ニキビ痕の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 8月20日

更新日:2021年 9月 9日

本日はニキビ痕について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ニキビ痕とは
  • ニキビ痕の原因
  • ニキビ痕の症状
  • ニキビ痕の改善方法
  • ニキビ痕の予防
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ニキビ痕は、ニキビが改善した後に残る色素沈着やでこぼこ

ニキビ痕は、ニキビが改善した後に残る色素沈着や肌のでこぼこです。

 

ニキビができたあと、改善を行なっても適切な改善方法でない場合やニキビの炎症がひどい場合、ニキビが長引いてしまった場合などは、ニキビの跡が残ることがあるのです。

 

ニキビ跡ができてしまうと、自分の力で改善することは難しいです。病院や美容皮膚科などで改善を行うことが必要になります。

ニキビ痕の原因はメラニンとニキビを潰してしまうこと

ニキビ痕の原因はメラニンとニキビを潰してしまうことです。

 

炎症によってメラノサイトが刺激されメラニンが作られると、ニキビの赤みが茶色くなります。茶色くなったニキビの赤みが色素沈着するとニキビ痕が残ります。

 

健康な肌は一定のサイクルで肌が生まれ変わっていますが、ニキビができると肌が正常なサイクルで生まれ変わることができず、古い角質が残りメラニンが分解されて出ていかなくなってしまうため色素沈着を起こすのです。

ニキビを潰した時肌の表面が陥没してしまったり、ニキビの炎症がひどい時皮膚の真皮層が壊されてしまったりすることがあります。

 

健康な肌であれば一定のサイクルで生まれ変わっている肌がニキビができると肌が正常なサイクルで生まれ変わることができなくなるため肌の表面が陥没したり皮膚の真皮層が壊されてしまった後、完全に修復することができません。

 

そのため、クレーター状になって痕が残るのです。

ニキビ痕の症状は、茶色いシミや肌のでこぼこ

ニキビ痕の症状は、肌がくすんだり茶色いシミができたりでこぼこができたりすることです。

 

ニキビの炎症が長引くと肌がくすんだり茶色いシミができたりします。炎症がひどくなり真皮層の組織まで壊されると、肌が均一に再生できずでこぼこができてしまうのです。

ニキビ痕の改善方法は非常にたくさんの方法がある

ニキビ痕の改善方法は非常にたくさんの方法があります。薬やダーマペンや水光注射、マッサージピールや美白点滴、鍼灸など非常に多くの方法があります。費用やダウンタイム、自分の肌質などを考えて選ぶと良いでしょう。

 

薬では、シナールやユベラ、ハイチオール、トランサミンを使って改善を行います。薬による改善は色素沈着を起こしている場合に有効で、クレーターになっているニキビ痕の場合、薬での効果はあまり期待できません。

 

同じく色素沈着になっている場合はマッサージピールと美白点滴もお勧めです。

クレーターになっている場合も色素沈着している場合も効果が期待できる方法は、ダーマペンと水光注射、鍼灸です。

 

ダーマペンとは肌に小さな穴を開けることで元々肌が持っている自然に改善する力を発揮させ肌が生まれ変わるように促す方法です。鍼灸も同じく、肌の生まれ変わりのスピードを早くすることで肌自体が再生するのです。

肌に色素が定着しないように対策をすることが非常に大切

ニキビができたときは、肌に色素が定着しないように対策をすることが非常に大切です。色素沈着を防ぐことでニキビ痕の予防にもなります。

 

色素沈着は紫外線によって起こります。そのため、ニキビができた時は紫外線対策をしっかり行うことが必要です。なるべく肌に負担のかからない日焼け止めを塗ったり、UVカット効果のある帽子を使ったり日傘を使ったりすることがお勧めです。

 

美白効果のあるビタミンC誘導体配合の化粧水を使うことやビタミンCのサプリを摂取することもニキビ痕予防に効果があります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393