原発性硬化性胆管炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 10月 2日

更新日:2021年 12月 2日

本日は原発性硬化性胆管炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 原発性硬化性胆管炎とは
  • 原発性硬化性胆管炎の原因
  • 原発性硬化性胆管炎の症状
  • 原発性硬化性胆管炎の改善方法
  • 原発性硬化性胆管炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

原発性硬化性胆管炎は、胆汁の流れが悪くなり肝臓の働きが悪くなる

原発性硬化性胆管炎は、胆管に障害が起き、胆管が狭くなり、胆汁の流れが悪くなり、肝臓の働きも悪くなる病気です。

 

原発性硬化性胆管炎では、肝臓の中と外の比較的太い胆管に障害が起きます。血液を調べても特徴的な自己抗体はないため、血液所見だけで判断することは難しいです。

 

原発性硬化性胆管炎は合併症を起こすこともあります。主に起きる可能性のある合併症は潰瘍性大腸炎やクローン病などです。若い人の方が合併症を起こすことが多いと言われています。

 

原発性硬化性胆管炎を発症する頻度は女性より男性の方が少し多い傾向にあります。発症する年齢のピークは2つあり20歳代と60歳代ですが、10歳代の子供が発症するケースも珍しくはありません。

原発性硬化性胆管炎の原因は今のところ分かっていない

原発性硬化性胆管炎の原因は今のところ分かっていません。仮説としていろいろなことが言われていますが、はっきりとしたことは明らかになっていないのです。

 

原発性硬化性胆管炎は遺伝で発症することはありません。しかし、発症にある程度遺伝が関係するということはわかっています。

原発性硬化性胆管炎の症状は、黄疸や皮膚のかゆみ

原発性硬化性胆管炎の症状は、黄疸や皮膚のかゆみです。これらは、胆管が狭くなり胆汁の流れが悪くなることによって起こります。細菌が感染すると、胆管炎などの症状も起こります。

 

最初の段階では、黄疸やかゆみが起きることが多いです。しかし、特に症状がない時に体を調べてたまたま見つかることもあります。原発性硬化性胆管炎であると判断された後も特に症状がないこともあります。

 

判断されないまま放置した場合や改善の効果が見られない場合は、肝臓の機能が少しずつ下がっていき、肝硬変に進んでいきます。

 

そうなると、食道や胃の静脈瘤や腹水、黄疸、 肝性脳症などが起こり、肝不全へ進み、命に危険が及ぶこともあります。

原発性硬化性胆管炎の改善には、ウルソデオキシコール酸を使う

原発性硬化性胆管炎の改善方法は、ウルソデオキシコール酸を使うことです。ウルソデオキシコール酸を使うことでALPやγGTPの値が下がることが期待できます。値があまり下がらない場合は、ベザフィブラートを追加することもあります。

 

ただし、これらの薬が原発性硬化性胆管炎の進みを防いでいるかどうかのデーターは十分ではありません。原発性硬化性胆管炎の改善については今後まだまだ研究が必要なのです。

 

胆管の強い狭窄がある場合は、内視鏡によって胆管を拡張することで改善を行います。症状が進んで肝不全の状態になると、改善する方法は肝移植のみです。

できれば原発性硬化性胆管炎専門の医師に相談に行くことがお勧め

原発性硬化性胆管炎では、血液などを定期的に調べて医師と相談しながら薬を使って改善を行うことが大事です。

 

珍しい病気でまだわかっていないことも多いため、できれば原発性硬化性胆管炎に詳しい医師に相談に行くことをお勧めします。

 

定期的に専門の医師を尋ねることが難しい場合も一度は相談に行き、現状や今後の見通し、改善方法など気になることを相談することで、より改善に前向きに取り組むことができる可能性があります。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393