唾石症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 8月23日

更新日:2021年 8月25日

本日は唾石症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 唾石症とは
  • 唾石症の原因
  • 唾石症の症状
  • 唾石症の改善方法
  • 唾石症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

唾石症は、唾液腺の中や導管の中に石ができる病気

唾石症は、唾液腺の中や導管の中に石ができる病気です。唾石のほとんどは顎下腺にできます。大きさは、砂粒大くらいの小さいものから数cmほどのものまで様々です。

 

唾石症を発症すると、食べ物を食べようとした時や食べている時に、唾液腺のある顎の下が腫れて激しい痛みが起こります。この症状はしばらくすると消えていきます。

小さな芯に少しずつカルシウムが沈着することによってできる

唾石ができる原因は明らかになっていません。

 

何か小さな芯になるものがあり、その小さな芯に少しずつカルシウムが沈着することによってできると考えられています。小さな芯になるものとして考えられているものは、脱落した上皮や入り込んだ異物や細菌などであると考えられています。

 

唾石の大きさや形や堅さは非常に様々です。

唾石症の症状は、食事の時唾液腺の腫れや痛みが起こること

唾石症の症状は、食事をしようとした時や食事をしている時に、繰り返し耳下腺や唾液腺が繰り返し腫れたり、痛くなったりすることです。

 

食事の時、唾液は唾液腺から唾液管を通って口の中に出ます。しかし、唾石があると唾石によってより唾液の流れが止まってしまい、流れが悪くなることで症状が現れるのです。

 

唾液の流れが悪いと感染を起こす可能性も高くなります。感染を起こしてしまうと、症状がより強くなってしまうため注意が必要です。

唾石症を改善する方法は、薬や手術

唾石症を改善する方法は、薬や手術です。唾液腺が腫れて痛みがある場合は、まず抗菌薬で炎症を抑えます。

 

初めて症状が出た場合や症状の程度が軽かったり唾石が小さかったりする場合は、炎症が特にないときは経過を見ます。

 

何度も症状を繰り返す場合や症状の程度が重かったり唾石が大きかったりする場合は、手術を行って唾石を取り出します。

 

手術には皮膚を切開をする方法と口の中から粘膜を切開をする方法の2つがあり、唾石のある場所や大きさによって変わります。

唾液の産生を高めることが大切

唾石が小さい場合は、自然に外に出てくることも多いです。そのため、経過を見ている時は唾液の産生を高めることが大切です。

 

病院で言われたことをきちんと守り、唾液腺マッサージなどで唾液の分泌をすすめることをお勧めします。

 

唾石は再び発生する可能性もあります。確実に予防する方法はいまだに明らかになっていませんが、生活をする中で唾液腺マッサージやうがいを習慣にすることは非常に大切であると言われています。

 

もし再発してしまった場合は、早めに病院に相談に行きましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393