無毛症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 7月 3日

更新日:2021年 7月23日

本日は無毛症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 無毛症とは
  • 無毛症の原因
  • 無毛症の症状
  • 無毛症の改善方法
  • 無毛症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

無毛症は、先天的に毛が生えるべき場所に毛が生えない状態

無毛症は、本当は毛が生えるべき場所に生まれつきの要因で毛が生えない状態のことです。

 

脱毛症も毛が少なくなる状態のことです。しかし脱毛症は、1度毛が生えてきてからその後毛が少なくなります後天的な要因で毛が少なくなる状態が脱毛症なのです。

 

しかし、無毛症は生まれつき毛が生えてきません。無毛症の場合は先天的な原因で毛がはえない状態のことなのです。

無毛症は先天的に起こる

無毛症は先天的に起こります。無毛症の原因は、生まれた時からの遺伝子異常です。

 

無毛症には、いくつかの遺伝子が原因として関係しているといわれており、中でもHR遺伝子が無毛症と関係していると言われています。HR遺伝子は毛が育つ上でも大きな働きをしています。

 

無毛症は、両親両方が病気の保因者の場合、発症する可能性があります。さらに、毛だけではなく歯や爪などにも異常が現れる病気と関係して起こることもあります。

無毛症の症状は毛があるべき場所が完全に毛がない状態になること

無毛症の症状は、本当であれば毛があるべき場所が完全に毛がない状態になることです。生まれた時から毛髪がない場合も生まれた時は毛が生えた状態でも時間が経つにつれて毛がない状態になる場合もあります。

 

毛がない状態になる部分は毛髪だけの場合も全身の毛の場合もあります。無毛症は原因によって症状の現れ方や経過に非常に大きく差があります。

無毛症の改善方法は、基本的に現れている症状に対処すること

無毛症の改善方法は、基本的に現れている症状に対処することです。そのため、かつらを使うことなどが主な改善方法です。

 

毛に関係している症状が現れる原因にはいまだに明らかになっていないことが多いです。そのため、判断や改善を行う方法も確立はされていません。

 

これから判断や改善を行う方法についての研究が進んでいくことが期待されています。

無毛症と非常に似ている症状が現れる乏毛症

無毛症と非常に似ている症状が現れるものに乏毛症があります。乏毛症の原因も遺伝的なものです。症状は、生まれた時から髪の毛が少なく縮れた状態になることです。

 

乏毛症は非常に珍しい病気です。改善方法はいまだに確立されておらず、ずっと乏毛症に悩まされることになります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393