緑内障の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 2月 3日

更新日:2021年 5月 15日

本日は緑内障について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 緑内障とは
  • 緑内障の原因
  • 緑内障の症状
  • 緑内障の改善方法
  • 緑内障になりやすい人
  • 緑内障を発症しないために気をつけること
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

緑内障は、視神経に障害が起こり見える範囲が狭くなる病気

緑内障は、中高年の人に起こる病気の中でも代表的な病気の1つです。

 

緑内障は、視神経に障害が起こり、見える範囲が狭くなる病気のことです。視神経とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する器官です。対処が遅れた場合、失明することもあります。

 

緑内障では、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。見える範囲が狭くなっていくスピードはとてもゆっくりです。両方の目で症状が同時に進んでいくことも珍しいです。そのため、ほとんどの場合かなり病気が進むまでは自覚症状はありません。

 

定期的に調べて早期発見し、早く改善に取り組むことができれば失明のリスクは下がります。

緑内障は大きく2種類に分けられます。原発緑内障と続発緑内障です。

 

原発緑内障は原発緑内障の中でもさらに隅角線維柱帯部が詰まることによって起こる開放隅角緑内障と、隅角が狭く線維柱帯部が虹彩で塞がれることによって起こる閉塞隅角緑内障の2つに分かれています。

 

一般的に緑内障といわれているものは開放隅角緑内障です。

 

最近では多くの人が、元々の眼圧は高くなくても緑内障を発症しているということがわかっています。そのため、元から視神経の眼圧に対して抵抗する力が低いために障害が起こることもあると考えられています。

緑内障の主な原因は、眼圧が異常に高くなること

緑内障の主な原因は、眼圧が異常に高くなることです。

 

眼圧が異常に高くなることで、視神経が傷つきます。すると、脳に伝わる視覚神経の刺激の機能が下がってしまいます。その結果、見える範囲が狭くなったり、視力が下がったりするのです。

緑内障を歳をとるにつれて起こる病気だと認識している人も多いです。 しかし、日本人に多い正常眼圧緑内障にかかる人は、40歳から急増しています。緑内障は高齢fだからおきる病気ではないのです。

 

正常眼圧緑内障の原因は、視神経の弱さやストレス、血流障害などであると考えられています。

緑内障のほとんどは自覚症状がない

緑内障は初めは自覚症状がないことがほとんどです。

 

自覚症状として現れる症状には、暗点が現れたり見える範囲が狭くなったりなどの症状がありますが、自覚症状がないことが多いのは、病気の進むスピードがゆっくりであることや、生活を送る上で両眼でものを見ていることが一般的であるためです。

開放隅角緑内障の場合、初めは症状として目の疲れや肩凝りなどが起きます。病気が進むと物が見えにくい、視野が損なわれる、などの症状も起きてきます。眼圧が上がるスピードはゆっくりなため症状が進む速さも遅いです。

 

閉塞隅角緑内障の場合、眼圧が急に上がることがあります。眼圧が急に上がると、眼球が激しく痛んだり充血が起こったり、視力が下がったり、目がかすんだりといった症状が見られます。頭痛や吐き気があることもあります。 

これ以上視野を失わないということを目的に改善する

緑内障によって欠けてしまった視野を元に戻す改善方法は今はまだありません。緑内障を改善する目的は、これ以上視野を失わないようにすることです。

 

現在、最も確実だと言われている方法は、正常眼圧緑内障も含めて眼圧を下げることです。

 

緑内障を改善する方法は、大きく分けて3つあります。薬を使う方法とレーザーを使う方法と手術です。

 

この3つの改善方法は、3つとも眼圧を下げることを目的にして行います。どのような方法で改善していくかについては、緑内障の種類や緑内障がどのくらい進んでいるかなどによって決めていきます。

 

また、眼圧を下げる目的で鍼灸が効果を発揮することもあります。

ほとんどの緑内障は、点眼薬を使って眼圧を下げ、緑内障の進行を遅らせます。点眼薬には、色々な効果があるものがあり、緑内障の種類や症状の度合いなどによって使い分けられます。

 

点眼薬では症状の改善に効果がない場合、レーザーを使って改善をします。薬でもレーザーでも改善が難しい場合は手術で改善を試みます。

 

近年では、改善するための薬の数も増えており、緑内障を改善する方法として選択肢は広がっています。早い段階で適切に改善を行うことによって、これから先もずっと生活に不自由のない程度での視野を保つことが可能になってきています。

緑内障になりやすい人、気をつけること

緑内障で重要なのは家族歴です。家族に緑内障の人がいると緑内障を発症する確立が高くなると言われています。

 

年齢も大きく関わっています。年齢が高くなるとになると神経が弱ってきて緑内障が増えます。40歳を超えると20人に1人が緑内障を発症すると言われているため注意が必要です。

 

強い近視の場合も視神経や視神経の周りが傷みやすいため要注意です。高血圧、低血圧、冷え性の人などの血流障害がある人も視神経の障害が進むことがあります。

 

さらに、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群の人や、偏頭痛持ちの人も緑内障になりやすいと言われているため注意が必要です。

日常生活を送る上で気をつけることは、デスクワークの人などで長い時間下を向いたまま仕事をしていたり、一度にたくさんの水を飲んだりなどの行動です。

 

これらの行動は、目の中の水の流れを滞らせてしまい、眼圧を上げる可能性があります。

 

緑内障には喫煙がよくないということも明らかになっています。緑内障を指摘された時には禁煙することをお勧めします。

 

注意することはありますが、気にし過ぎも良くありません。緑内障には血流が影響すると言われています。ストレスをためたり睡眠が不足したりしないようにしましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393