腓骨筋炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  8月23日

更新日:2022年  9月10日

本日は腓骨筋炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 腓骨筋炎とは
  • 腓骨筋炎の原因
  • 腓骨筋炎の症状
  • 腓骨筋炎の改善方法
  • 腓骨筋炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

腓骨筋炎は、腓骨筋に炎症が起きること

腓骨筋炎は、腓骨筋に炎症が起きることです。腓骨筋は、脛の上部から外くるぶしの後方を通って土踏まずまで伸びる長い筋肉のことです。

 

腓骨筋炎では、特に足首の周りで痛みが現れることが多いです。

 

腓骨筋は、足の小指側を持ち上げて足の裏を外側へ向けるような動きをする働きをしています。また、足部のアーチを保つためにも働いています。

 

日常生活では、歩いたり走ったりする時に重要な筋肉です。特に足場が良くない場所や不安定になっている場所では腓骨筋の働きは非常に大事になります。

腓骨筋炎の原因として多いものは、足首の捻挫

腓骨筋炎の原因として多いものは、足首の捻挫です。捻挫をしてそのまま放っておいたり何度も繰り返し捻挫をしたりすると、腓骨筋が炎症を起こし、腓骨筋炎を発症するのです。

 

スポーツでは、ジャンプや切り返し、踏み込み動作を行うことの多いスポーツでの発症がよく見られます。サッカーやバスケットボール、ランニングなどは発症することが多いのです。

腓骨筋炎の症状は、足の甲やくるぶしの周りに現れる痛み

腓骨筋炎の症状は、足の甲やくるぶしの周りに現れる痛みです。くるぶしの外側に刺すような痛みがあったり腫れが見られたりすることもあります。

 

症状の特徴としては、体の重心を足の外側にかけた時に痛みが現れることや日常生活で歩いている時にも痛みを感じることなどがあります。

 

痛みは、足の屈伸などの腓骨が引き伸ばされる動きや一歩目を踏み出す時、特に現れやすいです。ランニングをしてから1週間経っても足の痛みがなかなか改善しない場合は腓骨筋炎の可能性があります。

インソールやヒールパットなどを使って調整を行う

腓骨筋炎を改善する方法は、インソールやヒールパットなどを使って調整を行うことです。痛みの原因を探しながら、調整を行って痛みを和らげるのです。

 

強い痛みがある場合は、包帯やテーピングなどを使って固定することもあります。

 

腓骨筋が硬くなっている場合は、マッサージを行うことも良いでしょう。ただし、強く押しすぎないようにすることが重要です。

腓骨筋のストレッチ

腓骨筋のストレッチ方法には、椅子に座って足を引き寄せ反対の膝ももに乗せ、両手で足の甲と足裏をつかんで足首を回す方法があります。

 

足の甲から脛の横部分が伸びている感覚を感じてストレッチを行いましょう。左右の足を20秒ずつ行うことがおすすめです。

 

立った状態で足をクロスして足の甲を床に当て、クロスした足の甲へゆっくりと体重を乗せていくことで、腓骨筋を伸ばす方法もあります。急に体重を乗せ過ぎないように気をつけて左右の足を20秒ずつ行いましょう。

腓骨筋炎に効果的なツボ

承筋

承山

・陰陵泉

・足三里

承筋

承筋は、ふくらはぎの重さやだるさ、脚の疲れやふくらはぎの痛みなどに効果的なツボです。そのため、腓骨筋炎に対しても効果が期待できます。

 

慢性腰痛があり、腰から膝の裏にかけての痛みやだるさがある時やこむら返りが起きた時にもおすすめです。

承山

承山の承は支えるという意味、承山の山は突起や隆起という意味です。ツボのある場所が、ふくらはぎの筋肉が突起している部分であるということから名付けられたと言われています。

 

足の疲れや腰のだるさやむくみを改善する効果のあるツボです。ブーツなど靴によって足がむくんだ時やたくさん歩いて足が疲れた時などに刺激することをおすすめします。

陰陵泉

陰陵泉は、足の疲れや痛みに対して効果を発揮します。そのため、腓骨筋炎に対しても効果が期待できるツボです。

 

ふくらはぎの血液の循環を良くする効果もあり、体の中の余分な水分を外に出し、水分代謝を助けるツボとしても知られているツボです。

ツボの位置と押し方

承筋

承筋は、ふくらはぎの中央の最も盛り上がっている場所にあるツボです。

 

押すときは、両手でふくらはぎを包み込むようにして持ち、左右の親指を重ねて約3~5秒かけて押していきます。繰り返し5~10回行うことがおすすめです。

承山

承山は、つま先立ちした時にふくらはぎの中央のアキレス腱と筋肉の境目にできるくぼんでいる場所にあります。

 

押すときは、足を曲げて左右の親指を重ねて押します。ツボに対して指が垂直になるように押しましょう。承山は強い力で押すと、痛いため強く押しすぎないように注意しましょう。

陰陵泉

陰陵泉は、足の内側の膝の大きな骨の真下のくぼんでいる場所にあります。探すときは、内くるぶしから骨を触って真上に向かって進んで行きましょう。そのとき指が止まる場所にツボがあります。

 

押すときは、親指の腹を使って押します。約3~5秒かけてゆっくりと押しましょう。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393