胃がんの鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 12月18日

更新日:2021年 12月19日

本日は胃がんについて解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 胃がんとは
  • 胃がんの原因
  • 胃がんの症状
  • 胃がんの改善方法
  • 胃がんのまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

胃がんは、胃の最も内側の粘膜から起こった悪性腫瘍のこと

胃がんは、胃の最も内側の粘膜から発生した悪性腫瘍のことです。

 

胃には肉腫や悪性リンパ腫などができることもありますが、ほとんどの胃の悪性腫瘍はがんです。そのため、胃の悪性腫瘍はほとんどの場合がんのことであると考えて良いでしょう。

 

粘膜には噴門腺、胃底腺、幽門腺という胃腺があるため、ほとんどの胃がんは腺がんという組織型です。さらに細かくタイプ分けすることができ、腺構造が明らかなものを分化型、明らかでないものを未分化型と言います。

 

分化型よりも未分化型の方が病気が進むスピードが早いと言われています。

胃がんの発生リスクを高める要因は、ピロリ菌の感染

胃がんの原因ははっきりとはわかっていません。今のところわかっていることは、胃がんのリスクを高める要因についてです。

 

胃がんの発生リスクを高める要因には、ピロリ菌の感染があります。ピロリ菌に感染することによって起こる胃の粘膜の慢性的な炎症は、胃がんにつながる非常に大きな要因であると考えられています。

 

生活習慣も胃がんの発生リスクを高める要因であると考えられています。塩分の多い食事や野菜や果物の不足、喫煙や過度な飲酒、ストレスなどは胃がんの発生リスクを高めると言われているため注意が必要です。

胃がんの症状は、胃の痛みや不快感、吐き気、食欲不振など

胃がんの症状は、胃の痛みや不快感、胸焼けや吐き気、食欲不振や喉のつかえ感などです。

 

胃がんの症状が進むと、さらに腹部の痛みや不快感、めまいや息切れ、吐血や黒色の便、全身のだるさなどの症状の現れてきます。

 

胃がんでは、胃がん自体によって現れる症状と、胃がんが起きることで合わせて発症する胃炎などによって現れる症状がありますが、区別することは難しいです。

一般的な改善方法は、手術

胃がんの改善方法はいくつかありますが、中でも一般的な改善方法は、手術です。早期がんの一部では内視鏡を使ってがんの病巣を取り除く方法で改善に取り組むことが多いです。

 

手術で取り除くことができない場合は、抗がん剤を使って改善を行います。放射線を使って改善が行われることもありますが、胃がんの場合放射線での改善はあまり一般的な改善方法ではありません。

回復するためにはできるだけ早く発見することが非常に大切

近年、胃がんは回復する病気になってきています。ただし、非常に恐ろしい病気であることは変わりません。回復するためにはできるだけ早く発見することが非常に大切です。

 

定期的に病院で調べることで症状が出る前に発見できる可能性が高くなります。きちんと病院で定期的に調べることをお勧めします。

 

がんが見つかった時には慌てず、病院できちんと調べて自分にあった改善方法で改善を行うことも大事です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393