嚢胞様黄斑浮腫について【原因・症状・鍼灸の効果】

公開日:2020年2月5日

更新日:2020年6月26日

本日は嚢胞様黄斑浮腫について解説をさせて頂きます。

嚢胞様黄斑浮腫のことについて詳しくなりたい方

  • 嚢胞様黄斑浮腫ってなに?
  • 白内障の手術をしてからぼやけて見える。
  • どうすればいいのか?

 

こういった嚢胞様黄斑浮腫の基本的なことについて説明いたします。

 

○本ページの内容
  • 嚢胞様黄斑浮腫のことがわかる
  • 嚢胞様黄斑浮腫の症状がわかる
  • 嚢胞様黄斑浮腫の病院での対応がわかる

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

嚢胞様黄斑浮腫(のうほうようおうはんふしゅ)について

嚢胞様黄斑浮腫(のうほうようおうはんふしゅ)とは?

 

嚢胞様黄斑浮腫(のうほうようおうはんふしゅ)【CME】は、拡張した毛細血管からの

漏出がおこり、中心網膜(黄斑部)周辺に液体貯留をしてしまう病気です。

 

 

特徴的な浮腫

 

黄斑部に花びらのように見える浮腫です。

 

視力低下の原因

 

白内障手術後の不良な視力低下の最大の原因であると考えられています。

 

予後

 

発症後、4か月間未満の浮腫は急性の症状のひとつであり、自然に回復する傾向にあります。

 

しかしながら、持続的に視力低下をきたす場合があり、経過観察と患者さんのヒアリング大切である。

 

嚢胞様黄斑浮腫なぜ起きるのか?

 

正確な原因は不明であるが、主に白内障手術後の代表的な合併症の1つである。

 

 

だが、目の病気における早期発見が必要である代表的な疾患であり最も注意すべきものの1つ

である。

この病気は網膜の黄斑部がむくみ、視力に異変が起きる。

 

 

最悪の場合は視野の中心に歪みが残ることもある。

 

 

 

 

「黄斑浮腫は実は様々な病気から引き続いて起こることがある

 

  • 糖尿病網膜症、
  • 網膜静脈閉塞症に伴う眼底出血、
  • ぶどう膜炎などが原疾患の場合がある。

◎特に原疾患後の医師の指示による点眼や注意行為(飲酒等)を守らない場合や、糖尿病網膜症を有する場合に多いので、手術後安定するまでの間は決められた点眼を守り、注意事項を遵守し、検診も指示どおり受けることが必要である。

 

 

 

主に白内障手術後の代表的な合併症の1つであり、特に嚢胞様黄斑浮腫は白内障手術とIOL挿入後に頻繁にみられる。症例の70%までに生じ、大半の症例が介入なしで解消するが、2%程度の患者はある程度の視力喪失を経験すると考えられている。

 

未治療で放置すると、永久的な視力障害につながることもある。

 

嚢胞様黄斑浮腫の症状

 

黄斑部に液状の成分がたまり、浮腫(むくみ)が生じる病気である。

 

患者さんの症状
  • ぼやけて見える
  • ゆがんで見える
  • 物が暗く見える
  • 視野の中心が見づらくなる
  • 真ん中がかすんで見える

  • 人の顔や文字がゆがむ

 

 

また嚢胞様黄斑浮腫は稀に手術後しばらく経ってから、網膜の中心部分(黄斑部)が腫れ

てだんだん視力が落ちてしまうことがある。目の調子が良くても忘れずに点眼が必要であ

る。

 

 

病院での検査、対応、費用

 

蛍光眼底造影検査や網膜の断面を観察する検査(OCT)で黄斑部の病態を十分に把握して、最も有効と思われる治療法を選択する。ただ、いずれも網膜を元通りに回復させるような効力はなく、浮腫をひかせて現状を維持するということを目的にしている。

 

 

また、もともとの病態が慢性的な血管の傷みから浮腫を来していることが多いため、治療をしても何ヶ月かして再発してしまうこともあり、完全に浮腫がなくなるまでには相当根気よく治療継続が必要な疾患である。

 

それでも治療するのは、何もしなければ浮腫が続くことによって徐々に黄斑部の視細胞が傷み、最終的には不可逆的な視力障害を残してしまう。

神経は取り替え不可能であり、治療できる時期に出来るだけの治療をする。

 

 

患者さんのお考えなども伺いながら、ヒアリングを行い、最善のケアを考える必要がある。

 

 

検査

 

蛍光眼底造影検査や網膜の断面を観察する検査(OCT)

 

 

病院の対応

 

黄斑浮腫の治療として、現在、浮腫を早く引かせるさまざまな治療法が行なわれている。

主な対応

治療法(1):抗VEGF薬の注射

治療法(2):トリアムシノロンの注射

治療法(3):硝子体手術

治療法(4):浮腫全体への格子状凝固

その他の対応

 

 

【一般的な内服薬】

  • 循環改善剤(カルナクリン)
  • 血管拡張剤
  • プロスタグランディン阻害剤
  • 炭酸脱水素酵素阻害剤(ダイアモックス)

 

 

【点眼】

  • 炭酸脱水酵素阻害剤(トルソプトなど)
  • 非ステロイド性消炎剤(ジクロード点眼液、ニフラン点眼液)
  • 点滴としてプロスタグランディン阻害剤
  • 血小板凝集阻害剤

 

 

他にも星状神経節ブロック、高圧酸素療法、汎網膜光凝固術、黄斑部の格子状光凝固なども行われる。

 

 

 

これらは、いずれも結果的に黄斑部の「血流」の改善を促すものである。もうひと

つ、積極的な方法としてぶどう膜炎ではテノン嚢内にステロイド(ケナコルト)の注射を

行うことも有る。

 

 

 

視力上昇の期待

 

昨今では、硝子体の牽引がその発生に関与している場合には、硝子体手術によって硝子体からの網膜黄斑部への直接的な牽引の除去、硝子体中の炎症物質の除去、内境界膜の除去、硝子体への直接的薬物の投与(トリアムシノロン、ネオバスチン)、網膜への直接的酸素供給により黄斑浮腫の軽減および視力上昇が期待できるようになった。

 

黄斑浮腫は、これまで治療の効果が期待しにくい疾患でしたが、硝子体手術を受けた場合

などでは浮腫消失期間が短くなっている。

ステロイド・非ステロイド

 

 

上記のように、手術後の嚢胞様黄斑浮腫管理には複数のステロイドおよび非ステロイド治

療の選択肢がある。主な薬剤はトリアムシノロン(ステロイド)薬を硝子体、または眼球

のすぐそばにあるテノン嚢下に注射する方法であった。

 

 

ただ、両社有効性にはばらつきがあるようであり、特にステロイド治療には安全上の問題

がある。(副作用によって眼圧が高くなり緑内障が発症、進行する。また眼球の感染症に注意が必要)

 

現在は「血管新生阻害薬」である抗VEGFの注射も注目されている。

 

 

 

硝子体内ベバシズマブ(アバスチン)の試験

 

嚢胞様黄斑浮腫のアバスチンの試験結果

 

白内障手術に続発したCMEであり、ステロイド薬とNSAIDによる過去の治療に反応しなかった患者12名を対象として、ベバシズマブの硝子体内注射を実施した。この試験では、過去の治療に無反応であることの定義は、初回の介入から1ヶ月にわたるCMEの持続とした。

 

黄斑厚が350 µmを超え、最高矯正視力が20/30未満である患者に1.25 mgの硝子体内注射

を実施した。

平均BCVAは、注入前の20/60から、注入から1週間後には平均20/30、1ヵ月後には20/25、3ヶ月後には20/20に改善していた。

黄斑の平均厚も改善しており、ベバシズマブ注入前の765 μmから、注入から1週間後には590 μm、1ヶ月後には371 μm、3ヶ月後には225 μmに改善していた。

12名全員が過去の治療後ではBCVAの改善が得られなかったが、ベバシズマブ治療から1週間以内には改善がみられた。

 

この所見から、抗VEGF治療は実際にCME解消の原因要素であるとの結論が支持される。CMEはベバシズマブの硝子体内注射で改善し、こうした改善は自然的な回復ではないと判断されたと記載がある。

治療は十分に忍容され、硝子体内ベバシズマブ注入に伴う有害作用は報告されていない。「白内障術後のCMEであり、ステロイドやNSAIDに反応しない場合は、ベバシズマブの硝子体注入が視力改善に有効な治療である」–— Bryan Bechtel

嚢胞様黄斑浮腫の病院での治療費

 

収入や保険によって差がある。一つ言えることは「高額」である。

※高額療養費制度を使う必要がある。

 

※高額療養費制度とは、治療による患者さんの経済的負担を減らすために、医療機関や薬局の窓口で支払った医療費の自己負担額が自己負担限度額(所得によって差がある)を超えた場合に、公的医療保険から払い戻しを受けられる制度である。

人によって自己負担限度額は月35400から月252600と所得によって差があります。

こちらのページもよく見られています!
梨状筋症候群の代表的な症状
美容鍼のメリット・デメリットの解説

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393