血管性認知症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  12月 2日

更新日:2021年  12月22日

本日はアルコール性認知症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • アルコール性認知症とは
  • アルコール性認知症の原因
  • アルコール性認知症の症状
  • アルコール性認知症の改善方法
  • アルコール性認知症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

アルコール性認知症は、多量のアルコールを飲み続けて起こる認知症

アルコール性認知症は、たくさんの量のアルコールを飲み続けたことによって脳梗塞などの脳血管障害やビタミンB1欠乏による栄養障害などが起きて発症する認知症です。

 

たくさんの量のアルコールを飲み続けることで脳梗塞などの脳血管障害やビタミンB1欠乏による栄養障害などに繋がりますが、たくさんの量のアルコールを飲むこと自体も脳の委縮の原因となると考えられています。

 

アルコール性認知症は高齢者だけではなく若い世代でも見られる認知症です。

アルコール性認知症の原因は、多量のアルコールを飲み続けること

アルコール性認知症の原因は、たくさんの量のアルコールを飲み続けることです。

 

アルコールの飲み過ぎによって脳梗塞などの脳血管障害やビタミンB1欠乏による栄養障害などが起き、アルコール性認知症を発症するのです。

 

たくさんの量のアルコールを飲みすぎること自体も脳の萎縮に影響すると考えられていおり、たくさんの量のアルコールを飲みすぎることで脳が萎縮することも原因となると言われています。

アルコール性認知症の症状は、記憶障害や見当識障害など

アルコール性認知症の症状は、記憶障害や見当識障害などです。物忘れが激しくなったり周りの状況が理解出来なくなったりするのです。今さっき起こったことも覚えられなくなり、時間や場所もわからなくなります。

 

作話が現れることも多いです。作話は、嘘をつこうとしているわけではなく、記憶障害が起こることによって、覚えているものを繋いで忘れてしまった部分を埋めようとするために起こることです。

アルコール性認知症の改善方法は、禁酒と生活習慣の改善

アルコール性認知症の改善方法は、禁酒と生活習慣の改善です。

 

長い期間アルコールをたくさん摂取する生活を続ければ続けるほど脳の委縮が進むと考えられているため、早くアルコールの大量摂取を止めることが大事です。

 

ストレスはアルコールの大量摂取につながりやすい大きな要因です。そのため、ストレス発散のためにお酒を飲むことはやめ、他のストレスを発散する方法を見つけることも大事です。

普段からアルコールをたくさん飲んでいる場合は注意をする

アルツハイマー型認知症の場合物忘れが少しずつ進んでいきますが、アルコール型認知症の場合は急に激しい物忘れが現れることも多いです。

 

普段からアルコールをたくさん飲んでいる場合は注意をすることが大事です。日本酒なら1合、ビールなら大びん1本、ワインならグラス1杯が適量であると言われています。お酒を飲む時は適量にすることを心がけましょう。

 

肝臓を休ませる休肝日を作ることもお勧めです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393