ファンコニ貧血の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 10月23日

更新日:2021年 10月28日

本日は、ファンコニ貧血について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ファンコニ貧血とは
  • ファンコニ貧血の原因
  • ファンコニ貧血の症状
  • ファンコニ貧血の改善方法
  • ファンコニ貧血のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ファンコニ貧血は、暴露を受けると染色体が切れやすくなる貧血

ファンコニ貧血は、蛋白の一部に障害があることによって薬や放射線などの暴露を受けると染色体が切れやすくなるという特徴のある貧血です。

 

ファンコニ貧血は遺伝性があるため、母親も父親もファンコニ貧血の遺伝子を持っている場合、子供は4分の1の確率で発症します。

 

ファンコニ貧血では、低身長や色素頓着などの様々な体の異常が起こります。合わせて起こりやすい病気には、再生不良性貧血や白血病や固形がんなどが考えられます。

 

発症の割合に男女の差はなく、男性も女性も同じくらい発症する可能性があります。

ファンコニ貧血の原因は、遺伝子の異常

ファンコニ貧血の原因は、遺伝子の異常で、遺伝します。

 

遺伝の形式は、FANCBの遺伝子の異常以外は常染色体劣性遺伝です。FANCBの遺伝子の異常の場合は、男性にのみ発症し保因者は母親です。

ファンコニ貧血の症状は、皮膚の色素沈着や低身長など

ファンコニ貧血の症状は、皮膚の色素沈着や低身長、耳や眼や手の親指や骨格の異常、内臓の先天性の奇形などです。ファンコニ貧血で現れる症状や症状の程度は人によって様々です。

 

個人差が非常に大きいため、体に現れる異常がほとんど見られないこともあります。一般的に6歳くらいになると血液の異常が現れることが多いですが、生まれてすぐに発症したり成人になってから発症したりすることもあります。

ファンコニ貧血の改善方法は、手術と輸血

ファンコニ貧血の改善方法は、手術と輸血です。体に現れる異常には、臓器によって専門の医者と連携のもと、手術を行うのです。

 

造血障害の改善方法としては、貧血に対しては赤血球輸血を行い、血小板減少に対しては血小板輸血を行い、白血球減少に対しては白血球を増やすホルモンや造血因子の投与を行います。しかし、輸血などの方法で行う改善の効果は一時的です。

ファンコニ貧血から固形がんを発症してしまうこともある

ファンコニ貧血から固形がんを発症してしまうこともあります。固形がんは改善が非常に難しいため、早く発見して手術などで早く取る除くことが大事です。

 

特にがんができやすい頭頸部や食道、肝臓、婦人生殖器などは定期的に病院で調べることをお勧めします。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393