ヤング・シンプソン症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月23日

更新日:2021年 11月12日

本日はヤング・シンプソン症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ヤング・シンプソン症候群とは
  • ヤング・シンプソン症候群の原因
  • ヤング・シンプソン症候群の症状
  • ヤング・シンプソン症候群の改善方法
  • ヤング・シンプソン症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ヤング・シンプソン症候群は、生まれた時から色々な症状が現れる

ヤング・シンプソン症候群は、生まれた時からいろいろな症状が現れる先天異常疾患です。精神発達の遅れや眼の症状、内反足、内分泌異常、外性器異常、など様々な症状が現れることが特徴です。

 

生まれてすぐに症状が現れることも多いため、長い間ずっと付き合っていくことが必要な病気です。ヤング・シンプソン症候群のほとんどは、突然変異によって起こります。

ヤング・シンプソン症候群は、突然変異がほとんど

ヤング・シンプソン症候群の原因は、突然変異です。ヒストンアセチル化酵素KAT6Bの異常によって起こります。

 

遺伝性の疾患ですが、親から子に遺伝することはあまりありません。ヤング・シンプソン症候群は突然変異によって起こることがほとんどなのです。

ヤング・シンプソン症候群では、呼吸障害や哺乳障害が現れる

ヤング・シンプソン症候群では、新生児期に軽い程度の呼吸障害や哺乳障害が現れます。哺乳力が弱かったり鼻からミルクが出ることが多かったりする症状が現れ、体幹の強い反り返りが現れるため、母乳をあげることが難しいことも多いです。

 

瞼裂が狭いことによって、新生児期には目は開けることがほとんどないという特徴もあります。弱視や難聴はが起きることも多いです。

 

他にも、てんかんや甲状腺機能の低下、内反足、中度から重度の精神発達の遅れなど様々な症状が現れます。

ヤング・シンプソン症候群の改善には、症状に合わせての対処

ヤング・シンプソン症候群を改善するためには、症状に合わせて対処をすることが大事です。

 

内反足の対処としては、固定をしたり手術をしたりする方法があります。心奇形の場合も手術が必要になることもあります。

 

様々な眼の症状も現れるため、眼科的な評価は必ず必要です。鼻涙管閉塞に対して処置をしたり、屈折異常に対して眼鏡を使ったりすることも必要になります。

 

甲状腺機能低下症に対して甲状腺ホルモンを投与したり、難聴に対して補聴器を使ったりすることも多いです。

 

ヤング・シンプソン症候群は、日常生活を送りやすくするために生涯にわたって様々な改善方法で対応していくことが大事なのです。

個人の発達レベルや体力などを考えて生活をする

ヤング・シンプソン症候群では、定期的に病院に行くことが大切です。さらに早い段階から様々ないリハビリテーションが必要になることもあります。

 

症状の程度や現れる症状は色々あるため、個人の発達レベルや体力などを考えて生活をしていくことが非常に大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393