神経因性疼痛の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  2月 1日

更新日:2021年  5月 15日

本日は神経因性疼痛について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 神経因性疼痛とは
  • 神経因性疼痛の原因
  • 神経因性疼痛の症状
  • 神経因性疼痛の改善方法
  • 神経因性疼痛のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

神経因性疼痛は、神経障害、機能不全、一時的な神経の混乱で発症する疼痛

神経因性疼痛は、世界疼痛学会の定義によると「神経の障害、機能不全、一時的な神経の混乱により発症する疼痛」とされています。糖尿病、帯状疱疹、がんの科学的な改善など様々なものが代表的な原因にあります。

 

症状は、痛み、知覚の異常、痛覚の過敏などで、神経因性疼痛がきっかけとなり、不安や抑うつに繋がることもあります。さらに、不安や抑うつによって痛みがより強くなる場合もあります。

神経因性疼痛は痛みを伝える末梢神経の損傷や機能の異常から起こる耐えがたい慢性疼痛です。世界中で、全世界では2200 万人以上の人が苦しんでいる病気であると言われています。

 

神経因性疼痛が起こるメカニズムはいまだに不明です。そのため、有効な改善方法はありません。

原因は神経の圧迫損傷、脳と脊髄の痛みの処理の過程で起こる異常や妨害

神経因性疼痛は神経の圧迫や損傷、脳と脊髄が痛みの信号を処理する過程で起こる異常や妨害などが原因で起こります。

 

腫瘍や椎間板破裂、手首の神経の圧迫や、糖尿病などの全身に影響が出る病気、帯状疱疹などの体の一部に影響が出る病気で起こることがあるのです。

神経因性疼痛は、以前は明らかとなっている原因が分からず、痛みの原因が心の病気にあると言われていました。

 

しかし、最近では脳科学の急激な進歩によって色々な脳の機能が明らかになってきています。その結果、脳の機能の異常によって痛みの感受性を変化させ、敏感にするという可能性があると考えられています。

神経因性疼痛では、痛み、知覚異常、痛覚過敏が起こる

神経因性疼痛で感じる痛みには、灼熱痛や電撃痛、さされるような痛みや締め付けられるような痛み、しびれる痛みなどがあります。深くうずくような痛みを感じることもあります。

 

神経因性疼痛では、痛みの他に知覚異常や痛覚過敏も起こります。知覚異常は、 弱い刺激を強い痛みに感じてしまうアロディニアの症状が起き、痛覚過敏は、痛みや刺激に対して刺激の強さによっては普通感じると思われるよりも強い痛みに感じてしまうような症状が起きます。

 

触覚や低温に対して過敏になるため、場合によっては、軽く触られただけでも痛みを感じることもあります。

動くと痛むような症状がある時、痛みがある部分の体の部位は動かしたくなくなることが一般的です。その結果、痛みがある部位を制御している筋肉は使われず衰えてしまいます。筋肉が衰えてしまうと運動にも制限が出てしまうことになります。

 

神経因性神経系によって神経が痛みに敏感な構造に変わってしまいます。すると、痛みの原因はなくなっても、その後も長い間に渡って痛みが続きます。

現在、神経因性疼痛の改善法は確立されていない

現在、神経因性疼痛の改善法は確立されていません。そのため、改善に難しいことがある場合も多いです。神経障害性疼痛を改善するには、まず原因となっている疾患に対しての改善をする必要があります。

 

例えば、糖尿病が原因で神経因性疼痛が起きている場合、血糖値のコントロールを改善することによって痛みの原因となっている神経の損傷が進むスピードが遅くなることがあるのです。

 

原因となっている疾患に対しての改善をしていくため、改善方法としては色々あります。

神経因性疼痛の改善には、痛み止めや抗うつ薬、抗てんかん薬などの薬や理学的な方法が使われます。必要な場合は手術をすることもあります。

 

神経因性疼痛の改善で主に使われる薬は、抗うつ薬や抗てんかん薬などの鎮痛補助薬やオピオイド鎮痛薬、カプサイシンクリームなどの外用薬、リドカインを含むパッチ剤などです。

 

しかし、薬を使っても、部分的な痛みしか和らぐことがないことが多いです。そのため、神経障害性疼痛の改善に薬が効果を発揮するのは一般的に半数未満だと言われています。

改善方法によって期待できること

理学的な方法や作業的な方法で神経因性疼痛の改善をする場合、痛みのある部位を動かし続けることで、筋肉の萎縮を防具ことができること、関節の可動域を広げたり維持したりすること、より円滑に日常生活を送れるようにすること、痛みのある部位の感受性を下げることなどが期待できます。

 

神経に圧迫がある場合の損傷による痛みに対しては手術が有効なこともあり、一部の慢性の神経障害性疼痛には電極を脊髄の上などに置いて電流を流す電気刺激も有効なことがあります。

 

痛みの信号を伝えたり増やしたりする神経の経路を断つために神経ブロックも改善に使用されることがあります。神経ブロックは、様々な方法があり、薬で和らげることができないくらいに程度が重い持続性の痛みに対して使われます。

神経因性疼痛の痛みはハンセン病の後遺症から訴えられることも多いです。この痛みは、らい菌による神経の損傷が原因で起こる神経因性疼痛であると考えられています

 

そのため、ハンセン病の後遺症が原因で起こる神経痛を改善するためには、神経因性疼痛を改善するための知識を持って改善を行うことが必要です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393