急性胃粘膜障害の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 6月 2日

更新日:2022年 7月 3日

本日は急性胃粘膜障害について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 急性胃粘膜障害とは
  • 急性胃粘膜障害の原因
  • 急性胃粘膜障害の症状
  • 急性胃粘膜障害の改善方法
  • 急性胃粘膜障害のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

急性胃炎と急性潰瘍が見られる場合、急性胃粘膜障害

急性胃粘膜障害は、色々な原因で胃の粘膜が急激に傷つけられ、急性胃炎が起こったり潰瘍ができたりする病気です。

 

みぞおちのあたりに急激な痛みなどがあって調べた時、胃の粘膜に異常があり、急性胃炎と急性潰瘍が見られる場合、急性胃粘膜障害と言われます。

急性胃粘膜障害の原因は、ストレスやアルコールやコーヒーなど

急性胃粘膜障害の原因は、ストレスやアルコールやコーヒー、非ステロイド性抗炎症薬や低用量アスピリン、寄生虫、細菌、アレルギーなどです。

 

抗がん剤を使ったことや放射線で病気の改善を行なったこと、ピロリ菌などの感染症に感染したこと、全身の病気を発症したことなどが関係していることもあります。

 

ストレス刺激が加わると脳から胃酸の分泌を促す信号が送られ、胃の運動が活発になります。すると、胃粘膜の血流や粘膜保護作用が減り、粘膜が傷ついて発症すると言われています。

急性胃粘膜障害の症状は、みぞおちあたりの痛みや胃部膨満感

急性胃粘膜障害の症状は、みぞおちあたりの痛みや胃部膨満感、悪心、嘔吐、吐血や下血、黒色便などです。

 

内視鏡を使って、胃の粘膜の状態を見ると、不整形や地図状のびらんや潰瘍が見られます。炎症や出血が見られることもあります。

急性胃粘膜障害の改善で大事なことは、原因を取り除くこと

急性胃粘膜障害の改善で大事なことは、原因を取り除くことです。

 

ストレスが原因の場合は、ストレスがなぜ起きているのかを確認しできるだけ取り除くことができるように心がけましょう。病気が原因の場合は原因となっている病気の改善を行うことが必要です。

 

合わせて、胃酸の分泌を抑えるための薬や、胃の粘膜を保護するための薬などを使って症状の改善に取り組みます。

胃の粘膜障害による出血性の病気の総称

急性胃粘膜障害は、胃の粘膜障害による出血性の病気をまとめた呼び方です。

 

胃の粘膜障害による出血性の病気には、出血性びらんや急性出血性胃炎、急性潰瘍などがあります。このような病気と病気の特徴や改善方法が似ていることからまとめて考えられるようになりました。

急性胃粘膜障害に効果的なツボ

・天枢

公孫

合谷

天枢

天枢は、消化器系や泌尿器系の機能の働きを活発にするため、胃もたれや消化不良、便秘や下痢などに効果を発揮します。

 

そのため、急性胃粘膜障害で現れる症状を軽くする効果が期待できます。食べすぎた時や飲みすぎた時にもおすすめのツボです。胃の不調を感じた時に刺激をしてみると良いでしょう。

公孫

公孫は、消化器系の不調に有効なツボです。嘔吐や胃のむかつき、胃の痛みや食欲不振などに対してよく使われます。

 

そのため、急性胃粘膜障害によって症状が現れている時に刺激をすることで、症状を和らげることに役に立つと考えることができます。

合谷

合谷は、非常に色々な効果があるツボで、効果の中には下痢や嘔吐、腹痛なども含まれています。

 

さらに、合谷は自律神経を整える効果もあります。急性胃粘膜障害は、ストレスが原因になって発症することもあります。

 

自律神経を整えることはストレスを和らげ気持ちを落ち着かせることにもつながるため、刺激をすることで、原因のストレスの改善にも役立ちます。

ツボの位置と押し方

天枢

天枢は左右両側にあるツボで、へそから指3本分外に向かって右と左に進んだところにあります。

 

押すときは、強く押しすぎないように注意して弱めの力で押します。呼吸に合わせて押しましょう。

公孫

公孫は足にあるツボです。足の親指の内側にある出っ張っている骨の際のくぼみから親指1本分足首に向かって進んだ場所にあります。

 

押すときは親指の腹を使います。 食欲不振の人は左右どちらかのツボにしこりがあるため、しこりのある側を約3~5秒、5~10回押すことで、食欲の改善が期待できます。

合谷

合谷は、親指と人差し指が分かれている部分にあるくぼんでいる場所にあります。

 

爪を立てないように気をつけて押しましょう。押す時に大事なことは、ゆっくり押してゆっくり離すことです。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393