月経後症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  11月23日

更新日:2021年  12月14日

本日は月経後症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 月経後症候群とは
  • 月経後症候群の原因
  • 月経後症候群の症状
  • 月経後症候群の改善方法
  • 月経後症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

月経後症候群は月経の後半から終わった後に現れる不調

月経後症候群は、月経が始まる前に起こることの多い体調不良や憂うつやイライラが月経の後半から終わった後に現れることです。

 

月経が始まる前に起こる不調はPMSといい、一般的に広く知られていますが、月経が終わった後の方が大きな不調が起こることもあるのです。

 

月経後症候群には、ホルモンバランスの乱れや貧血などが影響していると言われています。

月経後症候群は、ホルモンバランスの乱れや貧血などの影響

月経後症候群の原因には、ホルモンバランスの乱れや貧血などが影響していると言われています。

 

エストロゲンの不足やプロゲステロンの過剰分泌なども要因として考えられています。

 

場合によっては月経をしている時に偏った食生活をすることが関係して症状が現れることもあります。

月経後症候群の症状は、体のだるさや強い眠気、動悸や不安など

月経後症候群の症状は、体のだるさや強い眠気、動悸や不安などです。月経が起きる前に起こる体の不調のPMSは一般に良く知られていますが、月経が終わった後の方が大きな不調が起こることもあるのです。

 

月経後症候群の症状は身体的な症状よりも精神的な症状の方が強いと言われています。そのため、鬱や不眠、不安を感じる、自信をなくす、注意力が欠けるなどの症状が現れます。

月経後症候群の改善には、自分で自分の症状を知ることが大事

月経後症候群の改善には、自分で自分の症状を知ることが大事です。月経期間の後にどのような症状が現れるのか観察しておくことで自分の症状を把握することができます。

 

症状に対して、医師と相談し、抗鬱剤や漢方、軽い運動などの方法で改善を行なっていきます。

月経後症候群では、食生活と生活習慣を見直すことも大事

月経後症候群では、食生活と生活習慣を見直すことも大事です。

 

十分な睡眠時間を確保し、適度な運動を心がけ、カルシウムやビタミン、ミネラルを摂ること、こまめに水分を摂ることに注意をして生活をすることをお勧めします。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393