気分変調症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 12月10日

更新日:2021年 12月19

本日は気分変調症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 気分変調症とは
  • 気分変調症の原因
  • 気分変調症の症状
  • 気分変調症の改善方法
  • 気分変調症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

気分変調症は、ほとんど1日中長い期間、抑うつ気分が続くこと

気分変調症は、ほとんど1日中長い期間、抑うつ気分が続くことです。持続性抑うつ障害とも呼ばれています。

 

気分変調症では、不適応感、自責感、過敏性、怒り、引きこもり、興味がなくなる、活力が減る、生産性が下がるなどの症状が現れます。

 

うつ病と気分変調症の違いは、うつ病の場合は症状が客観的なものが目立つことに比べて、気分変調症の症状は主観的なものが目立つことです。そのため、発症には常に落ち込んでいるなどのことがきっかけで気がつくことが多いです。

 

発症する時期は早いことがほとんどで、小児期から青年期に発症することが多いです。

一般的には人間関係や環境の変化などのストレスが原因

気分変調症の原因は、人によって様々であると言われており、はっきりとはわかっていませんが、一般的には人間関係や環境の変化などのストレスが原因であると考えられています。

 

病気や慢性的な疲れも発症に影響すると言われています。

 

体調が悪いときには、脳の活動が下がり、セロトニンやノルアドレナリンの分泌がうまくできなくなります。セロトニンやノルアドレナリンは意欲や気分に関わっている神経伝達物質のため、気分の変調につながるのです。

気分変調症の症状はやる気や意欲の低下、食欲の低下や増加など

気分変調症では、精神的な症状に合わせて身体的な症状も現れます。

 

精神的な症状には、意欲ややる気が減る、憂うつな気持ちになる、楽しいと感じない、考えがまとまらない、判断が遅くなる、絶望感を感じる、自信がなくなる、常に落ち込む、涙が出る、イライラするなどがあります。

 

身体的な症状には、食欲の低下や食欲の増加、疲れやすい、だるい、集中力の低下、不眠、過眠などがあります。

 

このような身体的な症状と精神的な症状が現れることによって、引きこもりがちになったりあまり活動ができなくなる、強い罪悪感を感じる、何を行なっても楽しくないと感じるなどのことが起こります。

気分変調症の改善方法は、薬や精神的な介入

気分変調症の改善方法は、薬や精神的な介入です。薬は、SSRIなどの選択的セロトニン再取り込み阻害薬などが使われることが多いです。

 

気分変調症では、長い期間抑うつや憂うつな気持ちを抱えています。そのため、無価値観や否定的な考えになっていることが多く、人生観や自己の価値観に対しての認知も歪んでいることが多いです。

 

そのため、改善するためには精神的な介入を行い、認知の癖や歪みを修正することが非常に大事になるのです。

人生観にも大きな影響が出てしまうこともある

気分変調症は、長い期間の中で、自分は価値がないなどのような歪んだ価値観を持ってしまったり、毎日がつまらないなどの無気力を強めてしまったりすることが多いです。

 

そのため、人生観にも大きな影響が出てしまうこともあります。気分変調症に当てはまる可能性があると感じている場合は、病院に相談に行くことをお勧めいたします。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393