良性発作性頭位めまい症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年 5月 15日

本日は良性発作性頭位めまい症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 良性発作性頭位めまい症とは
  • 良性発作性頭位めまい症の症状
  • 良性発作性頭位めまい症の改善方法
  • 良性発作性頭位めまい症のにかかる費用
  • 良性発作性頭位めまい症の予防とまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

良性発作性頭位めまい症はめまいを生じる病気

良性発作性頭位めまい症は、内耳の耳石器という部分にある炭酸カルシウムの塊の耳石が、普段生活している日常でする動きの中の何かの原因で剥がれ落ちてしまい、三半規管の中に入り込んでしまうことによって、めまいが起きる病気です。

三半規管は耳の奥にあります。半規管と呼ばれる三つの車輪のような器官がつながった組織です。この三半規管の中はリンパ液で満たされています。

 

そこで頭が動くと、頭が動いたことに応じてリンパ液も三半規管の中を流れます。この動きを感知することで、人間は歩いたり走ったりすることができます。三半規管は体全体のバランスを取っているのです。

 

その三半規管に耳石という炭酸カルシウムが入り込んでしまうと、リンパ液の流れが乱れが起きてしまいます。

 

その結果、感覚器と実際の体の動きが合わなくなります。この脳神経伝達のメカニズムのずれによって、めまいが生じると考えられています。 そのずれによって起きるめまいが良性発作性頭位めまい症の症状です。

 

内耳の障害によって起きるめまいの症状があるとメニエール病が疑われることがあります。

 

しかし、内耳の障害が原因となって発生するめまいのうち、良性発作性頭位めまい症が6割以上です。メニエール病によるめまいは2割以下といわれています。

良性発作性頭位めまい症の症状は回転性めまい

良性発作性頭位めまい症の症状は、回転性のめまいです。これはグルグルと目を回した時のような目の回り方のめまいです。

良性発作性頭位めまい症は、炭酸カルシウムに耳石が入り込んだ半規管でリンパ液の流れが異常を起こし、めまいが起きる病気です。

 

この病気は、特定の方向に頭を動かしたときにだけ症状が見られるということが最大の特徴です。その際、患者自身の自分の意思と関係なく眼球が動く現象である眼振が起こるということも特徴です。

 

眼振は目を回した状態に近い状態になるため、乗り物酔いにも似た嘔吐感があることもあります。 耳鳴りや聞こえづらいなどの症状はなく、めまいだけ生じます。

 

日々良性発作性頭位めまい症の症状によるめまいを重ねるうちに段々慣れていきます。慣れによって症状が軽くなっていくという特徴もありますが、耳石が三半規管に入り込んでしまっている状態が続く限りは症状が改善することはないと言われています。

良性発作性頭位めまい症の改善方法は運動が有効

良性発作性頭位めまい症を改善するには、運動が有効です。

良性発作性頭位めまい症を改善する方法は、頭を決まった順番で決まった方向に傾けることです。この動作によって三半規管に入り込んだ耳石を体の外へ排出します。

 

この改善方法では、医師がゆっくりと頭を上下左右に動かします。そして、三半規管の中に入り込んだ耳石を移動させ、耳石を三半規管から出すように導きます。

 

三半規管に入り込んだ耳石の位置を判断する方法は、「フレンツェル眼鏡」と呼ばれる特殊な眼鏡や、小型CCDカメラなどを用いて眼球の動きを観察することです。

頸椎異常などによって頭位による改善方法が行えないこともあります。そのような場合は、抗めまい薬や抗不安薬などを使って改善を行います。

 

めまいの発作は、入り込んでいた耳石を三半規管から取り除くことで改善します。耳石が三半規管から取り除かれればめまいの発作はなくなるのです。

 

頭位を動かす動作によって改善する方法は耳石の位置が明らかにわかっている場合、約6割有効だと言われています。そのため、内服薬を使った改善方法を併せて行うことも多いです。

 

耳石が三半規管に入り込んでしまうという現象は誰にでも起こり得ることです。しかし、何度も症状が出る場合は内耳以外が原因の可能性もあります。

 

何度も症状が出るようであれば、専門医に相談に行ってください。

良性発作性頭位めまい症にかかる費用は約2~3000円

根本の改善は、本来あるべき位置にセンサーを戻してあげることです。頭や体を動かすことによってめまいを改善するために有効なのは運動です。

 

運動には、自宅でできるめまいのリハビリ体操と、眼振を観察しながら医師と一緒に耳石を元の位置に戻す浮遊耳石置換法があります。

 

良性発作性頭位めまい症の改善までにかかる費用は、一般的に保険証を持参して約2000円と言われています。約2000円では眼振を調べることも含まれ、聴力も調べると約3000円と言われています。

良性発作性頭位めまい症は薬による改善よりも物理的に動かして改善することが重要です。この物理的に動かして改善する方法は自宅で出来る運動が多く、かかる費用は少額です。

 

具体的な運動として有効な方法は、あえてめまいが起こる頭の向きや姿勢を繰り返すことです。この運動によって症状が次第に軽くなるという報告があります。

 

反対にめまいがするからといって安静にしていると良くありません。積極的に頭や体を動かした方が早く改善すると言われています。頭や体を動かした時、めまいや吐き気が起きることがありますが心配しなくても大丈夫です。

 

このめまいや吐き気は、頭や体を動かすことによって耳石が正しい位置に戻るため、耳石が砕け散って小さくなり、吸収されやすくなることによって起こるものです。

 

適度な運動を続けることで、多くの人は2週間〜1カ月以内に改善します。もちろん、めまいと吐き気があるときは安静にしなければならない病気も多くあります。

 

しかし、この良性発作性頭位めまい症は頭や体を積極的に動かすことが重要です。症状を感じた場合、まず耳鼻咽喉科医にいくことが大事です。

良性発作性頭位めまい症のまとめ

良性発作性頭位めまい症は予防が大切です。予防には、まず、耳石を三半規管にためないことが重要です。

 

長時間同じ姿勢でいたり頭を動かさずにいたりすることが原因と考えられるため、そのような状態が続くことを避けることが有効です。

 

また同じ方向で横向きに寝ない事も大切です。リモートワークの増加などによって同じ姿勢で長時間の作業が続くことが多い人は、意識して適度に姿勢を変えリフレッシュすることもとても大切です。

 

予防には、寝返り運動を行うことも有効です。これは朝起きた後と夜寝る前に布団で行う運動です。左向き・あおむけ・ 右向き・あおむけの順番で各10秒ずつ数え姿勢を変えます。これを何回か続ける運動をすることが予防に効果があるという報告があります。

良性発作性頭位めまい症は何より予防が大切です。もし、症状が出てしまった場合、まずは専門医に相談に行くことが大事です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393