播種性血管内凝固症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  6月11日

更新日:2022年  6月12日

本日は播種性血管内凝固症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 播種性血管内凝固症候群とは
  • 播種性血管内凝固症候群の原因
  • 播種性血管内凝固症候群の症状
  • 播種性血管内凝固症候群の改善方法
  • 播種性血管内凝固症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

病気がきっかけで血栓ができたり過剰な出血が見られたりする合併症

播種性血管内凝固症候群は、外傷やがん、急性白血病、重度の細菌の感染症などの病気がきっかけで全身の細い血管に血栓ができたり過剰な出血が見られたりする合併症です。

 

播種性血管内凝固症候群では、血栓ができることで血管が詰まりやすくなるため、脳や腎臓や肺などに問題が起きてしまいます。

 

さらに、出血しやすい状態になり、出血が止まりにくくなるため、大量出血にもつながります。

播種性血管内凝固症候群の原因は、病気や外傷

播種性血管内凝固症候群の原因は、病気や外傷です。原因となる主な病気は、敗血症などの感染症やがん、急性白血病です。

 

がんなどの悪性腫瘍が原因になることもあります。がんなどの悪性腫瘍が原因となる場合は抗がん剤や放射線が関係していると言われています。

 

他にも、胎盤剥離や肝炎、膵炎、やけどや凍傷、怪我などが原因になることもあります。さらに、手術を行うことが原因となって発症することもあります。

播種性血管内凝固症候群では、全身に出血症状が現れる

播種性血管内凝固症候群では、全身に出血症状が現れます。血尿や吐血、下血などの症状が現れるのです。血が出やすい状態で、血が止まりにくい状態になります。

 

播種性血管内凝固症候群では全身の細い血管に血栓もできます。そのため、血管が詰まったり血流の流れが悪くなったりすることもあります。血管の詰まりや血流の悪さが多臓器不全に繋がり、命に関わることもあります。

 

播種性血管内凝固症候群の症状の特徴には、皮膚に紫色の斑点が現れることも挙げられます。

発症の原因となった病気や外傷を特定し、原因を早く改善する

播種性血管内凝固症候群の改善で大事なことは、発症の原因となった病気や外傷を特定し、原因を早く改善することです。そのため、発症している病気に応じて、抗がん剤や抗白血病剤、抗生物質などを使って改善を行います。

 

しかし、播種性血管内凝固症候群の原因となる病気は、すぐに改善する病気ではありません。

 

そのため、その時の状態をきちんと見極めて、血を固まりにくくすることを目的にヘパリンやシル酸ガベキサートなどを使ったり、出血しにくくすることを目的にアンチトロンビン濃縮製剤などを使ったりすることもあります。

 

最近ではトロンボモジュリン製剤と呼ばれる遺伝子組換え薬を使うことも増えています。場合によっては手術を行うこともあります。

播種性血管内凝固症候群を防ぐには、原因となる病気の予防が大事

播種性血管内凝固症候群を防ぐためには、原因となる病気の予防が大事です。手洗いやうがいなどをきちんとすることや、感染症のワクチンを受けることが大事です。

 

播種性血管内凝固症候群を発症し、改善に取り組んだ後は、再発を防ぐために通院が進められています。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393