特発性門脈圧亢進症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  4月 2日

更新日:2022年  4月22日

本日は特発性門脈圧亢進症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 特発性門脈圧亢進症とは
  • 特発性門脈圧亢進症の原因
  • 特発性門脈圧亢進症の症状
  • 特発性門脈圧亢進症の改善方法
  • 特発性門脈圧亢進症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

肝臓や門脈に特別な病変がなく門脈の圧が上がる病気

特発性門脈圧亢進症は、肝臓や門脈に特別な病変がなく門脈の圧が上がる病気です。門脈の圧が上がるため、食道静脈瘤ができたり脾臓が腫大したり貧血が現れたりします。

 

特発性門脈圧亢進症の原因は詳しくはわかっていませんが、発症する人は男性よりも女性の方が多いということがわかっています。女性は男性の約2.4倍多いと言われています。発症する年齢のピークとなるのは、40~50歳代です。

 

特発性門脈圧亢進症は、日本の方が欧米より少し多い傾向があります。さらに、日本の中でも都会よりも農村に多い傾向があります。

何らかの自己免疫異常が関係していると考えられている

特発性門脈圧亢進症の詳しい原因は明らかになっていません。今考えられていることとしては、何らかの自己免疫異常が関係しているということです。

 

これは、特発性門脈圧亢進症を発症する人が中年女性に多く、血液を調べた時に免疫異常が認められることがあることから考えられていることです。

 

遺伝するかどうかについて明らかなデータはありません。しかし、一般的に自己免疫異常が関係する病気は家系の中に多く発症しているという傾向はあります。そのため、遺伝子の異常が関係している可能性もあります。

 

最近の研究では、特発性門脈圧亢進症を発症している人の血液の中の一部のリンパ球の働きに異常があることがわかっています。このような免疫の異常に関係する研究が行われているため、今後の明らかになることに期待できます。

症状は、脾臓の肥大や腹水、貧血、静脈瘤の発生など

特発性門脈圧亢進症の症状は、脾臓の肥大や腹水、貧血、静脈瘤の発生などです。脾臓の肥大や腹水は、門脈圧が上がることによって起こります。

 

静脈瘤は、門脈圧が上がることによって、門脈血の一部が肝臓ではない方向に逃げるようになり、新しい血液が流通する側副血行路という経路ができることで起こります。

 

側副血行路のために腹壁の静脈が怒張したり食道や胃に静脈瘤ができるのです。

 

貧血は、脾臓が大きくなることで脾機能が過剰に働くようになり起こります。血小板も少なくなり、出血が起こった場合血液が止まりにくいという状態になります。

 

静脈瘤の圧が上がると、静脈の血管が上がった圧に耐えることができなくなることもあります。圧に耐えることができなくなると、破裂したり出血したりし、吐血や下血などの症状が現れます。

食道胃静脈瘤からの出血をコントロールできれば、経過は良好

静脈瘤が出血した場合は、出血を止める方法として薬やバルーンタンポナーデ法があります。内視鏡を使った方法や手術も行うことがあります。

 

脾機能が過剰になった場合で、血球の減少が高度な場合は、部分脾動脈塞栓術や脾摘術を行うこともあります。

 

発性門脈圧亢進症では、一般的に肝機能は正常な状態であることが多いです。そのため、食道胃静脈瘤からの出血をコントロールすることができれば、経過は良好であるとされています。

特発性門脈圧亢進症の改善では、食道胃静脈瘤と貧血に対して行う

特発性門脈圧亢進症の改善では、食道胃静脈瘤と貧血に対して行います。食道胃静脈瘤は門脈の圧が過剰になることによって起こる症状で、貧血は脾機能が過剰になることによって起こる症状です。

 

静脈瘤が出血した時は、そのまま放っておくと出血でショック状態になり、場合によっては命に危険が及ぶこともあります。そのため、静脈瘤が出血した場合はすぐに最寄りの病院に行くことが大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393