クラッシュ症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  10月 1日

更新日:2021年  10月10日

本日はクラッシュ症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • クラッシュ症候群とは
  • クラッシュ症候群の原因
  • クラッシュ症候群の症状
  • クラッシュ症候群の改善方法
  • クラッシュ症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

クラッシュ症候群が知られるようになったきっかけは阪神淡路大震災

クラッシュ症候群は、クラッシュシンドロームとも呼ばれています。クラッシュ症候群は長い時間、がれきなどの重たいものに腰や腕、腿などが挟まれ圧迫された後、圧迫から解放されたときに起こる症状のことです。

 

クラッシュ症候群は、心臓の機能に悪影響を与え最終的に死につながる危険性が高いです。

 

クラッシュ症候群が広く知られるようになったきっかけは阪神淡路大震災です。阪神淡路大震災が起こった時、がれきの下に埋まり助かった人の症状が数時間後急激に悪くなり死亡するということが起きたのです。

クラッシュ症候群の原因は、長時間下敷き状態になること

クラッシュ症候群の原因は、長い時間重いものに圧迫されて下敷きの状態になることです。ほとんどの場合は下敷きの状態から助けられた直後は、特に症状がありません。そのため見落とされることも多いです。

 

筋肉が圧迫されると筋肉細胞が障害されて死んでしまいます。すると、ミオグロビンやカリウムが血液の中に混ざり高い毒性の物質が溜まります。

 

その後圧迫されていた部分が解放されると、血液の流れによって急激に毒素が体全体に広がって心臓の機能に悪い影響を及ぼすのです。

クラッシュ症候群は、死に至る危険性が高い

クラッシュ症候群では、心臓の機能に悪影響を及ぼし死に至る危険性が高いです。その時は一命を取り留めてもその後腎不全に至る危険もあります。

 

2時間以上腰や腕や腿ががれきの下敷き状態になっていた場合や圧迫された後から軽い筋肉痛や手足のしびれや脱力感を感じる場合、圧迫された後尿に血が混ざったり尿の量が減ったりしている場合はクラッシュ症候群の可能性があります。

クラッシュ症候群の改善方法は、血液透析や血漿交換

クラッシュ症候群の改善方法は、血液透析や血漿交換です。クラッシュ症候群の改善で大切なことは血液をきれいにすることなのです。クラッシュ症候群であるとわかった時点ですぐに人工透析をすることも大切です。

 

圧迫から解放された直後に応急処置としてできることは、点滴をして水分を補給することと血液の中の毒素を乳酸リンゲル液や酢酸リンゲル液を使って薄めることです。

 

クラッシュ症候群を予防するためには早く救助をすることが非常に大切ですが、むやみに助けて圧迫から解放することが良いとは限りません。

 

長い時間がれきなどの下敷きになっていたりすぐに助けることが難しい場合はクラッシュ症候群の可能性を考えて行動することが必要なのです。

クラッシュ症候群は正しい理解が非常に大切

クラッシュ症候群は正しい理解が非常に大切です。もしクラッシュ症候群の可能性がある現場に遭遇したときにはむやみにがれきをどかして助けるのではなく、119番しましょう。

 

救助隊が到着したら救助隊に指示を仰ぎ、与えられた指示のもとで救出活動を手伝うことが大切です。自分たちの力で救出した場合は病院に搬送する時に圧迫されていた時間や部位や挟んでいたものを伝えることも大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393