巨大動静脈奇形の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  10月11日

更新日:2021年  11月22日

本日は巨大動静脈奇形について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 巨大動静脈奇形とは
  • 巨大動静脈奇形の原因
  • 巨大動静脈奇形の症状
  • 巨大動静脈奇形の改善方法
  • 巨大動静脈奇形のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

巨大動静脈奇形は、シャントという現象が広い範囲に起きる病気

巨大動静脈奇形は、動脈を流れる血液が静脈の方にすり抜けるシャントという現象が早い流れで広い範囲に起きる病気です。

 

胎児の時、血管が作られる過程で、動脈と静脈の間に異常なつながりができてしまう病気を動静脈奇形といい、動静脈奇形では体のいろいろな部位にシャントが起きる可能性があります。

 

巨大動静脈奇形では、シャントが広い範囲に起きるのです。中でも頚部顔面や四肢に起きると、色々な症状や機能障害が起き、日常生活に非常に大きな影響を与えます。場合によっては命に危険が及ぶ可能性もあります。

 

巨大動静脈奇形は、男性でも女性でも同じくらいの割合で発症する可能性があります。

巨大動静脈奇形の原因は、血管の形成や成熟過程の異常

巨大動静脈奇形の原因は、胎児の時に起こる血管の形成や成熟過程の異常であると考えられています。この血管の形成や成熟過程の異常は偶然起きると言われていますが、詳しい原因については明らかになっていません。

 

基本的に巨大動静脈奇形は遺伝しません。ただし、家族の中で同じ病気を発症しているケースも非常に珍しいケースとして存在します。

シャントの血流が増えると、拍動や膨らみがわかりやすくなる

巨大動静脈奇形の初めの段階の症状は、赤味や温感です。あまり目立った症状が現れないこともあります。

 

シャントの血流が増えると、だんだんと拍動や膨らみがはっきりとわかりやすくなっていきます。皮膚や粘膜や軟部組織が、長い期間シャント血流での血行障害が起きると、少しずつ色調が悪くなったり痛みが起きたりします。

 

さらに、症状が進むと皮膚の潰瘍や皮膚の壊死が起こります。病状が進んでいる時、大量に血が出たり感染が起きたりすることもあります。

 

シャント血流が急に増えた場合は心臓に大きな負荷がかかります。そのため、心不全が起き、命に関わる可能性もあります。

 

特に頚部顔面の巨大動静脈奇形の場合、咬んだり飲み込んだり、喋ったりまばたきをしたりする動作が行いにくくなったり、鼻出血が起こったり、視力や聴力に障害が起こったり、平衡感覚障害が起こったり、呼吸困難が起こったりします。

 

四肢の場合は、疼痛が続いたり筋肉の萎縮や関節や骨の変形な度によって運動機能障害が起きたりします。運動機能障害が進むと運動機能を失ってしまうこともあります。

 

骨盤部に病変が起こった場合は、生殖機能の障害や下血や血尿など症状が現れることもあります。

巨大動静脈奇形の改善方法は、圧迫することや薬、手術など

巨大動静脈奇形の改善方法は、弾性ストッキングや包帯によって圧迫することです。しかし、圧迫をすることで疼痛が悪くなることもあるため、長い時間圧迫を続けることはできません。

 

疼痛や感染などの症状に対しては、鎮痛剤や抗菌薬などを使って改善を行うこともあります。場合によっては手術を行うこともあります。外

 

巨大動静脈奇形では、病変が主要な血管や神経を巻き込んでいることも多いため、手術を行うときも大量出血や神経損傷による機能障害がおこるリスクを考えることが必要になります。

症状の悪化要因

巨大動静脈奇形は生まれつき現れる病気です。しかし、生まれた時に必ずはっきりと現れるわけではありません。幼少期に現れ、学童期から思春期にかけて成長していくときに症状が進むことも多いです。

 

症状の進む程度やスピードは人によって様々です。しかし、ホルモンの変化や外傷、手術などで悪くなることも多いです。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393