トロサ・ハント症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 10月 3日

更新日:2022年 10月15日

本日はトロサ・ハント症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • トロサ・ハント症候群とは
  • トロサ・ハント症候群の原因
  • トロサ・ハント症候群の症状
  • トロサ・ハント症候群の改善方法
  • トロサ・ハント症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

トロサ・ハント症候群は眼窩部の激しい痛みや外眼筋に麻痺が起きる

トロサ・ハント症候群は、眼窩部の激しい痛みや外眼筋に麻痺が起きる病気です。

 

片側の眼の周りの痛みと眼を動きが悪くなる病気であるため、虚血性眼球運動神経麻痺による頭痛と同じ症状が現れます。

 

しかし、トロサ・ハント症候群で起きる疼痛や脳神経麻痺は、海綿静脈洞と眼窩尖端部という神経が密集している場所に起きた炎症性の肉芽腫性病変が原因です。

 

トロサ・ハント症候群という病名は、医師のエドゥアルド・トロサとウィリアム・エドワード・ハントの名前が由来になっています。

トロサ・ハント症候群の原因は、原因がわからない炎症性の肉芽腫

トロサ・ハント症候群の原因は、眼の真後ろあたりの頭蓋内の静脈の集まりである海綿静脈洞や眼窩の外側にある隙間である上眼窩裂の近くで、原因がわからない炎症性の肉芽腫ができることです。

 

多くの場合は MRIでガドリニウムという薬で造影される病変が見られますが、 約1割の人には臨床的にはトロサ・ハント症候群と考えられても、MRIで病変が見られないことがあります。

トロサ・ハント症候群の症状は、外眼筋麻痺や強い痛み

トロサ・ハント症候群の症状は、病巣側に外眼筋麻痺がみられることと、眼窩部に強い痛みが現れることです。外眼筋麻痺は、通常、片眼に現れます。他にも、眼瞼下垂や前頭部の感覚低下も現れます。

 

外眼筋麻痺は、動眼神経と滑車神経と外転神経に障害が起きることが原因で起こります。

改善方法は、コルチコステロイドを使うこと

トロサ・ハント症候群の改善方法は、コルチコステロイドを使うことです。

 

ステロイドを使っても、症状が続いたり他の神経徴候が現れたりした場合は、海綿静脈洞に別の病気が起きている可能性もあります。

 

海綿静脈洞に起きる病気には、腫瘍や血管病変、感染症などがあります。そのような病気ではないかどうかを判断することがきちんと大事です。

病院に行って判断してもらうことが大事

片側の眼に強い痛みがあり、物が二重に見えたりまぶたが落ちてきたりした場合は、病院に行くことが大事です。

 

片側に強い眼の痛身があるだけで他の症状が特にない場合は、片頭痛や群発頭痛の可能性が高いですが、眼の痛みが続く場合、緑内障など病気が隠れていることもあります。そのため、病院に行って判断してもらうことが大事なのです。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393