敏感肌の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 8月23日

更新日:2021年 9月 8日

本日は敏感肌について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 敏感肌とは
  • 敏感肌の原因
  • 敏感肌の症状
  • 敏感肌の改善方法
  • 敏感肌のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

敏感肌は、刺激に対して過剰に反応してしまう肌のこと

敏感肌は、刺激に対して過剰に反応してしまう肌のことです。刺激となることには化粧品やホコリや汚れなどがあります。敏感肌は過敏肌と呼ばれることもあります。

 

敏感肌の主な症状は、皮膚のかゆみや肌のほてりや痛みや刺激を感じることです。痛みはチクチクと表現されることが多く、刺激はピリピリ表現されることが多いです。

 

敏感肌の要因には乾燥肌も関係していると言われています。肌を保湿することで敏感肌の症状が和らぐ場合は乾燥肌が原因で肌が敏感な状態になっていたと考えることができます。

敏感肌の原因は乾燥によりバリア機能が低下していること

敏感肌の原因は乾燥によりバリア機能が低下していることです。

 

通常、肌の外側にある角質層がバリア機能としての働きをし、外からの刺激から肌を守っています。しかし、肌のうるおいが足りず乾燥肌になるとバリア機能が低下してしまい、外からの刺激をそのまま受けてしまうことになるのです。

 

紫外線によるダメージや乱れた食生活や睡眠不足、ストレスなどもバリア機能を弱めてしまう要因になります。

 

さらに、体質や加齢も敏感肌の原因として考えられます。家族にも肌トラブルがある人がいる場合、遺伝が原因である可能性もあるのです。

 

加齢が敏感肌の原因となる理由は、年齢を重ねることで肌のバリア機能を保つために必要な皮脂などが減ってしまうからです。

敏感肌は、肌が外部刺激に対して過敏に反応し、炎症やかゆみ、赤みなどの症状が起こりやすい状態を指します。一般的には肌のバリア機能が低下していることが原因とされていますが、敏感肌の原因は個人差があり、複数の要因が組み合わさっている場合もあります。以下に、敏感肌の主な原因を三千字で詳しく説明します。

 

遺伝要因:

敏感肌の原因の1つとして、遺伝的要因が挙げられます。親や祖父母が敏感肌である場合、子供や孫にも敏感肌が遺伝する可能性が高いとされています。遺伝的な要因により、肌のバリア機能が低下しているため、外部刺激に対して敏感に反応してしまうのです。

 

肌のバリア機能の低下:

敏感肌の主な原因は、肌のバリア機能の低下です。健康な肌は、外部の刺激や紫外線、乾燥などから肌を守るバリア機能が十分に働いています。しかし、様々な要因によって肌のバリア機能が低下すると、刺激物が肌に侵入しやすくなり、敏感肌の症状が引き起こされることがあります。

 

乾燥:

肌の水分が不足すると、角質層の水分保持能力が低下し、肌のバリア機能が弱まることがあります。特に乾燥した季節や乾燥した環境に長時間さらされると、肌が乾燥しやすくなり、敏感肌の症状が悪化することがあります。

 

紫外線:

紫外線は肌にダメージを与えることがあり、特に長時間の紫外線への曝露は肌のバリア機能を低下させる原因となります。紫外線による肌のダメージは敏感肌の原因となるだけでなく、シミやしわの原因となることもあります。

 

環境刺激:

外部の刺激物や化学物質による肌への影響も敏感肌の原因です。洗剤や洗顔料などの刺激的な成分が含まれている製品を使用したり、空気中の汚染物質にさらされたりすることで、肌が刺激に過敏に反応する場合があります。

 

アレルギー反応:

一部の敏感肌は、特定の成分やアレルゲンに対してアレルギー反応を起こすことがあります。例えば、化粧品やスキンケア製品に含まれる成分に対してアレルギーがある場合、肌が炎症を起こし、敏感肌の症状が現れることがあります。

 

年齢とホルモンの変化:

年齢と共に肌のバリア機能は低下していきます。特に女性の場合、更年期やホルモンバランスの変化によって肌の水分保持能力が低下し、敏感肌の症状が増悪することがあります。

 

ストレス:

ストレスは敏感肌の悪化に影響を与える要因の1つです。ストレスを抱えると、ホルモンのバランスが崩れ、肌のバリア機能が低下することがあります。また、ストレスによって自律神経が乱れることで、肌の血行が悪化し、敏感肌の症状が悪化する場所があります。

 

過度なスキンケア:

肌に刺激的な成分を含むスキンケア製品を長期間使用することは、敏感肌の原因となることがあります。強い洗浄力のクレンジングやピーリング剤、アルコールを多く含む化粧水などは肌を乾燥させ、バリア機能を低下させる可能性があります。敏感肌の場合は、刺激の少ない製品を選ぶことが大切です。

 

過剰な洗顔:

日常の洗顔も敏感肌にとって重要な要素です。しかし、頻繁な洗顔や強くこすることで肌の自然な保湿成分を失い、敏感肌の症状を悪化させることがあります。優しく洗顔を行い、適度な保湿を心がけることが大切です。

 

ホルモンバランスの変化:

女性の場合、生理周期や妊娠、更年期などによるホルモンバランスの変化が敏感肌を引き起こすことがあります。特に生理前や更年期の時期に敏感肌の症状が悪化することが多いです。ホルモンバランスの変化によって肌の水分保持能力が低下し、敏感肌の症状が現れることがあります。

 

薬物副作用:

一部の薬物は敏感肌を引き起こす可能性があります。特に抗生物質や抗炎症薬、抗てんかん薬などは肌のバリア機能を低下させることがあるため、これらの薬を長期間使用する場合は敏感肌の症状が現れることがあります。

敏感肌の主な症状はかゆみや肌のほてり、痛みや刺激を感じること

敏感肌の主な症状は、かゆみや肌のほてり、痛みや刺激を感じることです。

 

乾燥しやすかったり、ニキビができやすかったり、かゆくなりやすかったりする場合、敏感肌である可能性があります。物理的な刺激に弱かったりすぐに赤くなったりすることも敏感肌の症状です。

 

敏感肌の場合、ハウスダストや紫外線、化粧品などの少しの刺激で炎症を起こしやすくなります。さらに炎症が起きた後かいてしまうと、さらに肌を傷つけて細菌に感染することもあります。

敏感肌は、外部刺激に対して過敏に反応するため、肌が炎症を起こしやすく、赤みやかゆみ、ほてりなどの症状が現れる状態を指します。敏感肌の症状は個人差があり、軽度の場合もあれば、重度の場合もあります。以下では、敏感肌の主な症状について詳しく説明します。

 

かゆみ:

敏感肌の最も一般的な症状の1つがかゆみです。肌が刺激に対して過敏に反応するため、細かい刺激や乾燥、化粧品の成分などが原因でかゆみを感じることがあります。かゆみを我慢していると、掻いてしまい肌を傷つけることもありますので、注意が必要です。

 

赤み:

敏感肌の肌は血管が敏感に反応しやすく、外部刺激によって血流が増加してしまい、顔や首などの部位に赤みが現れることがあります。特に寒冷刺激や紫外線、刺激的な化粧品を使用した後に赤みが現れることが多いです。

 

乾燥:

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下しているため、肌の水分保持能力が弱くなっています。そのため、空気の乾燥や洗顔などによって肌が乾燥しやすく、乾燥によるかゆみや炎症が起こることがあります。

 

ほてり:

敏感肌の人は、外部刺激によって血管が拡張しやすく、顔がほてることがあります。特にエアコンや暖房などの温度変化によって、ほてりを感じることが多いです。

 

チクチク感:

敏感肌の人は、刺激によって肌がピリピリとチクチクする感じを感じることがあります。特に刺激的な成分を含む化粧品や洗顔料を使用した後にこのような感覚が起こることがあります。

 

炎症:

敏感肌の肌は、外部刺激に対して炎症を起こしやすい状態です。小さなニキビや吹き出物ができやすく、炎症が広がることもあります。炎症が続くと、肌のトーンが不均一になることもあります。

 

フケ:

敏感肌の人は、乾燥や炎症によって頭皮や顔の皮膚が乾燥し、フケが発生することがあります。フケによるかゆみや炎症が続くと、さらに敏感肌の症状が悪化することがあります。

 

脂漏性皮膚炎:

敏感肌の人は、脂漏性皮膚炎にかかる可能性が高くなります。脂漏性皮膚炎は、頭皮や顔の皮膚に赤い斑点や脂性のかゆみを引き起こす炎症性の皮膚病です。

 

アトピー性皮膚炎:

敏感肌の中でも特に重度の場合は、アトピー性皮膚炎にかかる可能性があります。アトピー性皮膚炎は、肌が乾燥し、炎症を起こしやすくなる慢性的な皮膚病であり、赤みやかゆみが強い特徴です。

 

ニキビや吹き出物:

敏感肌の人は、刺激によって毛穴が詰まりやすく、ニキビや吹き出物ができやすい傾向があります。また、改善が遅れることもあるため、ニキビ跡や色素沈着が残りやすいことも特徴的です。

 

これらの症状は敏感肌の人によって異なりますし、特定の刺激に対しての反応も個人差があります。

敏感肌の改善方法は、皮膚のバリア機能をサポートするスキンケア

敏感肌の改善方法は、肌への負担を減らすことと皮膚のバリア機能をサポートするスキンケアをすることです。

 

スキンケアの基本は、肌を清潔にし、保湿をし、紫外線や乾燥から肌を守ることです。皮膚を健康で正しい状態に保つことができるように自分に合ったスキンケアを行うことが大切です。

 

肌に合わない化粧品を使うと肌の調子が悪くなることもあります。肌に合った化粧品でも使う量や使い方によっては刺激になってしまったり十分な効果が得られなかったりすることもあります。

 

自分に合うスキンケア化粧品を選んで、適切な方法で肌をケアすることを心がけましょう。

敏感肌は個人差があり、症状の程度や原因によって異なる改善法が適用されます。一般的に敏感肌の改善は、肌のバリア機能を強化し、刺激を避けることに重点が置かれます。

 

優しい洗浄と保湿:

敏感肌の人は、刺激の強い洗顔料や石鹸を避けることが重要です。代わりに、刺激の少ない、pHバランスが合った洗顔料を使用しましょう。また、洗顔の際には優しく指で軽くマッサージする程度にし、強くこすることを避けます。洗顔後は、保湿を欠かさず行い、肌の水分を保持します。

 

敏感肌用のスキンケア製品の選択:

敏感肌の人は、刺激の少ないスキンケア製品を選ぶことが重要です。アルコールや香料、防腐剤、着色料などの刺激成分を含まない製品を選びましょう。特に化粧水や乳液、クリームなどの基礎化粧品は、肌に直接触れるため、成分をよく確認し、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

 

過度な紫外線の避け:

紫外線は敏感肌の悪化を引き起こす原因の1つです。日焼け止めをこまめに塗布し、帽子や日傘を使用して紫外線を避けるように心掛けましょう。また、紫外線が強い時間帯の屋外活動を控えることも大切です。

 

ストレス管理:

ストレスは敏感肌の悪化に影響を与える要因の1つです。リラックスする時間を持つことや、ストレス発散の方法を見つけることが重要です。ヨガや瞑想などのリラックス法を取り入れることで、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

 

アレルギー物質の除去:

敏感肌の症状が特定の化粧品や洗剤、衣料などによって引き起こされている場合は、それらのアレルギー物質を避けるようにしましょう。また、食物アレルギーや環境アレルギーによる影響も考慮し、必要に応じて調べることが重要です。

 

温度と湿度の管理:

乾燥した環境や寒冷刺激は敏感肌の症状を悪化させることがあります。特に冬季は室内の暖房による乾燥に注意し、加湿器を使用して湿度を保つことが大切です。また、暑い季節にはエアコンの温度調整に気を付けることも重要です。

 

保湿パックの使用:

敏感肌の人は、週に数回保湿パックを行うことで、肌の保湿をサポートし、水分を逃さないようにすることが有効です。また、敏感肌用の保湿シートマスクや保湿ジェルを使用することもおすすめです。

 

エキストラバージンオリーブオイルの利用:

エキストラバージンオリーブオイルは天然の保湿剤として知られており、敏感肌にも適しています。洗顔後に少量のオリーブオイルを顔に馴染ませることで、肌の水分を保持し、乾燥を防ぐことができます。

 

オートミールパックの利用:

オートミールには保湿効果があり、敏感肌のかゆみや赤みを軽減する効果があります。オートミールを適量の水と混ぜ、ペースト状にした後に顔に塗布し、数分後に洗い流すことで、敏感肌の症状を緩和することができます。オートミールは天然成分であり、肌に優しいため、敏感肌の人にも安心して使用できる方法です。

 

カミツレティーの利用:

カミツレは抗炎症作用があり、肌の炎症を鎮める効果があります。カミツレティーを作って顔にパッティングすることで、肌の赤みやかゆみを軽減することができます。カミツレティーは市販のティーバッグを使っても良いですし、ドライカミツレを沸騰したお湯に入れて自家製のカミツレティーを作ることもできます。

 

敏感肌用の化粧品の使用:

敏感肌の人は、肌のバリア機能を強化し、刺激を最小限に抑えるために、敏感肌用の化粧品を使用することが重要です。保湿効果が高く、刺激の少ない製品を選びましょう。特にファンデーションやコンシーラーなどのメイクアップ製品は、肌に直接触れるため、敏感肌用の製品を選ぶことが大切です。

 

自然派の成分を選ぶ:

化学合成成分を含む化粧品やスキンケア製品は、敏感肌の人に刺激を与える可能性があります。できる限り自然派の成分を含む製品を選びましょう。アロエベラ、カミツレ、シアバター、ユーカリ油などの自然成分は、肌を保護し、炎症を鎮める効果があります。

 

シンプルなスキンケアルーティン:

敏感肌の人は、できる限りシンプルなスキンケアルーティンを心掛けることが重要です。洗顔、化粧水、乳液、日焼け止めなどの基本的なアイテムを選び、余計な成分や手順を省くことで、肌への負担を減らすことができます。

 

水分補給の重要性:

敏感肌の人は、外部刺激によって肌が乾燥しやすくなるため、水分補給が重要です。1日に十分な量の水を摂取し、肌の内側からも保湿することで、敏感肌の症状を軽減することができます。

 

睡眠の充実:

睡眠不足は肌のバリア機能を低下させる原因の1つです。十分な睡眠をとることで、肌が回復し、敏感肌の症状を改善する効果があります。

 

無添加の入浴剤の利用:

入浴剤はリラックス効果がありますが、敏感肌の人は刺激を受けることがあります。無添加の入浴剤を選ぶか、入浴剤を使用しないで温かいお湯に浸かることで、肌の刺激を最小限に抑えることができます。

 

保湿効果のある食品の摂取:

食事によっても肌の状態は大きく影響されます。敏感肌の人は保湿効果のある食品を積極的に摂取することがおすすめです。オメガ3脂肪酸を多く含む魚やナッツ類、ビタミンCを多く含むフルーツなどは肌を健やかに保つために役立ちます。

スキンケア化粧品の選び方

敏感肌では、肌を洗うとき皮膚のバリア機能を守って洗うことが非常に大切です。

 

きちんと汚れを落とすということだけでなく、肌に優しい成分で皮膚にとって大切な成分は落とさないようなものを選ぶと良いでしょう。

 

スキンケア化粧品を選ぶ時には、敏感肌向けに開発された低刺激性の化粧品を選び、自分の好きな優しい使い心地のものや敏感肌を考えた商品テストをしているものを選ぶことをお勧めします。

 

皮膚科によっては敏感肌用のスキンケア化粧品や化粧品などを扱っているところもあります。何が良いかわからない場合は、病院に相談にいくこともお勧めです。

敏感肌に効果的なツボ

・太陽

・四白

・百会

太陽

太陽は、水の巡りを整える効果のあるツボです。そのため、朝顔が浮腫んでいたりまぶたがはれぼったくなっていたりすることが多いという悩みがある人にお勧めです。

 

浮腫は体の中に余分な水分がたまっている状態です。水の巡りを整え、頭部の血行もよくすることで美容の効果が期待できます。 

四白

四白は、血流を良くする効果のあるツボです。顔の血流や頭の血流が良くなることで肌の当面間にもつながります。

 

肌の透明感は見た目を大きく左右します。くすみやシミ、目の下のクマなどの悩みがある人に特におすすめのツボです。

百会

百会は、気の巡りをスムーズにする効果があります。少しの刺激でちょっとした刺激で肌がかゆくなったり、湿疹ができたりするほど、肌が敏感になっているときは、気や血の巡りが悪くなっていると言われています。

 

百会を刺激することで気や血の巡りを良くしてストレスを解消し、敏感になっている肌を落ち着かせる効果が期待できるのです。

ツボの位置と押し方

太陽

太陽は、左右の眉尻と目尻を結ぶ線の中間から指1本分後ろ下がったところのくぼみにあるツボです。

 

押すときは、両手の親指か中指で押します。小さな円を描くようなイメージで揉むことをお勧めします。

四白

四白は、黒目の中央から親指の幅1本分下に下がったところのくぼみにあるツボです。

 

押すときは、両手の人差し指か中指で押します。左右同時に押しましょう。ポイントは、ゆっくり押してゆっくり離すことを意識することです。

百会

百会は、頭頂部のほぼ中央にあるツボです。

 

押すときは、両手の中指を使って押します。まっすぐと下に押すイメージで圧を加えていきましょう。

敏感肌の改善例

例1:乾燥とかゆみを伴う敏感肌

Aは、季節の変わり目や乾燥した環境にさらされると、肌が乾燥してかゆみを伴うという症状を訴えています。日常生活では、敏感肌用のスキンケア製品を使用しているものの、特に冬季になると症状が悪化する傾向があります。

 

皮膚科専門医は、Aの肌を詳しく観察し、乾燥によるバリア機能の低下と刺激に対する過敏反応が原因であると判断します。改善としては、以下のような対応を行うことが考えられます。

 

保湿ケアの強化: 乾燥を防ぐため、保湿成分の多い敏感肌用の保湿クリームを、特に寒冷な時期にはこまめに塗布するように指導します。

 

適切な洗浄方法: 敏感肌用の洗顔料を優しく使用し、洗顔後はすぐに保湿を行うことを促します。また、肌の乾燥を防ぐために長湯や熱いお風呂を避けるように指導します。

 

ストレス管理: ストレスは敏感肌の症状を悪化させることがありますので、ストレス発散法を提案し、リラックスする時間を持つようアドバイスします。

 

例2:赤みと炎症を伴う敏感肌

Bは、顔や首に赤みと炎症が出ることがあり、特に紫外線や化粧品使用後に症状が悪化することを訴えています。また、一部の食品やアレルギー物質に対しても過敏な反応を示すことがあります。

 

皮膚科専門医は、Bの肌にアレルギー反応が見られることを確認し、敏感肌とアレルギーが重なっている可能性を考慮します。改善としては、以下のような対応を行うことが考えられます。

 

アレルギーの調べ: Bの症状が特定の食品や化粧品によるアレルギー反応と関連している可能性があるため、アレルギーを調べてアレルギー物質を特定します。

 

刺激物の避け方: 特定の刺激物やアレルギー物質を避けるように指導します。化粧品は敏感肌用の無添加のものを選び、食品アレルギーがある場合はその食品を避けるようアドバイスします。

 

抗炎症薬の使用: 炎症を鎮めるために、局所的なステロイド軟膏や非ステロイド性抗炎症薬を処方することがあります。ただし、長期間の使用は避け、皮膚科医の指導に従うことが重要です。

 

日焼け止めの利用: 紫外線は敏感肌の症状を悪化させる原因の1つですので、日焼け止めをこまめに塗布するように指導します。

 

例3:敏感肌によるアトピー性皮膚炎

Cは、幼少期から敏感肌であり、特に乾燥や季節の変わり目にアトピー性皮膚炎を伴う症状が出ることがあります。また、アレルギー反応によるかゆみや赤みも頻繁に起こります。これらの症状がCの日常生活に影響を及ぼしており、皮膚科専門医の診察を受けることになりました。

 

皮膚科専門医は、Cの症状と病歴を詳しく調査し、敏感肌によるアトピー性皮膚炎の可能性を考慮します。改善としては、以下のような対応を行うことが考えられます。

 

湿潤保湿: アトピー性皮膚炎の特徴は肌の乾燥が強いため、湿潤保湿が効果的です。入浴後ぬるま湯で洗い流し、濡れたまま保湿剤を塗ることで水分を閉じ込めます。

 

トピカルステロイドの使用: 重度の炎症やかゆみを伴う場合には、局所的にトピカルステロイド軟膏を使用することで症状を和らげることがあります。ただし、長期間の使用は避け、皮膚科医の指導に従うことが大切です。

 

タクロリムス軟膏やピメクロリムス軟膏の使用: トピカルステロイドに抵抗性のある場合や、特に顔や皮膚の敏感な部分には、タクロリムス軟膏やピメクロリムス軟膏などの非ステロイド性抗炎症薬が用いられることがあります。

 

適切なスキンケア: 敏感肌用の製品やアレルギー反応が起こりにくい製品を選ぶことが重要です。保湿クリームや洗顔料は低刺激のものを選び、刺激物質を含まない製品を使うよう指導します。

 

食物アレルギーの確認: アトピー性皮膚炎には食物アレルギーが関連していることがあります。特定の食品に対するアレルギーがある場合は、それらの食品を避けることで症状が改善する可能性があります。

 

ストレス管理: ストレスはアトピー性皮膚炎の悪化に関連していることがあります。リラックス法やストレス発散法を学び、ストレスを軽減することが重要です。

 

皮膚科に行く: アトピー性皮膚炎は症状が周期的に変化することがあります。定期的に皮膚科専門医に行き改善の効果を確認しながら、必要に応じて改善方法を見直すことが重要です。

 

Cの場合、皮膚科専門医の指導のもと、湿潤保湿やトピカルステロイド、非ステロイド性抗炎症薬を使用することで、症状が改善しました。また、特定の食品を避けることやストレスを軽減することも効果的であり、日常生活の中で自分の敏感肌に合った対応をすることが大切だとCは感じています。

 

以上のように、敏感肌の改善は個々の症状に合わせてカスタマイズされることが多く、改善の結果も個人差があります。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393