完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

腰痛の鍼灸【種類、ツボ、トリガーポイント】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年 6月26日

本日は鍼灸院でよく対応する腰痛を解説させていただきます。

足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ギックリ腰は急性腰痛ともいいます。

ギックリ腰(ぎっくりこし)は急性腰痛ともいい、急に腰に痛みをを感じる症状です

 

 

ドイツでは魔女の一撃ともいわれています。

 

実際の利用者様をみると、寒暖差が大きい時期、季節の変わり目に多く来院されます。

 

 

☆ぎっくり腰の痛み方の種類

  • お辞儀ができないタイプ
  • 腰が反れないタイプ
  • 何もしなくても痛いタイプ
  • 腰の付け根だけ異常に痛いタイプ
  • 背中に激痛があるタイプ【背中ギックリ腰】

 

☆よくある二次障害

 

※ギックリ腰を1ヶ月放置して起きる坐骨神経痛

 

※ぎっくり腰が繰り返した後で起きるギックリ首

 

このようにギックリ腰ひとつとっても、痛み方と二次症状はさまざまある。

ギックリ腰の原因は4種類ある

ギックリ腰には5種類の原因があります。

 

整形外科ではレントゲンで判断されますが、鵜呑みにはできません。

 

 

鵜呑みにできない理由は、レントゲンに問題があろうがなかろうが湿布と痛み止めの処方しかないからです。

 

こちらではギックリ腰の原因について詳しく解説していきます。

お尻ぎっくり腰【仙腸関節・上殿部神経障害】

お尻ぎっくり腰は、仙骨の脇に痛みが出ます。

 

 

○考えられる原因

  • 仙腸関節の軸ズレ、炎症
  • 上殿皮神経の興奮

 

仙骨の異常により周辺の神経が興奮します。

お尻、腰の筋肉も反射的に固くなり、慢性的な腰の痛み、坐骨神経痛を感じるようになります。

 

実際、坐骨神経痛の7割はぎっくり腰経験者です。

腰椎ギックリ腰【椎間関節性腰痛】

腰椎ぎっくり腰は、腰の付け根のみ痛みを感じます。

 

☆痛みを感じやすいポイント

  • ヤコビー線(第4、5腰椎の間を通る線)
  • 仙骨の上

腰椎の椎間関節が原因です。

 

具体的には、椎間関節の近くにある脊髄神経後枝の興奮です。

 

こちらはトリガーポイント鍼灸がよく効きます。

内臓ぎっくり腰【腎臓結石】

内臓ぎっくり腰は内臓の関連した特定の場所に痛みが出ます。

 

 

内臓が原因のことが多いです。主に腎臓からのギックリ腰が多く、つづいて胃、小腸、大腸が原因で起きることがあります。

☆内臓痛の特徴

  • なにをしてても同じ痛みを感じる
  • 極端な悪化がない
  • 鍼灸を受けても、痛みが変わらない

 

内臓によるギックリ腰は鍼灸では効きません。

 

医療機関で適切な処置をおすすめします。

背中ぎっくり腰【脊柱起立筋のこり】

背中ギックリ腰の特徴は、腰より背中が痛みます。

 

☆背中ぎっくり腰の原因

  • 脊柱起立筋のこり
  • 腰方形筋のこり
  • 内臓の炎症【胃・膵臓】

 

大抵、背中の筋肉が原因であることが多く、鍼灸を行うとすぐ良くなる特徴があります。

ギックリ腰の自己対処法はとにかく冷やす!

ぎっくり腰の自己対処法は思いっきり冷やしてください。

 

冷やすことで、腰の神経を麻痺させます。

 

麻痺させることで、ギックリ腰の激しい痛みを落ち着かせることができます。

 

 

 

決して、揉んだり、ストレッチしないで下さい。

ギックリ腰をマッサージしてすることで、ギックリ腰がクセになります。

腰の冷やし方

氷嚢を作って、腰に直接置いて冷してください。

 

氷嚢で冷やすことで、神経を麻痺させ、痛みの軽減を図ります。

 

 

☆氷嚢の作り方

  1. ビニール袋に氷を詰める。
  2. 破けないようにビニール袋は2重にすることをお勧めします。
  3. 氷を半分ほど入れたら、封をして腰に置いてください。
  4. 痛みが引くまで置きましょう。

 

 

※下の画像を参考になさってください。

ギックリ腰は深層筋の鍼灸が効果的!

ぎっくり腰の原因は、3つあります。

  1. 筋肉
  2. 内臓
  3. 腰椎の関節軸の変調

当院は深層筋専用の鍼を使って、ぎっくり腰の早期回復を行っております。

 

足の長さの高低差、普段のカラダのクセによって腰の筋肉が固まるため、筋バランスでカラダの姿勢と位置を正常化させます。

 

ぎっくり腰の鍼灸で一番大事なポイントは、痛みの原因を正確に判断することです。

深層筋専用の鍼です。

ギックリ腰は、【施術者の能力のバロメーター】ともいわれ、通常1~3回で痛みは無くなります。

 

また、ぎっくり腰は癖になるといわれていますが、当院で対応した利用者様でぎっくり腰を再発した方はおりません。

 

ぜひご参考下さいませ!

筋・筋膜性腰痛【原因は筋肉】

 

腰には、上半身と下半身のバランスを支えながら、運動を自由に行うため、数多くの筋肉が発達しています。

 

 

腰は姿勢維持、力仕事による過剰の負荷がかかりやすいため、凝り【トリガーポイント】がつくられることで、腰痛を感じます。

 

 

筋肉や筋膜(筋肉や内臓を包む膜)が原因で生じた腰痛を、筋・筋膜性腰痛といいます。

 

急な痛みを呈するギックリ腰とは違い、ズーンとした鈍痛感が特徴!

 

※腰の筋肉の凝りが腰の神経を圧迫して、股関節や大腿部にしびれを発生させることもあります。

 

☆まとめ

  • 腰の筋肉の凝りによる腰痛
  • ずーんとした鈍痛が特徴
  • 筋肉の凝りから神経痛がおこることもある
  • 同じ姿勢、無理な力仕事で起きる

 

筋・筋膜性腰痛が筋肉の中におきる凝りが原因です。

 

腰の筋肉は6種類あります。

 

これら筋肉の理解が必要です。

6つの筋肉が筋・筋膜性腰痛を生む

腰の筋肉が原因ですが、筋肉が凝る原因も一緒に考えていきましょう。

 

こちらでは、筋肉の種類はもちろん、内臓からの解説も行います。

内臓からの筋膜性腰痛【内臓体性反射】

内臓による筋・筋膜性腰痛の場合は、内臓と関連した背中の場所に痛みが出ます。

 

内臓体性反射といって、内臓の異変が、筋肉の凝りや痛みとして感じる反応です。

【内臓からの筋・筋膜性腰痛の原因】

  • 腎臓(一番多い)
  • 子宮
  • 小腸
  • 大腸
腰方形筋からの筋膜性腰痛【デスクワークに多い】

 

腰方形筋は腰の2層目にある筋肉です。

 

デスクワークで凝りやすい筋肉で、マッサージされると一番気持ちがいい筋肉です!

 

 

 

 

【腰方形筋の役割】

  • 姿勢の保持

 

 

【腰方形筋の場所】

  • 起始→腸骨稜、腸腰靭帯
  • 停止→第12肋骨、L1~L4の椎体の肋骨突起

 

 

【腰方形筋が凝るとどうなる?】

  • 腰の鈍痛感
  • 骨盤【腸骨稜】の圧痛
  • おしりの鈍痛【中殿筋の鈍痛】
 
棘筋からの筋膜性腰痛【中心の痛み】

 

胸棘筋は、背中の表層を走る脊柱起立筋群の中で、背骨寄りにある筋肉です。

 

胸棘筋は背骨にへばりついている筋肉のため、背骨が痛くなる原因のひとつです。

【胸棘筋の場所】

  • 起始→第11胸椎、第2腰椎の棘突起
  • 停止→第1~9胸椎の棘突起

 

【棘筋が凝るとどうなる?】

  • 腰の背骨の痛み
  • 背骨をおすと痛い【圧痛】
  • お辞儀をすると痛い
  • ひどいと、首を曲げただけで腰が痛む

 

最長筋からの筋膜性腰痛

 

最長筋は、背中の表層を走る脊柱起立筋群のなかで中間に位置する筋肉で、3筋に分類されます。

 

・頭最長筋

・胸最長筋

・頸最長筋

 

この3つの中で腰痛を引き起こすのは、胸最長筋です。

 

胸最長筋は筋肉の断裂を起こしやすく、ギックリ腰の痛みと混同されがちです。

【胸最長筋とギックリ腰の痛みの違い】

 

  • 胸最長筋はお辞儀はできるが、腰に力を入れると痛い
  • ギックリ腰はお辞儀ができないほど痛い

【胸最長筋の場所】

  • 起始→仙骨後面、腸骨稜、腰背腱膜、腰椎の棘突起
  • 停止→第3~12肋骨、全腰椎の肋骨突起と副突起、胸椎の横突起

 

【胸最長筋が凝るとどうなる?】

  • 背中~腰の張り
  • 力を入れると痛い
  • 寝起きが痛い

 

腸肋筋からの筋膜性腰痛

 

 

腸肋筋は、背中の表層を走る脊柱起立筋群のなかで外側に位置する筋肉で、3筋に分類されます。

 

・腰腸肋筋

・胸腸肋筋

・頸腸肋筋

 

腸肋筋の腰痛は最長筋と似ています。

 

筋肉の作用も一緒のため、鑑別が難しい特徴があります。

【腸肋筋の場所

  • 起始→仙骨後面、腸骨稜、腰背腱膜、腰椎の棘突起
  • 停止→第7~12肋骨下縁

 

 

【腰腸肋筋が凝るとどうなる?】

  • 背中~腰の張り
  • 力を入れると痛い
  • 寝起きが痛い
大腰筋からの筋膜性腰痛【大腰筋症候群】

 

腰の筋肉群は3層構造で構成されております。大腰筋は、1層目にある最深部の筋肉です。

 

 

 

【大腰筋の役割】

  • 姿勢の維持
  • 股関節の屈曲

 

 

【大腰筋の場所】

  • 起始→第12胸椎と第1~4腰椎の側面
  • 停止→大腿骨の小転子

 

 

【大腰筋が凝るとどうなる?】

  • 反り腰
  • 慢性的な腰痛
  • 起床時の腰痛
  • ギックリ腰の再発要因
  • 便秘
  • 足のしびれ【ふとももの側面】

 

 

 

筋膜性腰痛の対処法は熱めの風呂!

 

腰に違和感、だるさが出ている場合、まず温めていただくことをお勧めします。

 

 

筋・筋膜性腰痛の原因は2つあります。

  • 腰の筋肉の緊張
  • 痛みを感じやすくする物質の発生【内因性発痛物質】

 

 

自分でできる対処法

  • 軽度の運動
  • 熱めの風呂
  • ホッカイロ

 

※ストレッチ、指圧のマッサージは絶対禁止です。

筋肉を伸ばす行為、グリグリ押される行為は筋肉の癖が強くなるため、腰痛が再発しやすくなります。

 

 

筋膜性腰痛の鍼灸は筋肉の正常化が目的

筋・筋膜性腰痛は、文字どおり原因は筋肉です。

 

どの筋肉が原因か判断する必要があります。

  • 脊柱筋起立筋
  • 腰方形筋
  • 大腰筋
  • 腹斜筋
  • 腹横筋

など深層筋の鍼灸では腰のすべてのが施術対象です。

 

 

 

 

腰の筋肉は3層構造になっております。

 

2層目と3層目の筋肉にはマッサージでは届きません。

 

 

・マッサージやストレッチを続けているのに腰痛が治らない方

・薬に頼りきっている方

 

 

マッサージでは届かない筋肉にアプローチできる深層筋の鍼灸をぜひお勧めします。

 

 

 

腰部椎間関節性腰痛

 

腰部椎間関節性腰痛(ようぶついかんかんせつせいようつう)とは、腰の関節が原因で起きる、腰の痛みです。

 

 

椎間関節性腰痛は、腰の捻挫ともいわれ、背骨の沿い、腰と骨盤のつなぎ目が痛む特徴があります。

 

 

 

【原因】

・体重の増加

・妊娠などの急な体型の変化

・仕事での極端な姿勢

・長時間の座り仕事

 

 

など、腰への長時間のストレスによって、腰の椎間関節につく神経が興奮してしまい、痛みを感じるようになります。

 

 

腰部椎間関節性腰痛の原因は、加齢による腰椎周辺の軟部組織の変性変化です。

 

 

重労働の方からデスクワーカーまで幅広い年齢層に発症しております。

 

姿勢、遺伝的素因も関係しています。

 

座椅子に座りっぱなしですと、体重が腰にかかり、筋肉や腰椎、椎間関節の血液の循環が悪くなってしまい、神経が圧迫されて、痛みが出やくなります。

 

 

椎間関節性腰痛で多いのは、骨盤と背骨のつなぎ目

腰部椎間関節性腰痛は、原因の箇所によって痛む場所が変わります。

 

一番痛みやすい箇所は、第5腰椎と第1仙椎の椎間関節です。

 

ちょうど上の図で印がついている所です。

 

 

骨盤と背骨の中間地点でカラダで一番負荷がかかりやすく、腰椎椎間板ヘルニアもなりやすいところです。

 

 

 

腰部椎間関節性腰痛は、おじきをすると痛みます。

 

からだを反る際も痛みが出やすいですが、お辞儀のほうが痛みは強く感じます。

 

 

 

理由は、椎間関節の負荷がかかりすぎてしまうと、椎間関節周辺の筋肉が固まります。

 

☆腰の緊張の起こり方☆

 

  1. 椎間関節部に慢性的な負荷がかかる
  2. 椎間関節を守るため、腰の筋肉が緊張する
  3. 筋肉の緊張で、血流が悪くなる
  4. 腰の筋肉の酸素不足、乳酸値の上昇により、筋肉の緊張が高まる

 

 

のように腰の緊張の負のスパイラルが起きます。

 

腰部椎間関節性腰痛は脊髄神経後枝アプローチ

 

【施術方針】

 

  1. 腰の椎間関節部の筋肉の緊張を無くす
  2. 腰の神経【脊髄神経後枝】の興奮を落ち着かせる
  3. 背骨のバランスの矯正 ※ケースによる

 

 

脊髄神経後枝とは、椎間関節に巻き付いている神経のひとつです。

 

鍼灸で直接刺激することで、神経が鎮静化します。

 

上記の長い鍼を使うことが多いです。

 

痛みはあまりありません!

 

銀座そうぜん鍼灸院では、腰の鍼灸を得意としております。

 

腰部椎間関節性腰痛であれば、4回の鍼灸で十分回復可能です。

 

腰部脊柱管狭窄症

 

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨の中央にある空洞が狭くなり、神経を圧迫する状態のことです。

 

 

この空洞を脊柱管といい、腰の脊柱管が狭くなると、坐骨神経痛を感じ始めます。

 

 

  • 元々、脊柱管が狭い方
  • 加齢により、脊柱管が狭くなっている方

 

この2つのケースに多くの脊柱管狭窄症の方は当てはまります。

脊柱管狭窄症の症状は3種類

【腰部脊柱管狭窄症の分類】

 

・馬尾型

・神経根型

・混合型

 

 

の3型に分類されます

 

多くは神経根型に分類されますが、陰茎、肛門のしびれ、痛みが在る場合は馬尾型に分けられます。

 

馬尾神経型の脊柱管狭窄症

こちらは脊柱管狭窄症によって馬尾神経が圧迫されているケースです。

 

 

足のしびれに加え、陰茎や膣、肛門にしびれ、違和感が出てきます

 

これは膀胱直腸障害といって鍼灸は効きません。

即手術をお勧めします。

 

銀座そうぜん鍼灸院の実績では陰部痛が無くなった方は1名だけです。

 

 

可能性は低いですが、お力になれることがございます。

 

 

まず、陰部に症状を感じたら、病院を受診してください。

神経根型の脊柱管狭窄症

こちらはお尻、もも裏、ふくらはぎの外側が痛むケースです

 

このタイプは原因が2つ考えられます。

  • 第5腰神経の圧迫、興奮
  • 総腓骨神経の圧迫、興奮

 

また、間欠性跛行という特徴的な痛み方を訴えます。

 

間欠性跛行【カンケツハコウ】とは、一定距離歩くと足が痺れるが座ると症状が収まること。

 

 

神経根による脊柱管狭窄症は深層筋のトリガーポイント鍼灸が非常に有効です。

 

 

脊柱管狭窄症は間欠性跛行に悩まされる

 

【脊柱管狭窄症の特徴】

 

間欠性跛行がみられやすいです。

 

間欠性跛行とは、歩くことで足にしびれを強く感じる状態です

 

歩き始めはしびれの症状は出ず、快適に歩けるのですがしばらく歩いていると徐々に足のしびれがでて、歩きづらくなります。

 

 

特にふくらはぎの側面に

・しびれ

・痛み

・鈍痛

を感じることが多いです。

 

 

 

 

症状が感じる状態でもその場でしゃがんだり、座ってしまうと足の症状は治まります。

 

再度、歩き出すと先ほどの状態と同じように痛み出し、座ると楽になります。

 

間欠性跛行は循環器の病気でも起こる

 腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間欠性跛行は、閉塞性動脈硬化症のような血管の病気でもおこるため注意がひつようです。

 

血管が原因で起きる場合、大腿動脈の拍動でわかります。

 

股関節の付け根でドクドクと拍動を感じる場所があります。

 

その場所を左右でふれ、拍動のリズムが一緒で無ければ、病院を受診してください。

腰部脊柱管狭窄症は腰の深層筋の鍼が良く効きます

腰部脊柱管狭窄症は50代を越えると、脊柱が狭くなります。

 

  1. 背骨の間が狭くなる。
  2. 狭くなると神経が圧迫される。
  3. 坐骨神経痛、腰痛を感じ始める。

 

 

このような経緯で脊柱管狭窄症の症状を感じます。

 

☆脊柱管狭窄症になんで鍼灸が効果があるのか?

 

理由は簡単です。

 

脊柱管狭窄症のような背骨の問題は、曖昧であり、筋肉で起きるケースが多いです。

 

 

最近では、医師も手術を積極的に勧めません。

 

 

手術を勧めない理由は、手術によってしびれが改善しづらいからです。

脊柱管狭窄症は梨状筋と多裂筋のトリガーポイント鍼灸を行う

 

当院は高品質のトリガーポイント鍼灸で高い回復率を誇ります。

 

 

 

 腰部脊柱管狭窄症の症状は、6回の鍼灸で回復してきます。

 

 

ただ、手術後の方は回復までに時間がかかることが多いです。

 

理由はメスで切られた組織が癒着することで、症状が悪化、発病することがあるからです。

 

 

初めての鍼灸は緊張するかもしれませんが当院の鍼灸を試してみませんか?

 
 
お力になれるよう対応致します。

実際の腰痛の施術例

脊柱管狭窄症による腰痛と足のしびれ

目の疲れ

脊柱管狭窄症の施術風景

  • 年齢・性別

60代男性

  • 足がしびれた時期

3ヶ月前

  • 足がしびれたきっかけ

ストレッチをしていた直後

  • 整形外科の対応

レントゲン・MRIで第3、4、5腰椎の狭窄症といわれる。手術うぃ勧められるも拒否。

  • ほかの対策

マッサージやストレッチをしてみたが、変わらない。ストレッチサロンで受けた直後、しびれ悪化。歩けなくなる。

  • 銀座そうぜん鍼灸院の来院経緯

友人の紹介

  • 銀座そうぜん鍼灸院の対応・施術

問診と触診、脈診をしたところ、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛でした。

脊柱管狭窄症の症状には特徴があります。

  1. 足のしびれ(坐骨神経ライン)
  2. 間歇性破行
  3. 座ると楽、しびれ消失

脊柱管狭窄症に効くツボをご紹介します。

  • 伏兎
  • 条口
  • レイダ
  • 腰陽関

8回の鍼灸で坐骨神経痛の症状は無くなりました。現在、大好きなゴルフを週1でやっているが、坐骨神経痛の再発はなし。

脊柱管狭窄症のツボ

腎のツボの流れを意識する

脊柱管狭窄症のツボ
  • 鍼灸の考察

典型的な脊柱管狭窄症による坐骨神経痛。このタイプは良くなる経緯がわかりやすい。利用者様も自分がどのまで良くなっているか理解しやすい。無駄な手術をしなくてよかったと喜んでいただいた。

 

人生で初めてのギックリ腰

お辞儀が痛いギックリ腰

○銀座そうぜん鍼灸院の検査

 

  • お辞儀で腰と骨盤に強い痛みを感じる。

 

  • 反ってみると痛みは出なかった。

 

  • 左右に体を倒すと、左の腰が少し痛む。

 

  • 体を捻ってみたが、痛みは出なかった。

 

  • 右うでを上げたとき肩関節に痛み(四十肩の既往歴あり)

 

  • 左うではスムーズに上がる。
今回は多裂筋がつっている状態
  • 痛みが強い所は多裂筋がつっている状態

⇒普段しない動きをしたことによって多裂筋に負荷がかかった

 

  • 脊柱起立筋の緊張

⇒自宅での仕事が増え、長時間同じ姿勢でいたことが今回の痛みに拍車をかけた

 

筋肉がつる仕組み

筋肉には、筋肉繊維と腱で構成されています。

 

筋肉には、必要以上、伸びたり縮んだりしないようセンサーでコントロールされています。

 

具体的に腱紡錘というセンサーが乳酸、カルシウムイオンの影響で機能しなくなり、つってしまいます。

 

  • 伸びすぎを防ぐのが筋紡錘(きんぼうすい)で、筋肉が引き伸ばされると縮めさせるセンサー

 

  • 腱の中の腱紡錘(けんぼうすい)は、筋肉が縮みすぎると弛緩させるセンサー

多裂筋のギックリ腰はトリガーポイント鍼灸

今回のギックリ腰は多裂筋だけ問題でした。

 

多裂筋の筋内環境さえ改善されれば、早期の回復が見込めました。

 

多裂筋のトリガーポイント鍼灸でギックリ腰のクセを防ぎます!

多裂筋ギックリ腰の施術ポイント

 

①多裂筋の筋肉内トリガーポイントをしっかり狙う

 

多裂筋は骨盤と背骨をつなぐ強靭な筋肉のため、正確に凝りを狙う必要があります。

 

仙骨の骨膜神経の興奮を防ぐ

 

神経の興奮は痛みを長引かせるため、多裂筋付近の神経も狙います。

ギックリ腰が鍼灸2回で全回復しました。

週1回のペースで2回、鍼灸を行いました。

 

  • 2回目の時に、前屈時の痛みが軽減しました。

 

初回は浅い前屈で痛みがでましたが、深く前屈できるようになりました。

 

人気記事

今回のギックリ腰に使われたツボをご紹介します。

  • 志室
  • 大腸兪
  • 腰陽関
ギックリ腰の鍼灸のまとめ

本ページをまとめます。

 

  • 今回は、多裂筋のギックリ腰だった。
  • 多裂筋に負荷を与えたのは、縄跳びとデスクワーク。
  • トリガーポイント鍼灸を行い、2回で全回復した。

腰痛はいろんな原因があり、多種多様な痛み方を訴えます。

痛み方と骨の状態はパターン化されております。

下記の5つは当院でよく施術するケースです。

 

  • ヘルニア(お辞儀ができない)
  • 脊柱管狭窄症(歩くとふくらはぎの外側が痺れる)
  • ぎっくり腰(腰が反れない)
  • 慢性腰痛(とにかく重い)
  • 椎間関節性腰痛(骨盤の境目が痛い)

 

 

腰痛の原因は6つあります。

  1. 筋肉
  2. 上半身と下半身バランス
  3. 神経
  4. 内臓

 

この6つの原因にはそれぞれ特有のサインがあります。そのサインから原因を導き出し、腰痛の回復を図ります。

 

慢性化し母子球筋の萎縮が進むと、神経の回復が満足にいかない場合があるため早めの治療をおすすめします。

 

 

今回の手根管症候群は、使いすぎによるものでしたが、他にも

  • 妊娠や更年期の女性のホルモン異常
  • 透析をしている方

などによく見られます。

 

 

手術が怖い方、後遺症を残したくないけど慢性化する前に何とかしたい。

そんな方に少しでもお力になれるよう対応致します。

 

 

 

 

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393