封入体筋炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月20日

更新日:2021年 10月27日

本日は封入体筋炎について解説させていただきます。

本記事の内容

  • 封入体筋炎とは
  • 封入体筋炎の原因
  • 封入体筋炎の症状
  • 封入体筋炎の改善方法
  • 封入体筋炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

封入体筋炎は、主に50歳以上で発症する慢性の筋肉の疾患

封入体筋炎は、主に50歳以上で発症する慢性の筋肉の疾患で、大腿部や手指の筋肉が萎縮して筋力が下がります。そのため、階段が登りにくくなったり指先で物がつまみにくくなったりします。

 

封入体筋炎という名前は、骨格筋にある縁取り空胞と呼ばれる特徴的な封入体からつけられた名前です。

 

主に50歳以上で発症するため、年齢的には50歳以上の中高年の人が多いです。女性も男性も発症することがありますが、男性の方が女性と比べて若干発症することが多いです。

封入体筋炎の原因は明らかになっていない

封入体筋炎の原因は明らかになっていません。

 

家族の中で封入体筋炎を発症している人がいることもありますが、非常に珍しいケースで、今のところ遺伝性はないとされています。

封入体筋炎の症状は大腿部や手指の筋肉が萎縮し筋力が下がること

封入体筋炎の症状は、大腿部や手指の筋肉が萎縮し筋力が下がることです。そのため、階段が登りにくくなったり、指先で物を取ることが難しくなったりします。

 

症状の進むスピードや程度は人によって違いますが、封入体筋炎は進行性の病気です。多くの場合は症状がだんだん進んでいき、5~10年で車椅子での生活になります。

 

筋力が下がることによって、嚥下障害や誤嚥性肺炎が起こる可能性もあります。さらに、転んだりして怪我や骨折をすることもあるため、注意することが大事です。

封入体筋炎の改善方法は、今のところない

封入体筋炎の改善方法は、今のところありません。ステロイドを使って改善を行なっても反応しないことが多いです。

 

そのため、リハビリテーションや装具の活用によって症状の悪化のスピードを遅くしたり生活を送りやすくしたりします。

 

嚥下の問題がある場合は、食事の内容を工夫したり胃瘻を造設したりして対処を行います。

封入体筋炎は進行する病気

封入体筋炎は原因や改善方法などまだまだわかっていないことが多い病気です。

 

しかし、発症した場合は症状が進む病気のため、多くは5~10年で車椅子での生活になります。さらに症状が進むとともに嚥下障害や誤嚥性肺炎などの危険性も上がります。

 

転んだり骨折したりする危険性もあるため、生活を送る上で注意をすることが必要です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393