ムンプス難聴の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月23日

更新日:2021年 11月 2日

本日はムンプス難聴について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ムンプス難聴とは
  • ムンプス難聴の原因
  • ムンプス難聴の判断方法
  • ムンプス難聴の改善方法
  • ムンプス難聴の症状
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ムンプス難聴は、おたふくかぜの大きな合併症の一つ

ムンプス難聴は、おたふくかぜの大きな合併症の一つです。ムンプス難聴を発症すると片方の聴力がなくなってしまいます。

 

おたふく風邪を引き起こすウイルスがムンプスウイルスという名前であることからムンプス難聴という名前がついています。

ムンプス難聴の原因は、ムンプスウイルスに感染すること

ムンプス難聴の原因は、ムンプスウイルスに感染することです。おたふくかぜを発症することでムンプス難聴を引き起こす可能性があります。

 

おたふくかぜを発症するのは主に子供なため、ムンプス難聴を発症するのも主に子供です。おたふくかぜのほとんどは約10日で自然に改善し、特に後遺症はありません。

 

しかし、稀にムンプス難聴を引き起こすことがあるのです。耳下腺の腫れの強さと難聴は関係がなく、耳下腺が腫れない不顕性感染でも難聴起きることもあります。日本では1年で約数百人の子供がムンプス難聴を発症していると言われています。

ムンプス難聴の症状は、片方の耳に急な難聴が起きること

ムンプス難聴の症状は、発熱し、両側の耳下腺が腫れたあと18日以内に、片方の耳に急な難聴が起きることです。難聴の度合いは非常に高いことが多いです。耳鳴りやめまいが起きることもあります。

 

幼少児がムンプスウイルスを発症した場合、症状を適切に伝えることができません。そのため、難聴に気がつくことができないこともあります。その場合は、いつの間にか聴力がなくなっているというようなことが起こります。

ムンプス難聴の改善方法はない
 

ムンプス難聴の改善方法はありません。

 

ムンプス難聴を改善するためには一般的にステロイドを使います。しかし、聴力の改善はあまり期待できません。

 

ムンプス難聴は、片耳の聴力を失うため、聴力を失っていないもう片方の耳の聴力を大切にすることも大切です。片方の耳が正しい聴力を保つことができている場合は、日常生活は問題なく送ることができます。

 

そのため、難聴を発症した際に利用する補聴器や人工内耳などは必要ありません。

ムンプス難聴の予防法はワクチン摂取

ムンプス難聴を予防するためにはムンプスウイルスに感染しないようにすることが必要です。

 

おたふくかぜのワクチンを摂取することでムンプス難聴を防ぐことができます。ワクチンは1歳から接種することができます。 1歳になったら摂取することをおすすめします。

 

おたふくかぜのワクチンの摂取はしっかりと免疫をつけるためには、2回の摂取が推奨されています。1回接種した後、2~6年後に2回目を接種すると良いでしょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393