大腸憩室炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年   6月 3日

更新日:2022年   6月16日

本日は大腸憩室炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 大腸憩室炎とは
  • 大腸憩室炎の原因
  • 大腸憩室炎の症状
  • 大腸憩室炎の改善方法
  • 大腸憩室炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

大腸憩室炎は、大腸憩室で炎症が起きている状態

大腸憩室炎は、大腸憩室で炎症が起きている状態のことです。大腸憩室は、腸管の外側に向かって風船のように飛び出した大腸の壁の一部分のことでほとんどの場合、後天性であると考えられています。

 

大腸の壁の強さと腸管内の圧力のバランスが崩れることによって大腸憩室が後天的に発生すると考えられています。

 

大腸憩室があっても特に症状は現れませんが、大腸憩室が細菌に感染したりすることで炎症を起こし、症状が現れます。

 

日本人は多くの場合、大腸の中でも右側の結腸に発生すると言われています。年齢が上がると、左側の結腸にも発生が見られる確率が高くなります。

大腸憩室炎の原因は、大腸憩室炎の中で細菌が繁殖すること

大腸憩室炎の原因は、大腸憩室炎の中で細菌が繁殖することです。大腸憩室炎の中で細菌が繁殖すると炎症が起こり、症状が現れるのです。細菌が大腸憩室の中で繁殖する要因は、便が入り込むことなどです。

 

大腸憩室の発生は先天的なこともありますが、多くは後天的に発生します。後天的に大腸憩室が発生する要因は、食生活や加齢によって大腸が衰えることであると考えられています。

 

特に食生活は発生に深く関係しているとされており、食物繊維が少なく肉が多い食事は大腸憩室が発生しやすくなると言われています。これは、食物繊維が少ないと便秘のリスクが高まるためです。

 

便を出す時にふんばると、大腸の中の圧力が高まり腸管の壁の弱い部分が押し出され、大腸憩室が発生するとされています。

 

さらに、遺伝や体質、人種も関係していると言われており、いろいろな要因が関係して発生すると言われています。

大腸憩室炎の症状は、下腹部の痛みや下痢、便秘

大腸憩室炎の症状は、下腹部の痛みや下痢、便秘です。軽い発熱が現れることもあります。

 

症状が進み悪くなると、大腸憩室が破裂して小腸や子宮、膀胱などの臓器との間が穴でつながってしまうケースもあります。穴ができる場所で多い場所は、大腸と膀胱の間です。

 

大腸と膀胱の間に穴ができると、腸内の細菌が膀胱にも入り込み、尿路感染症にもつながります。

 

場合によっては、大腸憩室の動脈が破れ大量出血が起こったり腹膜炎が起こったりすることもあります。

軽い場合は、安静にして抗菌薬を使い、絶食などの食事管理を行う

大腸憩室の改善方法は、炎症の程度によって違います。程度が軽い場合は、安静にして抗菌薬を使い、絶食などの食事管理を行うことで改善することがほとんどです。

 

薬で改善が見られない場合や程度が重い場合は、手術を行います。腸管の破れている部分を手術で取り除き、周りの正常な部分とつなぎ合わせることで改善するのです。

 

炎症がひどい場合などでは、すぐにつなぎ合わせられないこともあります。そのような場合は一時的に人工肛門をつくり、その後つなぎ合わせる手術を行うこともあります。

 

大腸憩室と他の臓器が穴でつながっていて、周りの臓器にも影響が現れている場合は周りの臓器に現れている症状に対しても改善を行うことが必要です。

食物繊維を多く含む食べ物を積極的に食べる

大腸憩室炎を予防するためには、大腸憩室ができないように心がけることが大事です。

 

食物繊維が少なく動物性のタンパク質や脂肪が多い食事は大腸憩室が発生するリスクを高めるといわれています。そのため、大腸憩室ができないようにするためには、食物繊維を多く含む食べ物を積極的に食べることが大事です。

 

大腸憩室炎を発症し改善した後も、食物繊維を多く含む食べ物を積極的に食べることで再発の予防につながるため、食生活を改善することも非常に大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393