肥厚性皮膚骨膜症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月10日

更新日:2021年 11月 8日

本日は肥厚性皮膚骨膜症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 肥厚性皮膚骨膜症とは
  • 肥厚性皮膚骨膜症の原因
  • 肥厚性皮膚骨膜症の症状
  • 肥厚性皮膚骨膜症の改善方法
  • 肥厚性皮膚骨膜症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

肥厚性皮膚骨膜症は、3つの特徴がある

肥厚性皮膚骨膜症は、手足の指先が広くなることと長管骨の骨膜性骨肥厚、皮膚肥厚性変化の特徴がある病気です。

 

発症する人は女性よりも圧倒的に男性に多いと言われており、男女の割合は15:1で男性が多いと言われています。発症する年代は10代が多いですが、子供から高齢まで幅広い年代で発症する可能性があります。

 

現在の発症者は全国で100人もいないと考えられている非常に珍しい病気です。

肥厚性皮膚骨膜症の原因は、遺伝子変異

肥厚性皮膚骨膜症の原因は、遺伝子変異です。PGE2を細胞内に運ぶ輸送蛋白に関係しているSLCO2A1という遺伝子と、PGE2を細胞内で分解する物質に関係しているHPGD遺伝子の変異によって起こると言われています。

 

肥厚性皮膚骨膜症を発症すると、健康でも働き発熱や骨吸収などに関係した働きをするPGE2の濃度が血液や尿の中で高くなっていることがわかっており、PGE2が高くなる原因が、SLCO2A1とHPGD遺伝子の変異であるからです。

 

SLCO2A1とHPGD遺伝子のどちらか1つでも、働かなくなったり欠けたりするとプロスタグランジンがきちんと分解されなくなり体の中で過剰になってしまうと言われています。

主な症状は、皮膚肥厚、ばち状指、骨膜性骨肥厚、脳回転状頭皮

肥厚性皮膚骨膜症では、主に4つの症状が現れます。

 

皮膚が厚く深い皺ができる皮膚肥厚、爪と骨がくっついている所の皮膚組織が増え指先が大きくなり爪の付け根の角度がなくなるばち状指、長管骨の外側の硬い所が厚くなる骨膜性骨肥厚、頭の皮膚が厚くなり皺ができる脳回転状頭皮です。

 

皮膚肥厚は、特におでこや頭皮に現れることが多いです。

 
 
肥厚性皮膚骨膜症では、いろいろな合併症も現れます。皮膚に現れる合併症には、脂漏や油性光沢、ざ瘡、多汗症などがあります。
 
関節に現れる合併症では、関節痛が現れることが多く、中でも運動をしたときに関節痛が現れることが多いです。関節の腫れや関節水腫などが現れることもあります。
 
他にも、貧血や発熱、自律神経症状など様々な症状が現れることもあります。
肥厚性皮膚骨膜症の改善には、現れている症状に対処を行う

肥厚性皮膚骨膜症を改善するためには、現れている症状に対処を行います。

 

関節に現れる症状に対して行う改善方法では、ビスホスホネートという薬が使われています。場合によっては手術を行うこともあります。

 

顔面皮膚皺壁や眼瞼下垂や脳回転状頭皮には形成外科的なアプローチで改善を行います。

なるべくPGE2が過剰になるような状況を避ける

肥厚性皮膚骨膜症では、なるべくPGE2が過剰になるような状況を避けることが大切であると考えられています。

 

PGE2ができるきっかけとなることとしては、紫外線曝露や感冒などです。日光に当たりすぎないようにするなど、気をつけられることは自分で気にして注意することをお勧めします。

 

男性の場合は、10代前半からばち指がはじまることが多いです。初めの段階では気が付かないことが多く、多くの場合は20歳まで不全型か完全型になります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393