起こらないようにするために

石灰沈着性腱板炎では、安静にし薬を使って改善を行なった後、疼痛がなくなったら再び痛みが起こらないようにすることが必要です。

 

そのためにはホットパックをしたり温かいお風呂に入って温めることが効果的です。

 

拘縮の予防や筋肉の強化をするためには、リハビリをしたりして少しずつ運動を行うことも大事です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393