完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

肘部管症候群の鍼灸【湿布、ストレッチ、リハビリ方法の解説】

肘部管症候群の原因、対処法について詳しくしりたい方

  • 急に小指が痺れた
  • 病院に行っても、メチコバールを処方され、様子見と言われた
  • 自分で対処法はあるのか?

 

こういった小指のしびれ、薬指半分のしびれに対してのお悩みについてお答え致します。

 

 

 

本ページの内容
  • 肘部管症候群について(肘部管の解説、原因)
  • 肘部管症候群の5つのケース
  • 肘部管症候群の対処(湿布、ストレッチ)について
  • 肘部管への鍼灸アプローチの説明
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

肘部管症候群について(肘部管の解説、原因)

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)とは、肘の内側にある肘部管の中で神経が圧迫されて、小指と薬指にしびれを感じている病的な状態です。

 

 

 

肘部管症候群の原因

  • 運動前のストレッチ不足
  • ラケットやクラブの不適切なスウィング
  • タオルを絞る、ドアのノブをまわすなどの手首を使う動作 
  • 変形性肘関節症
  • 靭帯の肥厚

尺骨神経の圧迫箇所は、おもに5ヶ所あります。

  1. 二の腕
  2. 肘(尺骨神経溝)
  3. 肘部管
  4. 尺骨管(ギオン管)

肘部管症候群の初期段階では、手の薬指と小指にしびれ感が出はじめます。尺骨神経の圧迫がながびくにつれ、麻痺が進行します。


手の筋肉がやせてきたり、手の指がまっすぐに伸びない鷲手変形が起こります。手の筋力が低下すると、握力は低下し、指をひらいたり閉じたりする運動ができなくなったりします。

肘部管症候群の4つのケース

肘部管症候群でいちばん多いしびれ方です。

1つ目は、小指球から小指、薬指の半分に違和感、しびれが感じているパターンです。しびれだけでなく、指の動かしづらさ、小指の筋肉がやせたりします。

①は当院で一番多いケースで、、尺骨神経障害の一般的な症状です。肘部管症候群が非常に考えらます。鍼灸は非常に有効です。

肘部管症候群が悪化したパターンです。

2つ目は、肘から小指球、小指、薬指の半分まで、ひろい範囲でしびれているパターンです。こちらの症状も、1つ目の同じく、肘~小指までのしびれ、鈍痛、筋肉のけいれんです。

いちばん考えられる原因は、肘部管症候群です。筋肉の圧迫によっておこる尺骨神経の症状です。骨と神経の摩擦(尺骨神経溝での圧迫)でもおきます。鍼灸は非常に有効です。

尺骨神経障害のなかでも治りがわるいパターン

3つめは脇のあたりから指まで違和感、しびれが出ているパターンです。このパターンは、頚椎ヘルニアなどで第8頚神経の興奮で発症することが多いです。

狭心症など心疾患のサインで起こることもあり注意が必要です。このパターンでは、脇にある神経の束を狙うことで回復するケースもあります。当院の鍼灸による回復率は10パーセントです。

胸郭出口症候群からくる尺骨神経障害

4つ目は、肩の痛みと尺骨神経の症状が併発しているパターンです。非常に珍しいパターンで、当院も数例しかありません。肩甲下筋、上腕三頭筋のつかいすぎで、神経を圧迫していることです。

胸郭出口症候群の鍼灸により、早期に回復する特徴があります。

肘部管症候群の対処(湿布、ストレッチ)について

整形外科でお勧めとされる処置は以下のとおりです。

  • 湿布
  • リハビリ
  • ストレッチ
  • メチコバール・リリカの処方

現実的に考えて、病院の処置だけでは難しい

肘部管による神経障害は、神経の圧迫が原因です。

 

消炎鎮痛剤を含んだ湿布では、圧迫を取り除くことはできません。

 

ストレッチは圧迫を強めてしまう可能性があるため、当院ではお勧めしておりません。

肘部管への鍼灸アプローチについて

肘部管症候群と鍼灸の相性は非常に良く、私の施術経験でも早期に回復する症状です。

 

施術ポイントは2つあります。

 

 

神経の根元と枝、両方の回復を図る

施術ポイント

  1. 第8頸神経の興奮を鎮静化させる
  2. 肘部管をつくる筋肉を元にもどす
第8頸神経アプローチ

尺骨神経は第8頚神経から出ており、影響をうけることでしびれ、神経痛を発症します。

この神経の興奮を鎮静化させることで、神経痛やしびれを落ち着かせます。

肘部管のトリガーポイント鍼灸

肘部管は3つの筋肉で構成されています。

肘部管を構成する筋肉

  1. 尺側手根屈筋
  2. 浅指屈筋
  3. 深指屈筋

この3つの筋肉が固まることで尺骨神経が圧迫され、小指と薬指半分にしびれを感じさせます。

この状況を正常化するため、肘部管のトリガーポイント鍼灸を行います。

 

 

 

ギオン管から起きた痺れは靭帯の問題が多く、靭帯の緊張をやわらげる鍼灸を行います。

 

下の動画は正中神経のアプローチですが、ご参考くださいませ。

肘部管症候群の鍼灸を受けると、特徴的な治り方がみられます。

  1. 薬指→小指の腹→小指と順にしびれが消えていくタイプ
  2. しびれが、全体的にゆっくり薄くなっていくタイプ

 

※まれに最終的に小指の末端だけしびれが残ることがあります。しかし、生活上支障がないレベルまで落ち着きます。

まとめ:手術する前に鍼灸を試してほしい

本ページをまとめます。

 

  • 肘部管は3つの筋肉の間の通り道である。
  • 肘部管に圧迫された尺骨神経の重症度によって症状が違う。
  • 肘部管症候群は、湿布、ストレッチは適さない。
  • 神経の圧迫を開放するには、トリガーポイント鍼灸で一番効率的。

当院は肘部管症候群のアプローチ件数は数百件は超えています。

様々なケースに対応してきておりますのでご安心くださいませ。

 

施術例を公開しております。ぜひご覧下さい。

20代女性の肘部管症候群の鍼灸回復ブログ

60代男性の鷲手(尺骨神経麻痺)の鍼灸回復ブログ

 

手術をする前に、勇気を出して経験豊富な院長によるトリガーポイント鍼灸を受けてみませんか?

 

お力になれるよう対応致します。

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393