メチルマロン酸血症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  7月11日

更新日:2022年  7月20日

本日はメチルマロン酸血症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • メチルマロン酸血症とは
  • メチルマロン酸血症の原因
  • メチルマロン酸血症の症状
  • メチルマロン酸血症の改善方法
  • メチルマロン酸血症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

メチルマロン酸血症は、色々な臓器に障害が起こる

メチルマロン酸血症は、生まれつき代謝酵素の異常があることで、体の中に有機酸であるメチルマロン酸がたまり、色々な臓器に障害が起きる病気です。

 

メチルマロン酸血症の症状がどのくらい現れるのかについては、非常にさまざまです。現れる症状や症状の程度は、どのくらい酵素の力が残っているのかによって変わります。

 

生まれてから数日以内に発症することもあれば、成長障害や繰り返し嘔吐が見られることなどの症状があることによって後から発症が見つかることもあります。

メチルマロン酸血症の原因は生まれつき代謝酵素の異常があること

メチルマロン酸血症の原因は、生まれつき代謝酵素の異常があることです。

 

メチルマロン酸血症は、バリン、イソロイシン、スレオニン、メチオニンという4種類のアミノ酸の代謝とコレステロールの代謝、脂肪酸の代謝に関係しているメチルマロニルCoAムターゼという酵素に異常があると発症します。

 

メチルマロニルCoAムターゼに異常があると体の中にメチルマロン酸がたまるのです。

 

メチルマロニルCoAムターゼの異常は、生まれつき酵素自体の働きが弱いために起こることと、補酵素であるコバラミンの代謝に異常があるために起こる場合があります。

 

両親ともに異常がなく、父親と母親が病気の原因になる遺伝子を1本ずつ持っていると考えられており、子供が父親と母親から1本ずつ病気の原因となる遺伝子を受け継いだことで、病気の原因となる遺伝子が2本になった場合に発症します。

 

場合によっては、突然遺伝子変異が起きることもあります。

メチルマロン酸血症の症状は、人によって様々

メチルマロン酸血症の症状は、人によって様々です。症状の程度が重い場合は、生まれてから数日以内で哺乳ができなくなり激しい嘔吐が見られたり体に力が入らなくなったり呼吸が弱くなったりします。

 

症状の程度が軽い場合は、嘔吐を繰り返したり発達の遅れが見られたりします。症状の程度が軽い場合は、症状が現れることでメチルマロン酸血症の発症がわかることもあります。

 

アンケート調査では、経口摂取ができなくなることや低体温、嘔吐や視力の低下、皮膚炎、痙攣など色々な症状が報告されています。

 

症状は、メチルマロン酸の毒が全身の臓器に悪い影響を与えることによって現れ、現れる症状や症状の程度は、どのくらい酵素の力が残っているのかによって変わります。

メチルマロン酸血症の改善においてコバラミンが非常に有効である

メチルマロン酸血症の改善においてコバラミンが非常に有効であることもあります。これは、補酵素であるコバラミンはメチルマロニルCoAムターゼを助ける働きがあるためです。

 

しかし、ビタミンB12によって効果が見られない場合は、原因となる酵素の異常を回復させる方法がないため、現れている症状に対して改善を行うことになります。

 

症状が重い場合は、たんぱく質の摂取をやめて高カロリーの酸を補正するためにアルカリ溶液の点滴を行います。場合によっては、アンモニアの解毒剤やカルニチンの薬剤を投与することもあります。

人によって特徴的な注意すべき症状もある

発作の原因には、発熱や栄養を摂取する時間がずれることなどがあります。そのため、できるだけこのような状態にならないように気をつけることが大事です。

 

風邪を防ぐためには、家族の手洗いやうがい、予防接種なども非常に大事になります。

 

また、アンケート調査によって人によって特徴的な注意すべき症状もあることが報告されているため、激しい運動をしたあとや睡眠が足りない状態の時に悪化するなど悪化する要因も観察しておくことが必要です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393