ケロイドの鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  7月10日

更新日:2022年  8月20日

本日はケロイドについて解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ケロイドとは
  • ケロイドの原因
  • ケロイドの症状
  • ケロイドの改善方法
  • ケロイドのまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ケロイドは、傷が過剰な状態で改善したもの

ケロイドは、皮膚に起きた傷あとが赤くなり、元の傷より広がって盛り上がった状態のことです。

 

傷は早く改善するときれいな傷になることが期待できますがゆっくりと改善した場合にケロイドになることが多いです。ケロイドは、傷が過剰な状態で改善したものなのです。

 

ケロイドは傷の原因や傷の重症度、傷の広さとは関係なく現れる可能性があります。ケロイドが発生する頻度には人種差があり、白人には少なく黒人に多いと言われています。

ケロイドの原因は、傷

ケロイドの原因は、傷です。特に傷が改善がゆっくりと自然に改善した場合にケロイドが起こりやすいです。

 

ケロイドのできやすい部位は、下床に軟骨や骨のある部位で、前胸や顔面、上腕、背部、恥骨部に多くられます。肥厚性瘢痕は傷を受けた部位にできるため、できやすい部位は特になくそこにできる可能性もあります。

ケロイドは、はじめに傷ができた部位よりも大きくなる

ケロイドの症状は、境界線が明らかな扁平隆起性から半球状隆起ができることです。色は鮮やかな赤や紅褐、褐色をしており、少しずつ側方に進んで行きます。

 

中央部は多くの場合、退色して扁平化します。ケロイドは、はじめに傷ができた部位よりも大きくなっていきます。押さえても痛みはありませんが、横から強くつまんだ時には痛みが現れます。

ケロイドの改善方法は、手術や薬、注射など

ケロイドの改善方法は、手術や薬、注射などです。かゆみがある場合は抗アレルギー剤の飲み薬やステロイドの含まれた塗り薬、貼り薬や注射を使って改善を行います。

 

腹部の手術跡やピアス後の耳たぶにできたケロイドには手術を行うこともあります。手術と合わせて電子線を照射する方法で改善を行うこともあります。

ケロイドは改善を行なっても抵抗する

ケロイドは改善を行なっても抵抗します。そのため、一度小さくなっても繰り返しやすくなかなか改善が見られない病気です。

 

放っておいても特に問題はありませんが、年月がたてば大きくなってその後も引きつりや痛み、かゆみが続きます。

 

そのため、普段から皮膚を大事にしてケロイドを作らないことが非常に大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393