グルタル酸血症1型の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  1月11日

更新日:2022年  1月22日

本日はグルタル酸血症1型について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • グルタル酸血症1型とは
  • グルタル酸血症1型の原因
  • グルタル酸血症1型の症状
  • グルタル酸血症1型の改善方法
  • グルタル酸血症1型のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

グルタル酸や3-ヒドロキシグルタル酸などの異常な代謝産物が増える

グルタル酸血症1型は、グルタル酸や3-ヒドロキシグルタル酸などの異常な代謝産物が増え、中枢神経に障害が起きる病気です。

 

異常な代謝産物の増加は、リジンやヒドロキシリジン、トリプトファンなどのアミノ酸を代謝する途中の経路に障害が起きることによって起こります。

 

グルタル酸血症1型を発症している人は、生まれたときは元気でも、そのまま放っておくと、風邪や胃腸炎などの感染や予防接種などをきっかけに突然意識障害が起こったり発達が遅れたりします。

 

日本でのグルタル酸血症1型の発症は、約28万人に1人と言われています。しかし、海外では約300人に1人以上が発症していると言われています。

グルタル酸血症1型の原因は、遺伝子の異常

グルタル酸血症1型の原因は、遺伝子の異常です。遺伝子異常は遺伝によって起こる場合と、突然変異によって起こる場合があります。遺伝の形式は、常染色体劣性遺伝です。

 

遺伝子の異常によってリジンなどの代謝経路で働くグルタリルCoA脱水素酵素が働かなくなることによって異常な物質が増え、グルタル酸血症1型を発症するのです。

 

しかし、グルタリルCoA脱水素酵素が働かなくなることによって異常な物質が増えることがどのようにして神経を障害しているのかということについては明らかになっていません。

症状は、意識障害や嘔吐、痙攣や手足のつっぱり、発達障害など

グルタル酸血症1型の症状は、意識障害や嘔吐、痙攣や手足のつっぱり、発達障害などです。

 

生まれてから3か月以降に発熱をした時をきっかけに症状が現れます。急激に筋緊張が弱くなって、首がすわっていたにもかかわらず支えが必要になったり、歩区ことができていたにもかかわらず歩けなくなったりすることもあります。

 

予防接種が症状が現れるきっかけになることもあります。症状は、少しずつ改善しますが、同じような発作を何度も繰り返して悪くなっていきます。

 

生まれてすぐの時から頭囲が大きいこともあります。

改善で大切なことは、異常代謝産物がたまらないようにすること

グルタル酸血症1型の改善で大切なことは、異常代謝産物がたまらないようにすることです。

 

そのために、リジンやトリプトファンを取り除いたミルクを母乳や普通のミルクと一緒に飲みタンパクの制限を行ったり、体にたまった異常代謝産物を減らすためにカルニチンなどの薬を使ったりします。

 

しかし、グルタル酸血症1型は、一度発症すると、根本から改善するための効果的な改善方法はありません。

注意すること

グルタル酸血症1型を発症すると、タンパク除去ミルクだけでは必須アミノ酸が足りません。そのため、必ず母乳や普通ミルクと一緒にタンパク除去ミルクを使うことが大事です。

 

薬を飲んでいる場合は、医師と相談のもと毎日続けることが大事です。自己判断で勝手にやめたり減らしたりしてはいけません。

 

発熱や嘔吐などの症状が現れている時は、早めに病院にいくことも大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393