記憶障害の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 8月23日

更新日:2021年 9月 9

本日は記憶障害について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 記憶障害とは
  • 記憶障害の原因
  • 記憶障害の症状
  • 記憶障害の改善方法
  • 記憶障害のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

記憶障害は、体験したことや過去の記憶が抜け落ちてしまう障害

記憶障害は、自分が体験した出来事や過去の記憶が抜け落ちてしまう障害です。記憶障害は、記憶が抜けている自覚はありません。

 

今まで当たり前に行っていたことや親しい人の情報、自分の情報などの記憶が抜けてしまうため、日常生活に支障が出ます。

 

人の名前や普段使っているものの置き場所をなかなか思い出せないというようなことから始まることが多いです。

 

症状が進むと、火を消し忘れたり、外出する時に鍵をかけ忘れたりすることがあり、大きな事故や事件につながる可能性があります。

記憶障害が起こる原因は非常にいろいろある

記憶障害が起こる原因は非常にいろいろあります。

 

記憶障害の原因となる病気や外傷には、軽度認知障害、認知症、うつ病、脳卒中や脳外傷、低酸素脳症などによる高次脳機能障害、慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症などがあります。

 

さらに甲状腺機能の低下やビタミン欠乏症、加齢なども記憶障害の原因となることがあります。

 

高齢者の場合は、記憶障害の中でも特に認知症が原因で起こる記憶障害が多いです。

記憶障害の症状は、過去の記憶が抜け落ちてしまうこと

記憶障害の症状は、過去の記憶が抜け落ちてしまうことです。どの部分の記憶が抜け落ちるかによって種類があります。

 

短期記憶障害では、数十秒から1分程度の短い記憶に障害が起きます。そのため、日付や曜日が分からない、何度も同じことを聞くなどの症状が現れます。

 

長期記憶障害では数分から数ヶ月の近い過去や年単位で蓄えられた記憶に障害が起きるため、通った学校の名前や家族の名前や家族の顔などを忘れることがあります。

 

他にも、自分が体験したことに障害が起きるエピソード記憶の障害や花や動物の名前、歴史上の人物の名前など学んできた知識を忘れる意味記憶障害、家事や習っていたことができなくなる手続き記憶障害などがあります。

記憶障害を改善するには、記憶障害の原因である病気の改善を行う

記憶障害を改善するためには、記憶障害の原因である病気の改善を行います。甲状腺機能低下症が原因の場合は甲状腺ホルモンを補充したり、ビタミンB12欠乏症が原因の場合はビタミンB12を補充したりするのです。

 

しかし、記憶障害には改善することができないものもあります。改善できない記憶障害の1つは認知症が原因の記憶障害です。認知症の場合は抗認知症薬を使ったりリハビリテーションなどを行い、記憶障害が進まないようにすることを目的に改善を行います

正しく理解してサポートすることが大切

記憶障害が起きると非常に不安になります。そのため、家族など近くにいる人は記憶障害について正しく理解してサポートすることが大切です。

 

記憶障害が起きても本人は記憶が間違っているという自覚はありません。そのため、間違っていても周りの人が合わせたり良い部分を褒めたりすることで自信や安心感を感じることができる環境を作ることが大切です。

 

使うものを分かりやすい位置においたり、カレンダーや貼り紙などを使い予定や注意事項などを確認しやすい状態にしたりと生活を送りやすい環境にすることで不安を減らすことができます。

 

さらに、新しいことを覚えるときは繰り返し練習すると良いでしょう。記憶障害では、日常生活を送るために周りのサポートが非常に大切なのです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393