月経前症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  8月23日

更新日:2021年  9月 9日

本日は月経前症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 月経前症候群とは
  • 月経前症候群の原因
  • 月経前症候群の症状
  • 月経前症候群の改善方法
  • 月経前症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

月経前症候群は月経が起こる前に現れる精神的な症状や身体的な症状

月経前症候群は、月経が起こる前に現れる精神的な症状や身体的な症状のことです。主にイライラしたり情緒不安定になったり、胸の張りやむくみ、体重の増加などの症状が現れます。

 

月経の何日前に現れるかということには個人差があります。多くの場合は、月経が起こる3~10日前に起こります。ほとんどの場合は月経が始まると症状が軽くなったり無くなったりします。

月経前症候群は女性ホルモンと関係している

月経前症候群の原因は明らかになっていません。しかし、月経前症候群が起こる時期が主に排卵後から月経前であることから女性ホルモンと関係していると考えられています。

 

他にも、ストレスや食事や生活習慣が関係しているとも考えられており、ビタミンB6が不足すると起こりやすいとも言われています。

 

月経前症候群は、体に起こるいろいろな要因が組み合わさって起こると考えられているのです。

現れる症状は精神的なものと身体的なものがある

月経前症候群で現れる症状は精神的なものと身体的なものがあり非常に様々です。月経前症候群には現れる症状にも現れる期間にも大きな個人差があるのです。

 

精神的な症状では、イライラや情緒不安定、うつ状態、自己評価や集中力の低下、眠気や睡眠障害、食欲不振や過食などが現れます。

 

身体的症状では、おなかや乳房の張りや痛み、頭痛や腰痛、肩こりやむくみ、体重の増加、めまいや肌トラブルなどの症状が現れます。

 

イライラすることによって人にあたってしまったり、自己評価が下がり落ち込んでしまったりする人も多いです。

 

症状の程度にも大きな個人差があります。しかし、症状の程度がひどい場合も月経が始まるとほとんどの症状が軽くなったり無くなったりします。

改善には、薬で症状を和らげたり漢方薬でバランスを整えたりする

月経前症候群ははっきりとした原因が明らかになっていません。そのため、確立された改善方法はありません。

 

一般的には症状を和らげるために症状に合わせた薬を使って改善を行います。頭痛や腹痛がある場合は鎮痛剤、むくみがある場合は利尿剤、精神的な症状がある場合は精神安定剤や抗うつ剤などを使って改善を行うのです。

 

女性ホルモンと関係していると考えられているため、低用量ピルや低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬を使うこともあります。

 

症状や体質に合わせて漢方薬を使って改善を行うこともあります。漢方薬は月経前症候群で現れる幾つもの症状を同時に改善し、体全体のバランスを整えます。

月経前症候群と上手に付き合うためには

日本では月経のある女性の約70~80%が月経前症候群の症状があると言われています。ほとんどの人が悩まされているのです。

 

毎月、調子が悪い時期だと思い、気分転換をしたりリラックスする時間にしたりと前向きに取り組み上手に付き合っていくことがお勧めです。

 

月経前症候群と上手に付き合うためには、自分の症状が起こる時期や種類、程度などを自分自身で把握しておくことが大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393